2016年04月17日

被災地支援デジタル地図帳マニュアル(1)地理院地図の切り出し

 このたびの大地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 離れたところから、出来る事は限られてはいますが、最近行っている研究が少しでもお役に立てればと思い、マニュアルを作成しました。国土地理院の地形図を切り出して、大判の地図にしたり、タブレットやスマホで持ち歩く方法です。町内会単位の被害状況把握等にお使いいただければと思います。
 背景地図は、「地理院地図」の他に、「Open Street Map」や、空中写真(被災前)でも行う事ができます。
使用するソフト/アプリ

 地図太郎Plus(東京カートグラフィック社)
 PDF Maps(iOS用、Android用あり)
   Drop Box
   (Android)

 「地理院地図」と「標高区分図」を組み合わせることで、このような地図帳ライクな地図を描いて持ち運ぶことも出来ます。
kumamoto.jpg
aso001.png

posted by いとちり at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

日本地理学会で発表します(第3報)

 さて、いよいよ明日、明後日となりました。
 日本地理学会春季学術大会(於:早稲田大学)です。

 かねてよりご案内の通り、今年はポスター発表で「いとちり式かんたんデジタル地図帳」の最新版を提案させていただきます。「いとちり式」ですから、″ほぼ無料”なことはもちろんのこと、難しいプログラミングの知識等は必要なく(自分もできませんから)、”オフライン稼働”で、なおかつ”非公開”(不特定多数に公開しないので、新聞記事など、公開NGな資料を扱える)のがミソです。

 今年は、高校生も含めてポスター発表の数が過去最多とのこと。3月21日(月)の午前と昼のコアタイム、3月22日の午後(1時〜2時半ごろ)には会場で実物を持って営業”していると思いますので、お声かけいただければと思います。21日の午後は、AR(拡張現実)を使った新しい地理教材のシンポジウムを聴きに行こうと思っています。21日の夕方、「地理・日本代表」の表彰式と自身の受賞式、懇親会にも出させてもらいます。見かけたらぜひ声をかけてください。
 ポスター会場の地図を貼っておきます。
place.jpg

あと、当日ポスターの横に置いておく配布資料も作りました。予稿集の原稿と、新聞記事です。


 お隣さんが、「地理×女子」プロジェクトで今、勢いのあるお茶の水女子大のチームです。恐らく、そこだけ華やいだ雰囲気が漂っていると思いますので、気を目印に探していただければたどり着けるのではないかと思います。1冊、買わせてもらいましたが、華やかな表紙と裏腹に、なかなか本格的な地理のガイドブックになっています。4月1日放送の「タモリ倶楽部」にも出演されるとのこと。

宣伝ついでにもう一つ、昨年の夏に勤務校に来てくれて、アプリの作り方や、現場歩きを一緒にさせてもらった筑波大附属高校の生徒さんが、「高校生ポスターセッション」で成果報告をされます。

021     文京区ハザードマップを改善せよ
        佐藤剛(筑波大学附属高校)

こちらも併せてよろしくお願いします。



posted by いとちり at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

日本地理学会(3月21,22日)第2報/学会賞(地理教育部門)受賞

  3月21、22日に行われる、日本地理学会(早稲田大学)でポスターセッションをします。
  22日が、学校の終業式なので、当初21日のみ、解説をする予定でしたが、22日に行われる研究会に出させてもらうことになり、午後から会場入りすることにしました。
 ポスターのver.2(より大きくしたもの。掲示用)ができましたので、画像を添付します。
ポスター発注版.jpg

 あと、昨日届いた情報ですが、今年度の「日本地理学会賞(地理教育部門)」を受賞しました。GISを生かした教材作りと、5年前(2010年)に出版した拙著「いとちり式 地理の授業にGIS」(古今書院)が評価されたとのことです。
165321.jpg


 5年も経ってしまって、データやソフトのバージョンなど、すっかり古くなってしまった観がありますが、同様の(ほぼ無料、50分完結、教科書準拠)のノウハウ集が出てないので、それなりに利用価値はあるのかな?と思っています。

 当時は、「とにかく限られた時間でパソコン室を使い倒す」というイメージでしたが、タブレットやらオンライン地図サービスやらが充実し、講義式の授業からアクティブラーニングが注目されるようになり、また、動画を使って50分どころか10分かそこらで要点解説をする教材が溢れています。また自分自身、勤務校の特質もあり、「地理の授業」以外の授業の方が圧倒的に多くなる一方、「授業の外でGIS」を扱う機会が増えています。

 5年前、前任校で奮闘しながら書いたこの本が改めて評価をいただける事はありがたいことです。・・・ちょうど東日本大震災が起きた年、とにかく「何かしなくては!」と、GISソフト「地図太郎」の無償公開に合わせて即席のマニュアルを書きまくったり、公開されるデータを使いやすく加工したり、福島県飯舘村出身の若い同僚と組んで文化祭で「でか地図」を作って展示したりしていたことを思い出しました。

 昨年、宮城県立多賀城高校にお邪魔して、授業をさせていただきました。
いとちり:2015年6月8日 2015年8月2日初めての「防災科学科」の入試が終わり、面白そうな第一期生が入ってきてくれそうだとのことです。この受賞、発表するツールを足掛かりに、また新たな教材と実践を積み重ねていけたらと考えています。

 2016年秋の日本地理学会は東北大学で行われます。今日は慰霊の日ではありますが、気持ちを新たに、被災地のお役にたてることを続けていければと思っています。
posted by いとちり at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

今週の書棚(2月28日〜3月6日)

  今週は、9冊読みました。下段、「人事異動」より前が今週読んだ書籍です。

thisweek.jpg

今週のベスト3冊

1位 「超高速・参勤交代」5  文字通り、駆け抜ける面白さ。こういう時代小説はなかったです。
2位 クラスはよみがえる 4.0 「問題児」の類型(病状)が鋭い。対処法には賛否あるかも。
3位 働く女子の運命   4.0 
女性を生きづらくするのは、仕事ではなく「身分」に対して俸給を払ってきた日本的な雇用システム。その歴史は意外に浅いが、根深い。

posted by いとちり at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

NIE報告会(静岡新聞2016.3.5)/地理学会ポスター

 2月19日に静岡新聞社で行われた、NIE(教育に新聞を)の実践報告会の模様が、本日3月5日付の静岡新聞で特集されています。 
 私自身の報告内容と発表資料は、いとちり(2月20日付)にあります。

f0059.jpg

 今回は、NIEがらみの報告でしたが、技術面を含めた報告は、来る3月21、22日に行われる日本地理学会(早稲田大学)のポスターセッションで行います。ポスターの原案が出来ましたので、併せてそちらもアップします。ご来場の予定がありましたら、ポスター発表会場をのぞいてみてください。学校行事の関係で、本人がいるのは3月21日のみですが、iPadの現物を持ってご案内していると思います。
 予稿は、いとちり(1月21日付)にあります。
postertest.png

posted by いとちり at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする