2011年09月22日

【祝・御礼】国土交通大臣賞

 「初等中等教育におけるGISを活用した授業に係る優良事例表彰」の選考結果が、GIS学会のWebサイトで発表されました。
http://www.gisa-japan.org/news/detail_916.html

 ご助言を頂いたすべての皆様、「特大ハザードマップ」作りに協力してくれた生徒の皆さんに御礼申し上げます。そして、故郷の復興を願ってシャッターを地元目線でシャッターを押し続けた福島県飯館村出身の、若き同僚S氏と、先生の母校である県立原町高校の生徒・教職員の皆様に、感謝の意を込めて受賞を報告させていただきます。もともとは、「写真&地図展」で原高を元気づけよう!という、防災委員会の文化祭企画ミーティングでの氏の訴えが原点ですので。

 GIS学会賞、毎日新聞賞を受賞されたお二方の先生、おめでとうございます。
 GIS学会賞の東先生は、中部大学のGIS Dayでご一緒させていただきました。
  海辺の中学校の「津波ハザードマップ実践」、圧巻でした。
 鹿児島でお会いしましょう。


●応募した企画の概要を添付します。参考にして頂ければ幸いです。
 GIS2011.pdf


 
 
posted by いとちり at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

GIS day 中部(9/18)のプログラム

 9月18日に、中部大学で行われる「GIS Day 中部2011」内の、GIS講習会の詳細が出ました。
「教育GISフォーラム」のWebサイトに詳細が出ていますが、こちらにも貼っておきます。お申し込みは、そちらからお願いします。

GIS Day in 中部 講演・実習「小中高の授業へのGIS導入」

<会場>
中部大学 22 号館 223B 実習室(パソコンは30台備え付けです。USBメモリ等をご持参ください)


<講師>
伊藤智章(静岡県立吉原高等学校)・太田弘(慶應義塾普通部)・東桂子(藤沢市立湘洋中学校)・大島英幹(慶應義塾大学)


〇プログラム

14:00〜14:05 挨拶 参加者自己紹介など
14:10〜15:00
第1部 講演:「教育GIS」最前線
<基調講演>

「ここまで来た“教育GIS”、どこへ行く?“教育GIS”(太田)
※横浜市日吉の「放置自転車マップ」など「教育GISはじめて物語」から、最近の技術革新、政策の後押し、ネットワークの広がりなど、教育GISの今後についての展望。
<事例報告>
中学校:@藤沢の「通学路津波危険マップ」(東)
高等学校:A進化する「いとちり式」・・・「ほぼ無料・50分完結・教科書準拠」の挑戦(伊藤)

15:00〜15:10 休憩 

15:10〜17:00
第2部 GIS体験実習(伊藤)
15:10〜16:00 A 身の回りの地図のデジタル化(利用ソフト:地図太郎)
【実習1】インターネットからの地図の入手(ウオッちず、基盤地図情報)
【実習2】表示と加工(点や線の書き込み、標高塗り分け)

16:00〜16:10 休憩 「iPad地図帳」を触ってみよう・・・・10台用意してあります。

16:10〜17:00
B Google Earthで作る「デジタル掛け地図」
【実習3】地図太郎からKMLへの書き出し
【実習4】Google Earthでここまで出来る
予め作っておいた様々なKMLファイルを、各自で開いたり、重ねたりします。
(レリーフ図、等高線図、ケッペン区分、分布図など)
<話題提供>
@オフライン,インストール禁止等、厳しい環境下でGoogle Earthする方法
(伊藤)
AGoogle Earth以外で簡単に見られるGISデータ(大島)
(昔の地形図、昔の空中写真、緑被分布、地表温度、地震危険度、人口密度)

17:00〜17:30 ディスカッション
感想、展望、意見交換など
「教育GISフォーラム」のご案内
17:30終了
posted by いとちり at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

