2020年02月26日

失敗しない!地理院地図で色つき旧版地形図を描く

 前回の「地理院地図で今昔マップを描く方法」、たくさんの反響をいただきありがとうございました。
 ただ、「やはり難しい」「表示されない」といったお話も寄せていただきました。
 プログラミングと一緒で、ほんの1文字違うだけで表示されなかったりすると心折れるものです。
 ましてこれが40人のパソコン実習だったりしたら・・・。
 そこで、面倒なURL入力を省略(あらかじめ作っておいた設定ファイルを読み込む)する形にして、より簡単に「地理院地図」上に旧版地形図画像(今昔マップ on Web)を載せる方法を記します。
 サンプルとして、静岡県富士市付近(今昔マップ関東)のデータを用意しました。
 各時代でひとまとめにしたものをアップしますので、まずはこちらをダウンロードして、デスクトップ等に解凍してご用意ください。

【手順】
(1)地理院地図を開きます。
001.jpg
(2)「ツール」→「外部タイル読み込み」の順で開きます。
002.jpg
(3)「保存した設定ファイルを選択」欄の「ファイルを選択」ボタンをクリックします。
003.jpg
(4)ダウンロードして解凍したフォルダ”konjaku-kanto”から、テキストファイルを一つ選びます。
004.jpg
(5)テキストファイルの選択が確認できたら「上記の内容で読み込み開始」ボタンをクリックします。
005.jpg
(6)旧版地図(今昔マップの読み込み設定)が加わりました。
  同様に他のテキストファイルを開くと、別の時代の地図を読み込むことができます。
006.jpg
(7)左上の「情報」ボタンをクリックします。
008.jpg
(8)「起状を表した地図」→「色別標高区分図」の順に開いていきます。
(9)標高区分図が重なりました(標高データは現代のもの)
013.jpg
(10)標高区分図の色が濃いので、透過率を上げます。
014.jpg
(11)いい感じに調節してみましょう。
015.jpg

お試しください。


posted by いとちり at 21:54| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

これは便利!「地理院地図」上で「今昔マップ」を見る方法

 国土地理院のWeb地図配信サービス「地理院地図」の背景地図として、旧版地形図のWeb配信サービスの「今昔マップ」を表示する方法を教えてもらいました。今後、何かと使う機会が出てきそうなので、備忘録として書きます。

 Web上で表示される旧版地形図上にいろいろと書き込んだり、書き込んだ線や面を他の地図上に移したり、KMLファイルなどの外部レイヤを載せることが可能になります。GISソフト「MANDARA」でも同様のことができますが、点や線の書き込みの自由度はこちらの方がよいかと思います。また、頑張ればスマホやタブレット上でも動作させることが可能です。

(1)地理院地図を開きます。サンプルに、東京中心部を表示します。
chiriin01.jpg
(2)「機能」→「ツール」→「外部タイル読み込み」の順で開いていきます。
chieiin2.jpg
(3)「外部タイル読み込み」の画面が出ますので、ここに「今昔マップ」の情報を記入します。
chiriin3.jpg
4)「今昔マップタイルサービス」のサイトを開きます。
konjaku001.jpg
(5)地理院地図に戻り、URLの画面に「今昔マップ」の情報を貼り付けます。
konjaku002.jpg
(6)「今昔マップタイルマップサービス」の表記に従って、表示したい地図の設定に変えていきます。

※参考 「今昔マップ首都圏」の1927−1939年の地図を入れる場合のURL
(そのままコピーして貼り付けてください。)。

(7)ズームレベル等を設定します。
option2.jpg
(8)「上記の内容で読み込み開始」ボタンをクリックします。
こちらがURLの設定アドレスです。
tile-end.jpg
(9)読み込み完了
done.jpg

地理院地図のWebアプリですので、読み込んだ地図に点や線、面を書き込んで違う地図の上で表記することもできます。
kmlファイルなど、他のソフトで作ったレイヤを重ねることもできます。
お試しください。
shichi.jpg
レイヤ「明治期の低湿地」を重ねたところ

<追記>URLを入れた設定を保存したテキストファイルを作っておくと、次に開くときに楽です。
hozon.jpg

テキストファイルを保存した状態
txtlile.jpg
(3)の状態で、「保存した設定ファイルを選択」から「ファイルを選択」を選び、先ほど作ったテキストファイルを読み込む・・・時代ごと、地域ごとに作った上で、ファイルを開いてもらうとよいと思います。
 作成したURL設定のテキストファイルをアップしておきます。




posted by いとちり at 21:10| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

台湾修学旅行考

 修学旅行で台湾に行ってきました。自分自身は4回目の台湾ではありますが、前回行ったのが11年前の「第1回アジア・太平洋国際地理オリンピック」の代表団引率だったので、随分変わったなあという印象でした。地下鉄がとても便利でした。
 勤務校では昨年までの沖縄から台湾に替わっての第1回目。色々な面で試運転なところがありましたが、これからお付き合いが続いていく土地になりますので、いくつか気づいた点を備忘録がてら書き留めたいと思います。

(1)距離的に近い割に、移動時間がかかる

 学校を出たのが午前8時。バスで3時間以上かけて成田空港へ、成田で通関、飛行機に乗り台北の桃園国際空港へ。ものすごく長い入国管理の列を並び、荷物を受け取り、夕食会場に入ったのが午後8時(日本時間では午後9時)でした。帰りは朝5時起床、6時半にホテルを出て、9時半の飛行機に乗り、成田からバスに乗り、各自の最寄駅(私の場合は沼津駅行き)に着いたのが午後7時でした。200名近い団体の国際移動とはいえ、沖縄に行っていた時は、最終日のお昼ごはんまで食べられて到着時間は同じくらいでしたから、なんとかならないものかな?と思いました。
 12月の第1週は、全国的に「修学旅行ウイーク」のようで、台北でも静岡県の学校(私たちを入れて3校)、北海道の学校、大阪の学校など、たくさんの学校に遭いました。せっかく地方空港がある訳ですから、何校か束ねてチャーターして、行先も桃園⇒台北一辺倒ではなく、台湾の他の空港に行ってもいいのではないかな?と思いました。台中や高雄は、街を挙げて日本の修学旅行誘致のプロモーションをしているそうです。

(2)「定食」コースになってしまっており、見直しが必要

 故宮博物院と九份が、修学旅行の生徒でごった返していました。確かに、班行動ではいかないところかもしれませんし、「The 台湾」というべきところですが、身動きも取れないくらいでは魅力も半減です。修学旅行ではどうしても安全第一、前例踏襲になりがちですが、独自性をたどっていく必要があるように思いました。

(3)Wifi環境は素晴らしい

 公共施設ではほとんどフリーWifiが使えるのが大変便利だと思いました。
 今回、班別行動で大学生のガイドさんに案内をお願いしましたが、生徒のスマホに地図アプリを入れるなどして、自分達で歩いてみるような企画も出来るのではないかと思いました。

(4)学校訪問などができれば・・・。

 今年、台東市の訪問団を受け入れ、非常に盛り上がりました。相互訪問ができればいいのですが、日程上の都合でちょっと厳しかったのですが、姉妹校、相互訪問は置いておいて、特徴ある学校にお邪魔して交流する時間がとれたらなと思いました。もちろん、教員間の行き来も大事かと思いました。

 「修学旅行は海外」というのが全く珍しくなくなってきた今日(実は台湾に行く方が沖縄より安いのです)、同じ時期に沢山の学校が台湾に行く中で、旅行社に用意してもらった定食メニューだけでなく、どうやって独自性を出して行くか、今回得た知見を日々の授業にどう生かしていくか(私たちを案内してくれたガイドさんは、しょっちゅう日本に行っていて、富士五湖や忍野八海はちょいちょい行くそうです)など、いろいろ検討してみたいと思いました。
 台湾の地理オリンピックの時にも感じたことですが、台湾は「地理教育大国」です。今回の旅行をきっかけに、また関わりを深めて行けたらと思いました。
 最後に、班別行動時のフリータイムに撮った「淡水」の写真です。いいところでした。
DSC_0029.JPG DSC_0031.JPG DSC_0036.JPG

【リンク】
 地理オリンピック引率記

2007年の第1回アジア・太平洋地理オリンピックの引率記。
 月刊「地理」誌に寄稿した原稿が、台湾師範大学のサーバーに残っています。
 もともと、隔年で行われる地理オリンピックの世界大会に選手を送り込んでいた台湾。世界大会が行われない年にローカル大会を開いていたヨーロッパに倣って「アジア・太平洋大会」を企画し、「世界への足掛かりにいかが?」と、日本を誘ってくれたのが始まりと聞いております。
 日本はその後、2009年に「第2回アジア大会」を筑波大学で開催し(私も手伝いに行きました)、台湾は2010年に世界大会を誘致。その時にノウハウを吸収した日本委員会は、2013年に世界大会を京都で開催しました(私は「富士山麓案内要員」として関わらせていただきました)。
 日本の地理教育界にとって台湾は、常に一歩先を導く「兄貴」(女性の先生が多いので姉貴か?)のような存在です。

 chiriori.jpg





posted by いとちり at 18:35| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

【素材提供】アナログGISで考える世界の人口

 パソコンを使わずに、主題図の作成・・・要は白地図の色塗りや記号の大きさでの表現・・・をして、それらを重ね合わせたり、データを読みとったりする作業を「アナログGIS」と呼んでいます(5年前ぐらいから公の場で言っていますが、あまり流行っていません)。これまで、大判に引き伸ばした地図画像の上にビニールシートをかけたり、地形図とタブレットを組み合わせたりとやってきましたが、先週、学校視察と学校公開日が重なったので、人口問題のイントロで教材を作ってみました。

 モノクロ印刷したベースマップ(主題図をMANDARAで作成)にOHPシートを重ねてその上からマジックペンで色を付け、できた「手製のレイヤ」を重ね合わせることで関連性を考えるというものです。班ごとに出来たものを実物投影機でスクリーンに映して簡単なプレゼンをしてもらいました。

 学校公開の方の準備の総括もやっていたので、重ねた後の分析や議論など、授業の完成度としてはいまいちではありましたが、これから地理が必修化される中で、パソコン実習だけに縛られない、印刷するだけで実施できるアクティブラーニング型のGISとして、教材を蓄積していければと考えています。

 見学頂いた先生方から要望を頂きましたので、授業で使った教材一括セットを作りました。
 MANDARAの操作がいまいち分からない方でも、画像を印刷するだけで使えます。
 お試しください。
001.jpg002.jpg
【ダウンロード】
 pop_GIS.zip (1.5MB)

こんなデータが入ってます。
 人口統計の主題図(カラー・モノクロ)
 人口統計のデータファイル(EXCEL表)
 人口統計のMANDARAデータ(MANDARA9、MANDARA10用)
 生徒用手順書
識字率.png人口増加率c.png
posted by いとちり at 17:09| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

日本地理学会(3/23東京学芸大学)に登壇します。

 直前ではありますが、明日3月23日(金)、東京学芸大学で行われる、日本地理学会で報告をしますので、お知らせします。

 発表番号:337
「デジタル地図帳を用いたアクティブラーニング型地誌学習の実践−高等学校地理A『オーストラリアの地誌』を例に」

  第三会場(C棟4階C402教室)(11:00ごろ)

 発表終了後、スライドと参考文献リストをアップします。
title.jpg
予稿原稿はこちら
大会プログラムへのリンク


続きを読む
posted by いとちり at 22:20| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。