2019年03月22日

アナログGISによる必修「地理総合」向けGIS教材の作成について(日本地理学会)

 専修大学(生田キャンパス)に行ってきました。

 日本地理学会の「地図・GIS」セッション、今年は初めて座長もやらせてもらいました。
 つたない司会でしたが、普段の聴衆席とは全く違った緊張感で、とにかくメモを取って質問・コメントを考えることだけに集中した時間でした。ありがとうございました。

 今回のキーワードは「アナログGIS」です。スライド中にもあるように、2007年の日本地図学会の発表で、私が使い出した造語のようなものですが(伊藤:2007→こちら)、当時「紙地図の実習はGISに取って代わる」「アナログか?デジタルか?教師はどちらを選ぶのか?」みたいな論争にうんざりして、いささかの皮肉を込めて発表したところ、「いや、そもそもそんな概念は成り立たない!」ということで集中砲火を頂いたことを記憶しています。

 今回も、「GISというのはそもそもアナログな地理情報(紙地図や調査の結果など)をデジタルデータにした上で加工したり分析したりするものなのだから、『アナログGIS』という概念はやはり変だ」とのご指摘を受けました。確かにそうだと思います。と、言いながら確信犯的にこの用語を使って来たのですが、最近、引用を頂いたり、実践例が出てきたりするようになり、少し解釈も多様化して来たので、改めて考えてみようと今回の報告に至りました。

 「アナログGIS」に関する最近の事例報告として、田部(2017)があります。横浜市の中学校の先生と共同開発された「OHP フィルムを活用した GIS(地理情報システム)入門地図教材」に対してこの語を使っていただいています。確かに、こう呼んだ方が誤解が少ないと思いますが、あえて「アナログGIS」の語を当てていらっしゃることを見ると、伝わりやすさを優先されたのかな?と思う所もあります。また、少し古い記事ですが、拙記事(いとちり:2010年1月16日)では、古今書院の「地理学演習帳」について紹介しています。これなどは、GISを含めた地理学で使う地域の分析手法を紙と鉛筆で再現できる画期的な演習帳面であり、やはり「アナログによるGISの入門教材」と言えると思います。スライドにもあるように、高校地理でのGIS利用における「ステップ0」の教材は、もっと充実するべきだと思います。

  新必修科目「地理総合」には、プロパーはいません。地理教育のベテランも、初めて地理を教える若手も、横一線だと思っています。これまでの「高校地理とはこういうものだ」という固定観念が逆に足かせになる可能性すらあるでしょう。あと2年少々、教師個々人はもとより、業界全体としてどう準備を進めていくか、引き続き考えをまとめて発信して行けたらと思います。









posted by いとちり at 06:05| Comment(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

日本地理学会(2019.3.20専修大学)発表要旨

 今シーズン最初の対外プレゼンとなる、日本地理学会春季学術大会の日程が出ました。

 3月20日(水曜日)、専修大学(生田キャンパス)です。
 自分の発表No.は316番、第3会場で14:40〜15:00とのこと。
 <地図・GIS>のセッションです。
 その後、同じセッション内で座長もやらせてもらいます。
 プログラムの詳細は、学会のホームページをご覧ください。

 今回の報告は、昨年11月に公開授業で行った「アナログGIS」の実践です。
 新しい学習指導要領(2022年入学生〜)で必修となる「地理総合」では、授業開きの一丁目1番地から「地理情報システム」をやるべしと書いてあるのですが(・・・「余裕があったらやる」ではなく、「まず、そこからやりなさい」ということになっています)、ステーキ屋さんじゃないですけど「いきなり・・・!」というのにはどうにもこうにも無理がある。「Web GISがあるじゃないか」といっても、それ以前の段階で、ストレスフルに出来る教材はないものか?というのが教材作りの出発点です。

 「アナログGIS」という言葉は、随分前から使っている概念ですが、誤解の無いように申し上げておくと、単なる手描きの地図の重ね合わせ(トレーシングペーパーによる地形図の要素書き出しなど)は、私の中では「アナログGIS」ではありません。作業自体はアナログ・手作業でも、教材自体はGISのデータとGISのソフトで作り、いつでもデジタルの教材にスムーズに移行出来てこそ「アナログGIS」だと思っています。「作り手」と「使い手」の分業など、結構考えて行かなければならない点は多々あります。実践自体はシンプルなので、論点を整理して、ご意見を募れればと考えています。

