2013年08月11日

プロジェクト「ふじぶらり」月刊『地図中心』2013年7月号

  月刊誌「地図中心」の世界遺産特集で、富士山担当ということで記事を書かせてもらいました。
 世界遺産フィーバー(?)にわく富士山麓ですが、地元民は違った見方(ある意味とても冷めてます)をしてます。「富士は富士山だけじゃないぞ」という気持ちと、せっかく表玄関にありながら通過される(なかったことにされる)「煙突や悪臭の紙の街」じゃないんだぞという気持ちを、デジタル地図を使って前に出す・・・「ふじぶらりが、「富士山のぶらり」ではなく「富士市のぶらり」であり、単なる観光アプリでなく、市民アプリとしているゆえんです。

 普段は学校の中で、決められた献立(教科書や指導要領)に従って忙しく調理をしている“給食のおばちゃん”的な我々地理教師が街に出て、”食堂のおっちゃん”
としていかに素材集め、お客を呼び、リピーターを作れるか、また食堂を永続させているかという実験でもあります(とりあえず、1年持ちました)。
 無料アプリですので、富士山麓にお越しの際は、ぜひご利用ください。
https://itunes.apple.com/jp/app/fujiburari/id530424464?mt=8

【本文ダウンロードはこちら】
chizuchu201307.pdf
hyoshi07.jpgtop07.jpg
posted by いとちり at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

帝国書院「地理地図資料」(1学期A号)

「静岡県立裾野高校教諭」のクレジットでの第一弾です。
 GISを活用した授業実践@
 「GISを用いた汎用性の高い高校地理教育用教材の開発−とくに防災教育を視野に− 」

 

  2011年秋に、「国土交通大臣賞」を受賞した実践を文章にしました。chirichizu.jpg
  このころに比べると、データも、ソフトもハードも随分充実しています。ただ、学校の設備や環境、考え方はほとんど変わっていません。特に「防災教育」の分野は、「危ないところ探し」「正しい逃げ方」および「被災地への共感の涵養」で思考がストップしてしまっているように思います。

 「防災教育」とジャンルをくくるのではなく、あくまで「地域の成り立ちと特徴を視覚化する方法を学び、言葉と地図、景観をつなぐ」地理教育の延長線上に、災害対応を置くべきだと考えています。防災について学ぶとき、必ずしも「地元」である必要はないと思いますし、ここで取り上げた神戸のように、「天井川」とか「水無川」といった、地理でごく当たり前のように取り上げる話題から、災害のリスクと、“失敗から得られた教訓”(←ここが大事)を知るようなカリキュラムが必要だと思います。

  この夏、「iPad地図帳」を引っ提げて、仙台に入ります。「被災地」としてくくってしまうのではなく、各地の地域性、郷土性を最大限に引き出す教材を作ったうえで現場を歩いて、当地の地理の先生方と「さあ、どう使うか?」「端末やアプリをどうやって調達できるか?」についてじっくり議論したいと思います。

【本文】
https://www.teikokushoin.co.jp/journals/geography/pdf/201301g2/08_hsggbl_2013_01g2_p25_p26.pdf
【目次】
https://www.teikokushoin.co.jp/journals/geography/index_201301g2.html
【授賞式のプレゼンです】(いとちり:2011年10月27日付)
http://itochiriback.seesaa.net/article/232364471.html

posted by いとちり at 06:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

GISと地理教育(“e-journal Geo"-日本地理学会誌電子版)

 日本地理学会の電子機関誌「e-journal Geo」の、地理教育特集に論文を書きました。 http://www.jstage.jst.go.jp/browse/ejgeo/7/1/_contents/-char/ja/  タイトルの通り、「GISと地理教育の歩みをレビューした上で、今後の可能性を述べて」とのオーダーでしたので、「あれがない、これがない」と嘆くのではなく、「地理頑張ろう!」というメッセージを込めたつもりです。     「教科の学習活動全体を通して」GISに触れることができるのは、「地理」だけですし、そもそも、GISなんて言葉や概念ができる以前から、地理(特に高校以後の地理)は、要素と要素の組み合わせ、統計や何気ない景観から法則性と普遍性を見出す学問なわけです。「防災」もそうですけど、「ぼやぼやしてると、他の教科に持ってかれちゃうよ」ということを、ちょいと小難しく書きました。    「抄録」からつながる参考文献コーナーには、かなり前に書いた私の何本かの論文を電子媒体で読むことができます。合わせてご覧いただければ幸いです。 <論文へのダイレクトリンクはこちら> http://www.jstage.jst.go.jp/article/ejgeo/7/1/49/_pdf/-char/ja/ <引用文献欄> http://www.jstage.jst.go.jp/article/ejgeo/7/1/7_49/_cit/-char/ja/
posted by いとちり at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

【連載終了】Google Earthで地形を楽しむ

 教科書会社の二宮書店の教員向け機関誌、「地理月報」の裏表紙を2年間担当させてもらいました。

 各高校には間もなく1月号が届くと思いますが、第10回をもちまして、連載終了と相成りました。525.jpg

 企画が持ち込まれた当初は、「カシミール3Dで地形解説」だったのですが、編集の担当の方と色々と話し込んで、だいぶ趣味に走らせてもらいました。なにしろ「プロ」相手の雑誌ですから、毎回毎回どうやって唸らせようかと頭をひねりましたが、いかがだったでしょうか?

 AKBの「研究生」じゃないですが、表舞台に出なかったネタも結構沢山ころがっていますので、またWebオリジナル版としてアップできればと思います。

 編集部から、過去10回分の校正用PDFファイルを頂きましたので、一堂に見られるようにサイトにしてみました。各回で使ったKML/KMZファイルもダウンロードできます。

 併せてほったらかしになっていた「いとちりポータル」の改装もしました。あと、Facebookも始めました。トップページにリンクがあります。

●「Google Earthで地形を楽しむ」バックナンバーサイト
http://www.itochiri.jp/ninomiya/ninomiya01.html
●いとちりポータル
http://www.itochiri.jp/

またぼつぼつ過去の出版物を整理できたらと思います。
自画自賛でなんですが、アップされているPDFをiPadで見ると、なかなかきれいでよろしいです。

posted by いとちり at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

Google Earthで屋久島データが見られない方へ

 いとちりポータル内にある、屋久島関係のGoogle Earth用ファイル(kmzファイル)をダウンロードしても、「zip」の拡張子がついたファイルがダウンロードされ、解凍して開いても、中身が見られないよというご指摘をいただきました(↓こんな感じ)。
down31.jpg








これは、フォルダの拡張子“zip"を、“kmz”に書き換えることで解決します。
Windows7の場合、何もしない場合、拡張子は隠されていて、変更できないようになっていますので、設定を変える必要があります。
 詳しいHow toを、「いとちりポータル」内に開設しましたので、活用ください。
 http://www.itochiri.jp/down.htm

down101.jpg
posted by いとちり at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする