2021年12月18日

復刻「評伝:守谷荒美雄と帝国書院」

 今日の朝日新聞の土曜日版の特集、「はじまりを歩く」で、「地図帳」のはじまりに尽力した帝国書院の創業者、守谷荒美雄(すさびお)が特集されました(デジタル版の記事はこちら
asahi.jpg

 今から10年前の2011年に、月刊「地理」誌で評伝を書いた縁で、取材協力をさせてもらいました。当時のブログ記事(いとちり:2010年4月4日)でも取り上げていますが、肝心の連載記事が、デッドリンクになってしまっていますので、改めて4回の連載記事をアップします。
 うわー、もう10年経ったのかという気持ちで久々に読み返しました。

 守谷荒美雄と私は生まれ年の西暦が一つ違う101歳違いです。年末年始にお墓参りをする度に(昨年はコロナで行けてませんが)「この歳の荒美雄は何をしていたか?」を思い浮かべます。今の自分の歳の荒美雄は、教師を辞して8年目。帝国書院を興してから3年目です。執筆をしながら経営にいそしみ、ようやく軌道に乗るか否かの段階ではないかと思われます。

 1940年刊行の「守谷荒美雄傳」には、起業後のエピソードもたくさん載っています。新興の出版社が作った教科書がいかにして浸透していくか(させていくか)、経営者としての荒美雄のビジネス手腕にも注目したいところです。

 また機会があれば、フィールドワークを絡めながら続きを書いて行ければと思います。

56041.jpg<第1回>旅の始まり
写真4.jpg<第2回>高梁川(たかはしがわ)のほとりで
shinbasi.jpg<第3回>上京
kanda1.jpg
<第4回>(最終回)青年教師の決断

posted by いとちり at 16:25| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。