2011年12月14日

'12ドイツ大会予選締切迫る

 かくいう私も忘れてました。

 エントリー締め切りは、12月16日(金)(郵送の場合必着)です。
 Webによるオンライン申込みのみ、12月20日(火)24:00に延長されました。
 1次試験(スライド投影による四択問題)は1月21日(土)、2次試験(記述)は3月11日(日)に、全国各会場で行われます。

 オンライン申込みフォームにリンクを貼ります。
 https://www.is-cont2011.com/

 近くに地方会場がなく、ある程度まとまった数の受験者がある場合、学校等を会場として「特例会場」として設置する事ができるそうです(1次試験のみ)。
詳しくは実行委員会まで。
https://www.is-cont2011.com/
posted by いとちり at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

2011年度「地理日本代表」決定

 国際地理オリンピックの公式サイトで、選考結果の発表がされています。
 http://www2.dokkyo.ac.jp/~rese0012/

  大地震直後に2次選考があったため、東京会場と仙台会場では試験が実施できませんでした。このため、例年とは違った形で選考が行われました(詳細は公式サイトに記載)。日本地理学会の春季学術大会が中止になったため、今年は「表彰式」が行えなかったのが残念です。

  北海道から初めて代表が出ました。20代の教員生活を札幌近郊で送った私としては、とても嬉しいです。夏のメキシコはとてつもなく暑いらしいので、対策を万全にして欲しいと思います。

 春から地理を学ぶみなさん、地理は「世界」にほんとにつながっています。「センター何割!」もいいですが、「地理オリンピック入賞」を、一つの目標に据えてもらえたらと思います。来年度の国際大会(世界大会の年、以後毎年世界大会が行われる予定)はドイツです。その次の年に、世界大会が日本(京都)にやってきます。

  受験の年齢制限に上限はありますが、下限はありません(代表資格が得られるのは、派遣時に現役の高校生であることが条件)。
 サッカー同様、「地理」(的なものの見方と表現)は世界の共通言語です。だって、相手の言葉が全然理解できなくても、そこに「地図」「景観」があれば、いくらでもコミュニケーションが成り立ちますから。これは、私自身、地理教師になるずっと前から痛感しています(バックパックの旅のお供に、「ジャパニーズ地図帳」がいかに役に立ったことか・・・・)。と、いうかそのころの原体験が、このマイナー(?)かつ壮大な国際イベントに私を駆り立てているのかもしれません。

 とにかく、テストを受ける人も、採点する人も、同じ土俵で、ガチンコで勝負できることの喜び(とつらさ)、国際大会に役員として出てしみじみ感じました。

 代表に選ばれたみなさん、本当におめでとうございます。まずは皆さんが思い切り活躍できるようにサポートすること、そして皆さんに続く世代が、もっともっと世界を目指せるように頑張ります。
posted by いとちり at 07:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 地理オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

本日の2次試験について

昨日22:45に
実行委員会より、本日の2次試験について発表がありました。
地震の被害が甚大な
仙台会場および余震やそれに伴う交通機関の乱れが懸念される東京会場の実施は中止、その他の会場は実施、島しょ部会場は会場担当者に一任となりました。
http://www2.dokkyo.ac.jp/~rese0012/


この件に関する問い合わせは、事務局へのメールでお願いします。
offece@ajg.or.jp
posted by いとちり at 06:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 地理オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

1次予選結果アナウンス

 国際地理オリンピック日本委員会実行委員会は、公式サイトにて、応募者数と1次予選の結果の概要を発表しました。
 http://www2.dokkyo.ac.jp/~rese0012/
 
 今年から1次/2次制がとられ、応募者数、受験者数ともに過去最高です(とはいえ、理科や数学の他のオリンピックに比べると、まだ知名度が低いようですが)。結果は2月中旬、個別に郵送されるとのことです。
 予選を通過した103名のみなさん(まだわかってないのかな?)、2次予選は論述です。立場上、あんまり書けませんが、とりあえず
「答えを出す。そして、なぜそうなるか、地図から読めることやデータを基に論理立てて説明できるようにする」トレーニングを積んでもらえればと思います(もちろん、英語で解答してもらうところもあります)。
 今年はメキシコ、来年の世界大会はドイツのケルン(既に世界の実行委員会のサイトで発表されてます)で行われます。
 
頑張って下さい!。
posted by いとちり at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

2011年メキシコ大会予選の受付開始しました

 公式サイト、久々の更新です。

 来年度から、選抜方法が大きく変わりますのでご注意を。

 昨年まで、「筆記」と「マルチメディア」を同じ日(3月下旬)でやっていたのを
 第一次選抜(マルチメディア)、第二次選抜(筆記)と2段階方式になります。
 第一次選抜の会場もぐっと増える(増やすことができる)ようになりました。
 
 エントリーも10月1日〜12月6日です。ご注意を!Webで自動受付を
 してくれます(すごいシステムだ)。今年はポスターもかなり凝って、パンフ
 まであります。

 「マルチメディア」ってどんな試験じゃい?(=映像を見ての4択です)
という方のために、サンプルを用意してますので今しばらくお待ちください。
posted by いとちり at 07:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 地理オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする