2013年08月25日

改良版「iPad デジタル地図帳」(日本地理教育学会@佐賀大学)

 日本地理教育学会で発表をしました。

 前の記事にも書きましたが、佐賀県では、来年度から、県立高校に入学する生徒にタブレットパソコン(Windows)を購入させます。佐賀市の西、ICT教育や公設民営のデジタル図書館などの取り組みで知られる武雄市では、小中学校にiPadを使った授業を積極的に展開しています。予稿を書いた段階では、iPad地図帳の最初の本格投入は佐賀県かな?と思っていたので、いささか残念ではあります。ただ、宮城県で学校を挙げてiPadの導入を検討されている学校もあると聞いていますし、「地図のアップロード」や「情報の付与」等、「震災記憶地図」に関する講習会を早いうちに東北で行いたいとも思っています。
 

  「デジタル地図帳」は、いつでも使えるツールでありますが、それだけを使えばすべてが済む道具ではありません。あくまで、「紙や手作業では難しい(面倒くさい)」ことをする場合に利用するのがベストです。手でやったほうが早い(わかりやすい)時は手でやるべきだと思っています。

 例えば、いくら野外巡検で地図をじっくり見せたいからといって、地形図やらなんやら20種類くらいの地図をカラー印刷して、人数分配布するなんてことは絶対に出来ません。また、「どことどこと、どこの国を(アナログ=色鉛筆で)塗りつぶしなさい(この作業は不滅です)という時、先生がチョークで地図を描くよりも、言葉を尽くすよりも、あらかじめ塗られた地図を提示して
「この通りに塗りなさい」としたほうが楽です。

  どんなにデジタルが普及しても、「手を動かして紙に記録を残す」という学習法は、ちょっとやそっとでは揺るがないと思います。「紙?、デジタルか?」の不毛な争いをやめて、(大部分をしめる)アナログ的な学習を上手にサポートする道具として、生かして行きたいですし、何でもかんでも「デジタル万能」という悪しき風潮からは一線を引いて今後の改良を進めていきたいと思います。

  いくら音楽配信が全盛の時代でも、人はライブの音楽を聴きに行きますし、DJは、自分がいかにたくさんの音楽を知り、ストックしているかを誇張するかのように、レコードが詰まったバッグを持ってクラブに入ります。デジタル教科書やらなんやらがどんなに普及しても、手で塗り、ノートに貼り、ストックする文化は消えないと思います。・・・・電子辞書の普及で「辞書が真っ黒になるほどに勉強」なんてのはすっかり少数派になってしまいましたけど。

 ・・・といったような用途について、発表後、いろんな方と議論を深めることができました。まだまだ「珍しい道具」としてのカテゴリをでていませんが(自分自身も、授業に投入できてないですし)、近い将来、どこにでもあるツールになっていることを期待します。
 

 今日、出勤したらワークショップの主催者様から礼状を頂きました。現地でお世話になった方々にもお便りを出しているところです。また近いうちに宮城県に行く機会があればなと思います。
 



【当日配布した資料です】
summry20130825.pdf 
posted by いとちり at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック