2023年09月02日

地図で知る富士市の災害(防災講話スライド)

 勤務校で9月1日の防災訓練に変わる防災講話ということで、全校生徒向けにお話しした講話のスライドをアップします。Zoomで各教室をつないで講話の後、簡単な話し合い活動をしてもらいました。

 「一人一台端末」の時代、当初は600人の生徒に「地理院地図」を動かしてもらおうと画策したのですが、さすがにそれは厳しそうなので、こちらで地図を用意しました。2年生より下の学年は「地理総合」で全員触れる機会があります。

 一口に「災害に備えよう」と言いますが、防災訓練の定番である地震や津波は滅多に来るものではありません。一方で、風水害は頻繁に起こるようになりました。「地震を取るか、風水害を取るか?」の二択ではなく、普段の風水害のリスクや大雨が降った時の情報に対する付き合い方を見直していくことで、より大きな、よりレアな災害に対しても落ち着いて対応できるのではないかと個人的には考えています。スライドにも書きましたが、以下に「正常性のバイアス」を克服するかが、防災教育の大切な使命なのではないかと思っています。

 特に我々富士山の麓はなぜか大きな台風の被害が少なく、「富士山がきっと何かガードしているんじゃないか?」と、もっともらしく言う大人もいます。ただ、改めて歴史をひもといてみますと、富士市の田子ノ浦地域は、津波・高潮の常襲地域です。田子の浦港が昭和36年に作られ、掘り込み式の港湾の建設で、河口の水深が深くなったため、高潮の被害は減っていますが、開港以降も高潮は発生していますし、地震による大津波はまだ起きていませんので、どうなるかはわかりません。また、富士川、潤井川、沼川の三大「暴れ川」がおとなしくなった後、低地が宅地開発され、道路や大型小売店舗の駐車場は舗装されル一方で、農業用の水路が住宅街を走り、下水道網が巡らされるようになった結果、日常的に内水氾濫に見舞われる地域も出てきました。もはや「浸るか、浸らないか?」ではなく、「浸水深はどこまで行くか?」が関心事になっている状況です。

  必修科目となった「地理総合」でも、防災に関する単元がありますが、ある程度具体的な地域を事例として取り上げたり、身の回りの地域でない場所でも、他山の石となる場所のケーススタディをする必要があるように思います。

 感想を読む限り、サブタイトルに掲げた「自分のアタマで考えるヒント」は提供できたのではないかと思います。
 この講話をきっかけに、探究活動で防災を取り上げてくれる生徒が増えたらよいなと思っています。
bosai20230901.jpg
posted by いとちり at 14:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【9/7発売】新刊『ランキングマップ世界地理』”まえがき”公開

 9月7日に、ちくまプリマー新書から新刊『ランキングマップ世界地理ー統計を地図にしてみよう』が刊行されます。
前作、『地図化すると世界の動きが見えてくる』(ベレ出版)を見てくださった編集担当から企画を頂き、世界ランキング(上位だけでなく下位、最新だけでなく過去との比較)の視点を入れた上で、世界の統計を地図に表しました。

 初の新書であると同時に、過去の3冊がいずれも横書きの書籍だったので、自身としては初めての縦書きの本です。また、オール白黒ページで新書サイズにどうやって地図を落とし込むか、文章よりも地図の作成に労力を割きました。MANDARAを基本にすべて私の自作の図なので、プロのデザイナーさんが作図した一般書に比べると手作り感が抜けないというか、見づらいところもあるかもしれませんが、「漁師の料理」と思って温かい目で見ていただければ幸いです。素材の味と、ボリューム(2ページに1回は地図が登場します)に関しては自信があります。

 出版元から許可を得ましたので、書籍から「まえがきに代えて」の部分を公開します。まえがきから地図が登場しますが、本書のコンセプトを伝える上で地図は欠かせないと思い、「ランキング」ということで連想することが多そうな、サッカーのワールドカップのランキングをネタにしてみました。掲載したPDFファイルは原稿からのものです。

 発売は9月7日ですが、Amazon等で予約を受け付けています。
 前作同様に、「社会人が通勤途中で気軽に読み流せる地理書」になりました。更にプリマー新書のエディションが加わることで「地理好きの生徒・学生が、誰かに語ったりツイートしたくなる本」になったと自負しています。ぜひ手に取っていただければと思います。
maegaki.jpg


posted by いとちり at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月20日

「一人一台端末」環境に対応したGIS教材の開発と実践(第1報)地理教育学会

 宮城教育大学で行われた日本地理教育学会で発表して参りました。
 対面での学会発表は、3年ぶりぐらいではないかと思います。
 オンラインでは出来ない、いい勉強ができました。