 取り急ぎ、発表要旨のファイルをアップします。
 ご来場、お待ちしております。
gakkai2019a-001.jpg
PDFファイルはこちら

【リンク】
 アナログGISで考える世界の人口(いとちり:2018年11月18日)
 研究授業直後にアップした教材データなどです。
 よろしければこちらもご利用ください。
002.jpg001.jpg
posted by いとちり at 18:25| Comment(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

デジタル地図帳を活用したアクティブラーニング型地誌学習の実践(日本地理学会)

 東京学芸大学で行われた、日本地理学会で報告してきました。
 たくさんの皆様のご観覧、ありがとうございました。

 実践報告ではありますが、実践自体は生煮えと言いますか、これから改善の余地はたくさんあります。それでも、これから同様の実践を、通年でコンスタントに行うことで、4年後の新学習指導要領の実施に備えた教材作りとノウハウの共有を行いたいとの意思表示(公言して自分を追い込む)にはなったのではないかと思っています。

 プロパー、ノンプロパーのお話をしましたが、殊にアクティブ・ラーニングに関しては、すべての教員がノンプロパーだと思っています(そもそも自分達が生徒として受けた授業の形態と全く違います)。地理に限らず、特定科目の「プロパー」で、進学校などで「とにかくあれも教えなければ、これも教えなければ、あー時間が足りない」という方ほど、アクティブ・ラーニングには抵抗感があると思いますし、面従腹背を決め込んでしまうのかもしれません。あるいは、ゴールも評価もあいまいな単なる「グループワーク」をたまに行うだけで事足れりとしてしまうのかもしれません。そうした事態を避け、なおかつ地理らしさ(ちゃんと地図を使う)を出すために、日々試行錯誤を繰り返す必要があると思いますし、総合学科や専門学科の「地理A」は、新必修科目「地理総合」に最も近い科目として、積極的にアクティブ・ラーニングにトライしてみるべきではないかと思っています。

 年間通してどのような授業展開をするのか、評価はどうするのかについての質問を頂きましたが、この3学期に地理と現代社会で試験的な実践を繰り返し、アクティブ・ラーニングの型授業の「先発ローテーション」はある程度確立しました。また、テストの平均点も上がりました。「キャンプ&オープン戦」期間を終え、学会という「公式戦」を経て、いよいよ4月からの開幕を待つばかりといった状況です。今年は節目節目に学会発表を入れ、短報でも論文化して、アクティブ・ラーニング時代の高校地理のスタンダードを確立できればと思っています。その都度できる使いやすい教材や、素材へのアクセスも、このブログでお伝えできればと思います。



posted by いとちり at 22:57| Comment(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

「カリスマ地理教師から経営者へ」―帝国書院100周年記念展ギャラリートーク

  倉敷市で行われている、帝国書院100周年記念展でギャラリートークをさせてもらってきました。普段の学会やら研究会やらと違い、地理教育とは関係ない(と思われる)市民の皆様を前に、郷土の偉人の足跡と、現代につながる意義をお話させていただきました。
teikoku01.jpg

 改めて強調しておきたい点を一つ。

(大学等での)地理の専門教育を受けずに地理を教える人が、今後たくさん地理教育の現場に入ってくること→そうした若い世代の能力を不安視せずに、業界(教員・研究者・行政・そして民間の教科書会社等)でバックアップしていくかが火急の課題である。

・・・あくまで推測ですが、「文検」(文部省の中等教員資格認定試験)で教員になった荒美雄師は、いわゆる「正規の教育」を経てきた教員との間で相当苦労されたと思います。だからこそ、自分と同じ立場で教員を目指す若者を生涯にわたって支援しましたし、若い教員に発表の機会を与えました。今の「地理必修化」に向けてかわされている「地理プロパー」さん(特にその中核をなす方々)の議論を聞いていると、いささか悲観的過ぎる観があります。地理教育に携わるのは、教員、学会だけでなく、様々な人が関わりますし、民間の立場、例えば教科書会社さんがぜひ頑張ってほしいと思います。

