2013年08月11日

プロジェクト「ふじぶらり」月刊『地図中心』2013年7月号

  月刊誌「地図中心」の世界遺産特集で、富士山担当ということで記事を書かせてもらいました。
 世界遺産フィーバー(?)にわく富士山麓ですが、地元民は違った見方(ある意味とても冷めてます)をしてます。「富士は富士山だけじゃないぞ」という気持ちと、せっかく表玄関にありながら通過される(なかったことにされる)「煙突や悪臭の紙の街」じゃないんだぞという気持ちを、デジタル地図を使って前に出す・・・「ふじぶらりが、「富士山のぶらり」ではなく「富士市のぶらり」であり、単なる観光アプリでなく、市民アプリとしているゆえんです。

 普段は学校の中で、決められた献立(教科書や指導要領)に従って忙しく調理をしている“給食のおばちゃん”的な我々地理教師が街に出て、”食堂のおっちゃん”
としていかに素材集め、お客を呼び、リピーターを作れるか、また食堂を永続させているかという実験でもあります(とりあえず、1年持ちました)。
 無料アプリですので、富士山麓にお越しの際は、ぜひご利用ください。
https://itunes.apple.com/jp/app/fujiburari/id530424464?mt=8

【本文ダウンロードはこちら】
chizuchu201307.pdf
hyoshi07.jpgtop07.jpg
posted by いとちり at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック