2018年11月18日

【素材提供】アナログGISで考える世界の人口

 パソコンを使わずに、主題図の作成・・・要は白地図の色塗りや記号の大きさでの表現・・・をして、それらを重ね合わせたり、データを読みとったりする作業を「アナログGIS」と呼んでいます(5年前ぐらいから公の場で言っていますが、あまり流行っていません)。これまで、大判に引き伸ばした地図画像の上にビニールシートをかけたり、地形図とタブレットを組み合わせたりとやってきましたが、先週、学校視察と学校公開日が重なったので、人口問題のイントロで教材を作ってみました。

 モノクロ印刷したベースマップ(主題図をMANDARAで作成)にOHPシートを重ねてその上からマジックペンで色を付け、できた「手製のレイヤ」を重ね合わせることで関連性を考えるというものです。班ごとに出来たものを実物投影機でスクリーンに映して簡単なプレゼンをしてもらいました。

 学校公開の方の準備の総括もやっていたので、重ねた後の分析や議論など、授業の完成度としてはいまいちではありましたが、これから地理が必修化される中で、パソコン実習だけに縛られない、印刷するだけで実施できるアクティブラーニング型のGISとして、教材を蓄積していければと考えています。

 見学頂いた先生方から要望を頂きましたので、授業で使った教材一括セットを作りました。
 MANDARAの操作がいまいち分からない方でも、画像を印刷するだけで使えます。
 お試しください。
001.jpg002.jpg
【ダウンロード】
 pop_GIS.zip (1.5MB)

こんなデータが入ってます。
 人口統計の主題図(カラー・モノクロ)
 人口統計のデータファイル(EXCEL表)
 人口統計のMANDARAデータ(MANDARA9、MANDARA10用)
 生徒用手順書
識字率.png人口増加率c.png


posted by いとちり at 17:09| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。