2014年09月15日

「ふじぶらり」2年間のあゆみ

  2012年に公開をはじめた、iPadアプリ「ふじぶらり」。個人商店的な運用で、富士山周辺の地図をアプリ化しておりますが、お陰様で公開から2周年が過ぎました。製作元から色々とデータを頂きましたので、まとめてみました。

(1)ダウンロードの推移
burari001.jpg



 総ダウンロード数が3864(2012年6月〜2014年7月まで)。
個人で作ったアプリとしては多いとみるのか、「富士」を銘打っておいてこんなものか?と言われるかは解釈の次第ですが、せっかくいいコンテンツを預かりながら、十分に伸ばしていないなあというのが正直なところです。自身の転勤(富士市→裾野市)やいろいろ忙しいこともあり、地図の更新やプロモーションが十分にできていないのが伸び悩みの原因かと思います。

 この秋から、勤務校の生徒にも参加してもらって、富士山東麓の地図や情報を載せて行こうと準備していますので、なんとか盛り返しをしたいところです。

(2)海外展開
  公開当初から、意外と外国からのダウンロードがあるこのアプリ。中国語圏での人気があるようです。



アジア ヨーロッパ その他 
日本2988ドイツ11アメリカ73
中国397フランス9カナダ8
台湾159イギリス6ペルー1
香港85ロシア6オーストラリア8
タイ33オランダ5ニュージーランド1
マレーシア24イタリア3ベネズエラ1
シンガポール16トルコ2メキシコ1
韓国6ポーランド2  
インドネシア4オーストリア1  
サウジアラビア4スイス1  
ベトナム3    
クウェート2    
マカオ2    
イスラエル
1
    
アラブ首長国連邦1    
地図にするとこんな感じです。
oversea011.jpg
グラフにするとこんな感じです。
download.jpg
 現在、外国語対応しているのは、静岡県提供の「富士山世界遺産地図」のみ(英・韓・中:簡/繁)です。
システムとしては、多言語対応なので、手伝ってくれる人を含めて体制を整えたいところです。

 もともとは、「観光案内アプリ」ではなくて、地理の教材にも使えるような、地元密着型のネタを集めて地域振興に役立てようというアプリです。システムの改善や、共用タブレットの調達など、学校や地域を巻き込んで地図アプリづくりができる体制が徐々に整ってきましたので、ぼつぼつワークショップ等を開いてもいいのかなと思っています。

 この記事をお読みの方で、お手元にiPhone,iPadがある皆様、無料ですので是非お試しください。

burari003.jpgburari004.jpg



posted by いとちり at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ipadで地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。