 今回は、勤務校で4月から始まった「地理総合」の授業コンセプトと、それに基づく実践の報告です。
 1学期やった分だけですので、「第1報」ですが、年度当初から、この学会で報告する事を念頭に、『ほぼ毎時間Web GISを使った実習を行う』ことを自らに課してまいりました。

 スライドにもあるように、「予算がない」「設備がない」「スキル・ノウハウがない」と、ないないづくしだった高校地理のICT教育の現場で、すごい勢いで一人一台端末が普及するようになった中、予算はともあれ、教える側がスキルがないから、GIS活用のノウハウがないからと言い訳することが出来なくなりました。かといって、「さあ、話し合いをしよう」「さあ、調べ学習をしてプレゼンをつくろう」なんてことを週2時間しかない授業の中でやっていては、絶対に教科書をやりきることはできません。また、多機能で難しいGISソフトの使い方を一から十まで解説する余裕もないわけで、結果として教科書の記述通りに
「GISというものを、年度の最初に紹介して、あとは普通に講義・・・」あるいは、教科書の内容をそっちのけに「ひたすらアクティブラーニング・・・・」のような形で、必修科目であるはずの「地理総合」が両極端なものになってしまわないかという危惧を持っています。

 次年度から誰かに引き継ぐことを意識した上で、今年はワンオペで地理総合の授業を組み立てていますが、講義と実習を半分ずつ組み合わせるような形でワークシートやデータを作っています。「25分間GIS実習」は、既存のGIS実習の概念からすると簡単すぎてGISと呼んでいいのかどうか?というレベルのものばかりですが、継続は力なり、成果は着実に個々人の端末と提出フォルダに蓄積されつつあります。

 2学期から単元を改め、新たなアプリを加えた上で「第2報」「第3報」ができるように進めてまいります。
 ラーメンの名店が監修するカップ麺の例えをお話ししましたが、本店は、新鮮な素材と職人芸で教材を作り続けます。それを手軽にお湯だけで再現できるようにしてなんぼだと思っていますので、またこのブログ上でぼちぼち載せたものをご笑覧にただければ幸いです。

【講演スライドはこちら】
slide20230820image.jpg
posted by いとちり at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月11日

地理総合とGIS(やまぐちGIS広場:第8回GISフォーラム)

山口県におじゃまして参りました。

久々の対面でのプレゼンとシンポジウムでした。

「防災教育とGIS」をメインテーマに、午前中は小中学校、午後は高等学校の実践とのことでした。
約30年ぶりに高校で地理が必修化されて1年。GISと防災が「科目の柱」として据えられた地理総合ですが、現場で見ている限り、夢と希望があるわけではない・・・と、水を差すような報告であり、多少感情がこもってしまいましたが、「現場の本音がよくわかった」とのことで、お褒めの言葉を頂きました。会場に約80名、オンラインで約30名の来訪があったそうです。

 「現場が現場が」とよく言いますが、現場が一番えらいわけではないと思っています。殊に、学習指導要領や解説の本文もろくに見ずに、「絵に描いた餅」と批判したり、「こんな内容、出来るわけがないと、カリキュラムの策定段階からねじ曲げてしまうことは、「悪しき現場主義」なのではないかと思っています。2単位ものの地理総合と3単位ものの地理探究をごちゃ混ぜにして扱ったり、「理系用」(受験に使う)と「文系用」(受験に使わない)で内容やテスト、担当者を分けてみたり、ノンプロパーの先生方がGISなどを使って(ある意味教科書にとても忠実な形で)実践しようとすることに難色を示すなど、「オールドプロパー」な対応が、現場を窮屈なものにしてませんか?というサジェスチョン。必修科目を生かすも殺すも現場次第なのではないでしょうか?

 レジュメとスライドをアップします。
20230805.jpg
posted by いとちり at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月03日

すぐに使える地理総合の教材(10)プレート境界と大山脈

世界のプレート境界や、山脈を地図帳で確認する際、紙の地図帳で各自確認してもらうだけでなく、デジタル地図帳の画像を情報端末上で確認すると、よりわかりやすくなります。ロイロノートなら、地図帳の画面に直接線を書き込むことができます。
こんな感じです。
kairei01.jpg
sanmyaku.jpg
posted by いとちり at 19:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする