2016年09月22日

重版出来・肉食の地図(世界)

 発売から10日ほど経ちました。
 おかげさまで、重版です。ありがとうございます。

 さて、今回は5章−05(102〜105p)、「肉食の地図」の画像とGISデータをアップします。
 「肉」といえば何肉か、1人あたり消費量からその地域性を探ってみました。
 「欧米では・・・」「欧米風の食生活」なんて言いますが、歴史的な背景や農業のスタイルの違いからか、
「欧」と「米」ではだいぶ違うようです。あと、中東でWチキン”の消費が多いですが、本文にも書いた通り、そのほとんどは輸入に頼っています。Wハラルミート”の国際ネットワークがあるようです。

牛肉の消費量.png一人当たり牛肉の消費量豚肉の消費量.png一人当たり豚肉の消費量
鶏肉の消費量.png一人当たり鶏肉の消費量

GISソフト「MANDARA」用データはこちら。

出典:独立行政法人農畜産業振興機構「年報 海外編2003年度 資料編」

※元データはUSDA「Livestock and Poultry: World Markets and Trade」
ただし現在は主要国のみ公開されており、各国別のデータはここから得ることはできない。


chizuka.jpg 「地図化すると世の中が見えてくる」(ベレ出版)(税込:1620円)

お求めは、全国主要書店、またはこちらからどうぞ。
amazon-featured-image.jpg 「その他地図・関連書籍」部門1位

honto.jpg 「地理学」部門 週間ランキング3位

kinokuni.jpg WebストアにてW平積み”販売展開中


posted by いとちり at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック