2014年02月23日

地図で山梨を救え(2)「土石流マップ」の作り方

 前回、国土数値情報の「土石流危険地域」の地図レイヤを「2014広域豪雪災害情報マップ」に搭載してもらった記事を書きました。
https://2014snowds.crowdmap.com/
doseki01.jpg

  「他県のはないのか?」とか、「どうやって作るんだ?」とか、うれしい反響をいただきましたので、How toをマニュアル化してみました。使うソフトは無料GISソフトの定番「MANDARA」と、「Google Earth」だけですので、手順に従っていじってもらえば、地図化できると思います。

 大学の研究室で使うようなプロ仕様のソフトを使えば、もっと広域で、なおかつ一気にデータ処理できると思いますが、このノウハウは、2つのソフト(MANDARAの「マップエディタ」を別のソフトと考えると3つ)を使うなど、結構まわりくどいです。でも、
「今、何の素材を加工して、何を切り出しているのか?(or要らないところを捨てているのか)」が割合はっきりわかると思います。
 
 雪が融ける前に、他県版も作業していきますが、データを変えて色々と応用が利きます。お試しください。






ダウンロード用PDFファイルはこちら
snowmanyaru1.pdf




posted by いとちり at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。