2017年06月01日

本の紹介サイト「Hon to Bijo」で取り上げてもらいました。

ありがとうございます。
過分な扱いと、丁寧な紹介をして頂きました。
シリーズ第2弾(世界地誌編)も、せっせと書いております。
chizu.jpg
posted by いとちり at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

毎日新聞「ブックウオッチング」

 12月7日付の毎日新聞「ブックウオッチング」欄で拙著を取り上げてもらいました。
 コンセプトも汲み取ってもらって光栄です。
 「成田空港の本屋にあったぞ」とか、「広島大学の生協で平積みされていた」とか、「地元の本屋さんでPOP付きで並べてあったぞ」とか、ありがたい情報をいろいろいただいております。
 お近くで見かける機会がありましたら、ぜひ手に取ってご覧ください。
 mainichi.jpg
毎日新聞「ブックウォッチング」(2016年12月7日東京朝刊)



SNS等で頂いた、「目撃談」シリーズ(笑)
おかげさまで、重版出来です。
hirosima.jpg toda.jpg

広島大学生協(写真提供:Y様)  戸田書店 裾野店(提供:写真提供:T様

shizuoka.jpg yaesu.jpg
戸田書店 静岡本店(写真提供:S様)     八重洲ブックセンター
                              (写真提供:K様)
sanseido.jpg
三省堂神保町本店(写真提供:S様)

〇書評サイト「読書メーター」で感想がちらほらと。

〇立ち読みはこちらから。(e-hon)



posted by いとちり at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

もくじ&立ち読みページ

 版元のベレ出版さんの公式サイトで、目次と立ち読みページが開設されました。
 なるほど、いいところを切ってもらってます。
chizuka.jpg

 「本シェルジュ」というSNSを教えてもらいました。
 書評とはちょっと違い、自分でテーマに合わせて本棚(本屋さんのWフェア”みたいなもの)を作れるサービスです。「自分の本と並べて売って欲しい」本を見繕ってみました。

ホンシェルジュ本棚
hondana.jpg

posted by いとちり at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

立ち読みはこちらから

 発売から2週間。おかげさまで、いろんな方に読んでいただいているようです。ありがとうございます。
 さて、ちょっと中身を見られないかな?という方(Amazonでは中身を見られません)、こちらのサイト
では「立ち読み」がありました(↓本の表紙をクリックするとリンクします)

tachiyomi.jpgheading_logo001.gif

 それから、東京と首都圏限定ですが、東京都書店組合青年部による「東京都書店案内」で、拙著の在庫状況を表したマップが見られます。
 地方(自分のまわり)ではあまり扱ってくれていませんが、都心の大きな書店にはだいたい置いて頂いているようです。
 黄色は「在庫あり」、赤は「注文取り次ぎ」です。このサイト、タイトルを入れれば在庫状況がわかります。小説とか、コミックとかタイトルを入れて取扱店の「地理的分布」を調べてみるのも面白いと思います。
(地図をクリックするとサイトにリンクします)

zaiko.jpg

写真は、東京駅八重洲口の「八重洲ブックセンター」での様子です。
K様、写真をありがとうございました。
yaesu.jpg  
重版もかかり、好調です。
お近くの本屋で見つけたら、ぜひ手に取ってご覧ください。
posted by いとちり at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

重版出来・肉食の地図(世界)

 発売から10日ほど経ちました。
 おかげさまで、重版です。ありがとうございます。

 さて、今回は5章−05(102〜105p)、「肉食の地図」の画像とGISデータをアップします。
 「肉」といえば何肉か、1人あたり消費量からその地域性を探ってみました。
 「欧米では・・・」「欧米風の食生活」なんて言いますが、歴史的な背景や農業のスタイルの違いからか、
「欧」と「米」ではだいぶ違うようです。あと、中東でWチキン”の消費が多いですが、本文にも書いた通り、そのほとんどは輸入に頼っています。Wハラルミート”の国際ネットワークがあるようです。

牛肉の消費量.png一人当たり牛肉の消費量豚肉の消費量.png一人当たり豚肉の消費量
鶏肉の消費量.png一人当たり鶏肉の消費量

GISソフト「MANDARA」用データはこちら。

出典:独立行政法人農畜産業振興機構「年報 海外編2003年度 資料編」

※元データはUSDA「Livestock and Poultry: World Markets and Trade」
ただし現在は主要国のみ公開されており、各国別のデータはここから得ることはできない。


chizuka.jpg 「地図化すると世の中が見えてくる」(ベレ出版)(税込:1620円)

お求めは、全国主要書店、またはこちらからどうぞ。
amazon-featured-image.jpg 「その他地図・関連書籍」部門1位

honto.jpg 「地理学」部門 週間ランキング3位

kinokuni.jpg WebストアにてW平積み”販売展開中


posted by いとちり at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする