2021年01月10日

関ヶ原は今日も雪だった(二宮書店:地理月報560号)

 連載「いとちりの地理の授業にGIS」シリーズ2 第6回です。

 前回の岩手県釜石市から一気に西に飛びますが、雪のシーズンとのことでこのエピソードを選んでもらいました。関東(東京)、中部圏もフォローしていますので、また単行本でのお楽しみということで。
 内容はご覧の通りですが、書いていて「へぇー」と思ったのは、日本の最深積雪記録が北陸でもなく、北海道でもなく滋賀県の伊吹山であるということです。学生の頃、伊吹山のスキー場に行ったことがあります。
gappo.jpg

PDFファイルダウンロード

【リンク】
気象庁の「ランキング」ページです。
最深積雪以外にもいろいろ出ています。
気温(高い方)に関するところだけ最近であるのがなんとも・・・。

参考文献です。かなり専門的な内容ですが、「保線屋さん」の仕事がよくわかります。

posted by いとちり at 17:01| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。