「自作ハザードマップ展」@富士市役所

map01.jpgmap02.jpg 文化祭で大反響を頂いた、本校防災委員会有志による「自分で作るハザードマップ―高校からの提案を展示が始まりました。

 
 ハザードマップでもなければ、ただの略図でもない、地元ニーズに合わせた地図は、パソコン1台、数千円の専用ソフトが合えば簡単に作れます。地元の教育機関の一つである「高等学校」をもっと利用してみませんか?ということを、訪れる市民の方(特に自主防災関係の責任者の方)に訴えています。

 市役所の防災危機管理課の皆さんと一緒に設営させてもらった後、デジカメがなかったのでiPad2のカメラで撮りました。フラッシュもないので多少ぶれてしまっています。
 「防災週間」に合わせて、9月5日まで展示中です。
よろしくどうぞ。
posted by いとちり at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

GIS day2011@名古屋

9月18日(日)に中部大学で行われる、GIS day 中部 の講習会の講師を拝命しました。
GIS学会が中心となって、毎年東京や関西などで行われている大規模なイベントです。


http://www3.chubu.ac.jp/gis_center/news/1390/


 私が担当する講習会は、18日の午後です。午前中には、ESRI
の社員の方が「Arc-GIS入門」の講習会をされます。

 

「学校教員向け」と銘打っていますが、実際はかなりいろんな方が来られますし、Welcomeです。昨年、東京で行った際は、森林管理の委託を受けているNPOの方が「できるだけ安いソフトで森林の図面管理をできないものか?」ということで、34人ぐらいまとめて来られていましたし、大学生、大学院生の方もいました。

 講
師は私の他に、藤沢市の中学の先生(中学でGISを使った総合学習のカリスマともいえる方なんですが、教科は国語だったりする)ら
が務めます。中学の先生方が中心で進める前半は「地図太郎」という、3500円でかなり本格的な事が出来るGISソフトを使い(当日は無料で使える設定をします)、高校教員である私が担当する後半は、その応用編ということで、Google Earthと組み合わせたり、iPad用に持ち出したりという流れにできればと思っています。

 

iPad20台ぐらい手配してもらえたようなので、シンポジウムでも紹介した「自作デジタル地図帳づくり」も体験していただけます。はまりますよ。3GのiPadや、iPhoneをお持ちの方なら、GPSで現在地を示せる地図を、その場でお持ち帰りできるはずです(アプリ代として¥350は別途かかりますが)。

 前日の917日(土)は、基調講演やシンポジウムが行われます。特に、第一セションは、防災に直結した内容ではないかと思います。

  0918_ページ_1.jpg

 セッションリーダーの福井先生は、昨年まで慶応大学SFCをリードしてきた先生で、NHKで一頃話題になった「データマップ63億人の地図」という番組の監修者(実際の地図はすべて研究室のお弟子さん達が作っていました)でもあります。お弟子さんの一人は、「うちの殿は、とうとう城持ちになられて西に向かわれた」と、しみじみされていました。

 

興味のある方、お近くの方、ご検討いただければ幸いです。

posted by いとちり at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

シンポジウムに出る事になりました

 ちょっと先ですけど、正式にリリースされたようですので告知します。
 
 8月19日、慶応大学日吉キャンパスで、日本学術会議主催のシンポジウムに出る事になりました。
 パネリストの先生方は、先に明治大学で行われた日本地理学会の緊急シンポジウムに登壇された方々です。私は、
「教育の現場」要員として、賑やかしにまいります。

 「地図教育」って言葉が本当にあるのかな?と、タイトルにしながら思うのですが、
等高線の読み方」「紙」「机の上」から飛び出すための方法として、今、月刊「地図中心」誌で連載中の「iPad地図帳」を突破口として考えています。だいぶコンテンツがたまってきたので、色々とお見せできると思います。
 あと、iPadとは別ですが、GISで作った
「自家製ハザードマップ」を特大に印刷(A4に印刷して40枚ぐらいをつなぎ合わせ)して、文化祭や市のイベントで展示して大反響を呼んだ顛末を紹介します。
poster110819.jpg
 

 
















poster.pdf









posted by いとちり at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする