2019年11月17日

新刊発売記念 中身紹介4 チャイナパワーin アフリカ

 中国のアフリカにおける影響力を地図で表わした項です。
 詳しい背景は本編に譲るとして、地図をダイジェストでご覧いただきます。
china001.jpg
図1 中国からアフリカ諸国への銀行融資残高と融資目的

 ひときわ融資残高の円が大きいのが「アンゴラ」です。
 2000年から2015年までの融資総額は192億2426ドル(日本円で約2兆円)で、中国からアフリカ向け融資の約20%を占めます。2004年頃から中国が国策的に融資を伸ばして石油資源開発を進め、2007年にOPEC加盟を果たしています。現在、アンゴラの輸出先の43.2%が中国向けです。

 国際的な債務残高に苦しんでいる国に「有利な利率での借り換え」を持ちかける形で、中国はアフリカ諸国に接近し、その上で資源開発などの大型プロジェクトを仕掛けてきました。担保は豊富な「地下資源」です。
 図2は、中国企業の地下資源開発の国別投資額(2006年〜2015年の合計値)です。赤丸が石油、緑の四角が石炭、橙三角が銅です。石油はアンゴラ、ナイジェリアなど既存の産油国の他に、チャド、カメルーン、ウガンダなどの内陸部の油田への投資が、石炭はエジプト、モロッコ、マラウイ。ケニアなどに、銅はザンビアやコンゴ民主共和国などに投資されています。
china002.jpg
図2 地下資源への国別投資額(2006〜2015年の合計)

 よく、中国資本の鉱産資源の開発では、探査や採掘にあたる人員を中国側が用意して、地元の人達を雇うことをしないと言われます。多くの人手を要する産業ですからさすがにすべての作業を中国人が行うことは考えられませんが、重点的に投資が行われる国では、一時的に中国の技術者が集まり、また引き上げていく様子が統計地図から見ることが出来ます。
 図3・4は、アフリカ諸国における滞在中国人の人口を2009年と2015年で比較したものです。
china005.jpg
図3 アフリカ諸国における滞在中国人人口(2009年)
china006.jpg
図4 アフリカ諸国における滞在中国人人口(2015年)

 アンゴラは、最盛期は約20万人の中国人が滞在していましたが、2015年には4万4106人にまで減っています。最も中国人が多いのはアルジェリア(9万1000人)で、アンゴラは2位になりました。政情不安の影響からか、2009年に赤(2万4155人)いたリビアは、2015年には135人にまで減りましたが、この間の増減を比較する限りは、急激に中国人が減った国は見られません(むしろ増加している国が多いです)。

 アフリカ諸国は、中国製品の市場としても有望です。特に、鉱山開発用の大型機械や、灌漑や土木工事を行うための重機など、中国製の機械類の輸出が伸びています。基本的に代金は信用払い(支払の期限を長くとる、あるいは無期限の゛出世払い”)で、貿易というよりも援助のような形で関係強化を意図しているようです。中国製の機械を一度導入してもらえば、修理や部品交換など、メンテナンスの部分でも関わりが持てますし、採掘された資源を優先的に輸出してもらうことも期待できます。

 図5・6は中国からアフリカ諸国むけの輸出額を示した図です。
china003.jpg
図5 中国からアフリカ諸国への輸出金額(2000年)
china004.jpg
図6 中国からアフリカ諸国への輸出金額(2015年)

 アフリカ諸国への進出に「国策」的に関わる中国の現状は、非常に「地図映え」します。賛否両論はあるとは思いますが、「なぜ中国はアフリカと深い関係を築こうとしているのか?」「中国の人・カネ・モノを大量に送り込む中国に依存するアフリカ諸国のリスクは何か?」(特に植民地時代と比較して)、「長年援助などを通じてアフリカと関わってきた他の国々はどう対抗して行けばいいのか?」(電源開発や、農業技術で関わりを持つ日本の事例を本書では取り上げています)等、授業での「問い」に出来るのではないかと思います。詳しくは、本篇をご覧ください。

地図化すると世界の動きが見えてくる
もくじと本編のサンプルがPDFで読めます。
kinokuni.jpg

Amazonの販売サイトへ
kinokuni.jpg









posted by いとちり at 08:37| Comment(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

発売記念 中身案内B 電気はない。でも携帯はあるアフリカの国々

 第3章 「アフリカを地図化する」では、電気や道路などの社会インフラに関して扱う項があります。
 まずご覧いただくのがアフリカ諸国の電化率(電気を使える人が総人口に占める割合)です。
 80%を超えているのは、産油国でもある北アフリカ諸国と南アフリカ共和国のみ。アフリカ中央部では10%にも満たない国が多いです。
denka.jpg
しかし一方で、携帯電話の普及率は目覚ましいものがあります。
2000年と2015年を比較してみます。上が2000年、下が2015年。電力とは違い、真っかっか(80%以上)です。
keitai2000.jpgkeitai2015.jpg
 電気が来ていなくても、太陽光発電で充電を行い、基地局を設置するアフリカ諸国。ケニアの人口カバー率は80.7%にのぼります。実際は、1人1台の形の個人所有だけでなく、「キオスク」と呼ばれるレンタル携帯電話のスタンドがケニア国内で約7万か所、アフリカ全体で28万7400ヶ所(2016年)あります。アフリカの携帯電話の料金は、基本プリペイド方式で、借りた携帯電話にSIMカードを差して使います。
 携帯電話が急速に普及した背景には、「M-pesa」と呼ばれる携帯電話同士の現金決済サービスがあります。
 現在、アフリカを中心に10か国で使えるサービスで、アフリカの他にインドや東欧でも使えます。
 以下、M-pesa導入国と導入年のマップです。彼らは携帯電話をお財布代わり、時には決済や送金に用いる銀行口座代わりに利用しています。
m-pesa.jpg
「携帯電話を使うマサイ族」の動画が、NHKの高校講座「地理」でありました。ここでは、通話の様子だけで、現金決済に関しての説明はされていません(Chapter2:「変わる暮らし・ケニアのマサイ族」参照)。

「携帯電話による送金と受け取り」が、どんな場面で重宝されているのかについては、ケニアを拠点にサービスを展開する”Safari com"(英:Vodafoneの子会社)のこのCMが端的に表しています。ATMはおろか、銀行自体にアクセスすることが難しい人達が、安全にお金を蓄え、送金することがいかに大変かを考えると、M-Pesa(ショートメールを使った送金サービス)が爆発的に普及した理由が分かります。


 ケニアにおける携帯電話の人口普及率はたかいですが、基地局の分布とカバーエリアはまだ限定的です。また、本格的なスマホ化が進む中、回線も3Gが多く、容量オーバーの心配もあります。Safari com社の資料から、ケニアにおける携帯カバーエリアを描いた地図がこちらです。
kenya-celler001.jpg
「電気は来ないが携帯電話は利用するのはなぜか?」
「なぜ、ケニアの携帯電話会社は電気も来ないような村落部でビジネスを展開できるのか?」

最近話題の「探究的な学び」のネタとしていかがかと思います。




あわせてどうぞ
posted by いとちり at 22:03| Comment(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

発売記念 中身案内A聖地メッカの巡礼制限

 第1章「アジアを地図化する」から、サウジアラビアの話題です。

mecca01.jpg
巡礼者の出発国別人数(2011年)  

mecca02.jpg
巡礼者の出発国別人数(2016年)
mecca03.jpg
メッカへの巡礼者出発国別人数(2011〜2016年) 
isram.jpg
イスラム教徒の国別人口と人口に占める割合

 聖地「メッカ」への外国人巡礼者数が激減しています。
 送り出し国の経済水準の上昇や、LCC(格安航空会社)の定着、原油価格高騰で産油国への出稼ぎ労働者が増え、かつてない勢いで巡礼者を増やし続けてきたメッカですが、相次ぐ事故による死者や高齢巡礼者の健康問題など、様々な問題が噴出したため、ここ数年、サウジアラビア政府は外国からの巡礼者の入国に制限をかけるようになりました。信者にとっては「一生に一度の憧れ」である聖地巡礼に対する制限で、「メッカの守護者」としてのサウジアラビア政府に対する批判の声も高まっています。

 日本でも、観光客の急増に伴う問題が発生し、「オーバーツーリズム」が問題視されています。安全な巡礼と神聖な雰囲気を守るべきなのか、それとも巡礼したい信者の願いを聞き、より一層の受け入れに努力するべきなのか、ICTを駆使した安全確保のシステムの導入など、「聖地」をめぐる最新事情についてまとめています。





posted by いとちり at 05:00| Comment(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

発売記念 中身紹介@中国農業マップ

 11月13日(水)に、拙著『地図化すると世界の動きが見えてくる』が店頭発売されます。
 既に、Web書店では販売が始まっています。



どんな本なの?という方のために、中身をちょっと出しで紹介して行きたいと思います。

まずは、第1章第1項の「減る水田、広がる畑」ー栽培面積から見る中国農業の今から。
中国の農作物の省別栽培面積の変化(1999〜2013年)を地図化しました。米・小麦・とうもろこし・野菜です。
「どれがどれだかわかる?」と、授業で問いかけてみると、中国の地理のイントロになりますね。

china-corn.jpg
(1)黄河以北で増えてます。
china-yasai.jpg
(2)南部の内陸で増えてます。
china-komugi.jpg
(3)全体的に減っています。
china-suiden.jpg
(4)全体的に減っています。長江以南の沿岸部の減りが激しいですが、東北部で伸びています。

<答え>
(1)とうもろこし (2)野菜 (3)小麦 (4)米

 とうもろこしは、家畜の餌として(所得の増大に伴い、肉食の需要が増えています)、野菜は都市向けと冷凍の輸出向けで栽培面積が伸びています。主要穀物として国からの生産割り当てがなされていた米や小麦は栽培面積を減らしつつあります。
米に関しては、激減している地域と増えている地域があるのはなぜでしょうか?本文では、東北部で水田の面積が広がりつつある背景について解説しています。

 かつて日本人が「満蒙開拓団」として稲作を定着させ、米の栽培限界線を大きく北に動かした中国東北部。中国の環境問題や食の安全に対する関心が高まる中、「東北の米」が再び注目されているようです。


posted by いとちり at 21:50| Comment(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

GISソフト「MANDARA」で見る洪水浸水域(1)地形図との重ね合わせ

 国土地理院の防災関連情報のサイトから、令和元年台風19号の浸水域のデータがShapeファイル(汎用性の高いGISデータ)として公開されています。フリーGISソフト「MANDARA10」で扱う方法を何回かに分けて説明します。Shapeファイルの読み込みや、色の設定など、色々面倒なことがありますが、今回は省略してあらかじめ設定したMANDARA用ファイルをアップしますので、直接開いて使っていただけます。
00浸水断彩図.jpg
chikuma.mdrmz 千曲川水系(長野県長野市など)

abukuma.mdrmz 阿武隈川水系(福島県郡山市など)

arakawa.mdrmz 荒川水系(入間川・越辺川・都幾川)(埼玉県川越市・富士見市など)

kujigawa.mdrmz 久慈川水系(茨城県常陸太田市など)

yoshida.mdrmz  吉田川水系(宮城県大郷町・松島市・東松島市など)

【手順】
(1)MANDARAファイルを開き、描画開始ボタンをクリックします。
01start.jpg
(2)背景のない浸水範囲図が表示されます 
3描画したところ.jpg
(3)表示⇒背景画像の設定を開きます。
4背景画像設定.jpg
(4)背景画像に地理院地図を選択すると、背景に地理院地図(現代の地形図・航空写真など)が表示できます。
6地理院地図が背景.jpg
(5)範囲を拡大する場合は、「表示」⇒「表示範囲の指定」か、マウスの拡大機能(真ん中のダイヤル式スクロール)を使ってください。
8拡大図.jpg
(6)もう一度「表示」から「背景画像設定」に戻り、背景を旧版地形図(今昔マップweb)に換えてみましょう。国土地理院地図⇒今昔マップに選択を変更し、二段目の地図選択で表示したい地図を選びます。北関東および長野市は、「今昔マップ関東」の、東北地方は「今昔マップ東北地方太平洋岸」カテゴリの各時代の地図に該当します。
10今昔マップを選択.jpgkonjaku01.jpg
(7)今回の台風の浸水範囲が旧版地形図上に表示されました。
konjaku002.jpg
(8)MANDARAはデータファイルのkmlファイル(Google Earthでの表示ファイル)での出力や、Google Mapでの表示に対応しています。ファイル⇒各機能を選びます。ここではKMLファイル出力を選択します。
kml0001.jpg

(9)設定画面です。輪郭線は「なし」にした方が見やすいと思います。「OK」をクリックするとkmlファイルを書き出します。
※何らかの形でソフトがエラーを起こす場合は、「続行」をした上で、設定を変えてみてください(凡例画像の表示をオフにするなど)
kml0002.jpg
(9)Googe Earthでの表示では、浸水域が濃い色になっていますので、透過度や色をGoogle Earth上で調整します。改めてkmlファイルで保存すれば、開いただけで見られる教材になります。
ge-01.jpg

 以上、簡単ではありますがMANDARA10を使った表示です。
 背景地図は、MANDARA10にデフォルトで設定されている「地理院地図」と「今昔マップ on web」を
使いましたが、公開されている「タイルマップ」のアドレスを入れることで、様々な地図や航空写真(発災直後の緊急撮影写真を含む)を表示させることも出来ます。これは稿を改めて説明します。

 実際に被害に遭われ、今も大変な生活を余儀なくされている方が多い中、簡単に「教材化」という言葉を使うのは大変心苦しいところですが、貴重な教訓を学び、共有して行くことで、次の災害の被害を最小限に食い止めること、子供たちの将来設計に資するための教育の一端を担う上で、公開データを分かりやすく見せる努力を続けていく事は、地理教育に関わる人間の使命の一つと考えています。
 災害情報を使った授業実践については、私も二宮書店の「地理月報」で連載していますが、以下の本が大変参考になりますので、併せて紹介させていただきます。

岩田 貢・山脇 正資編(2013) 『防災教育のすすめ―災害事例から学ぶ』,古今書院,142頁。



           




posted by いとちり at 08:07| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。