 前日から倉敷入りし、お墓詣りとゆかりの地を改めて案内していただきました。
 「聖地巡礼」ではないですが、地図アプリ等を使って、ゆかりの地の写真や古地図と組み合わせてまわれるようにしたらよろしいのではないか?(・・・というか、多分作ります)という話にもなりました。

 文章、アプリともに、まとめた上で改めて倉敷に関わって行ければと思います。
 6年ぶりの墓参。荒美雄師が教員を退職された年齢を過ぎましたが、色々と感じるところがありました。また新たにいろいろ始まったなという感があります。
 帝国書院の皆様、倉敷の皆様、どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

〇配布資料





posted by いとちり at 17:05| Comment(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

日本地理学会(筑波大学)に行きます。

年度末の予定がかなり厳しそうだったので、今回は発表は見送り、行くのも無理かな?と思っていたのですが、いろいろと仕事が順調に運び、1日だけ行けることになりました。

 3月28日の地理教育公開講座「地理総合(仮)と地理情報システム」と、「高校生ポスターセッション」を見に行こうと思います。

 2022年入学生から完全必修で実施される新科目「地理総合」。デジタル地理情報を使った地理情報システムを日常的に使ったアクティブ・ラーニング型の授業が指向されていますが、2022年になって「さあ、どうぞ」というわけには行きませんし、学習指導要領に「地理情報システムを積極的に活用すること」と書かれているにもかかわらず、骨抜きというか、有名無実化してしまっている今の状況を考えると、やっぱり絵に描いた餅になる可能性が非常に高いと思われます。また、必修科目ですから、地理を専門としない(更にご自身が高校時代に全く地理を履修していない)先生が大挙して「高校地理」を担当することになる訳で、「じー・あい・えす?What?」ってところから始めて行く必要もあります。正直、「必修地理の未来はかなりやばいんじゃないだろうか?」という悲観的なご意見がこういうオフィシャルな場に行くとよく聞かれます。

 ただ、昨年12月に京都で述べたように、私自身はGISに代表される地図のデジタル化、タブレットなどによるモバイルコンテンツ化は、今までのような「GIS=パソコン実習」という固定概念を打ち破ってくれると思いますし、地理が苦手、あるいは基本的知識や技能に自信がないという先生の経験不足を補ってくれるツールになると思いますし、そういうツールをどんどん作っていかなければいけないなと思っています。逆の言い方をすれば、これまでのような求道型、技能伝承型の”授業”(ごうを、さずかる)から、もっと地図や景観を見る(見やすくする)状態で考えることに徹する”ラーニング”になると思っています。

 山の登り方を一つ一つ教わり、苦労して山頂まで行って満足感に浸るのもいいですが、そこにロープウエーなり、リフトがあるならさっさと乗って山頂に行き、下界の景色を見ながらああだこうだと考える時間を確保する・・・行き方を知っている引率者とチケットがあれば誰でもリフトに乗れる。そのリフトこそがGISだと個人的には考えています。リフトに乗る金がないとか、自分の足で歩かせる事こそが教育であるとか、あるいは「リフトを動かすマシンの仕組みやメンテの方法を教えなきゃ」なんてことはあまり意識する必要はないわけです。

 大事なことは、生徒が「高いところに登って見下ろす」ことで、新たな発見ができるということに気付いてもらうこと、卒業後も職場の同僚や家族を連れて気軽に「ハイキング」に繰り出せるようにすることです。隣の芝は・・・じゃないですが、世界史や日本史教育の世界は、そういう社会人リピーターの確保が非常にうまく回り始めているように思います。

 基調講演は、この分野をリードしてきた方々です。今回は聴衆に徹して、どんな方々がどんなディスカッションを仕掛けるのか、じっくり拝聴したいと思っています。

〇日本地理学会春季学術大会 地理教育公開講座「地理総合(仮)と地理情報システム」
3月28日(火曜日)13:00〜16:00
会場:筑波大学 0会場 3A23A204  
※一般発表は、大会参加料が必要ですが、「公開講座」は会員、非会員に関わらず無料で聴講できます。
大会プログラムはこちら

gakkai001.jpg
posted by いとちり at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。