2013年07月06日

帝国書院「地理地図資料」(1学期A号)

「静岡県立裾野高校教諭」のクレジットでの第一弾です。
 GISを活用した授業実践@
 「GISを用いた汎用性の高い高校地理教育用教材の開発−とくに防災教育を視野に− 」

 

  2011年秋に、「国土交通大臣賞」を受賞した実践を文章にしました。chirichizu.jpg
  このころに比べると、データも、ソフトもハードも随分充実しています。ただ、学校の設備や環境、考え方はほとんど変わっていません。特に「防災教育」の分野は、「危ないところ探し」「正しい逃げ方」および「被災地への共感の涵養」で思考がストップしてしまっているように思います。

 「防災教育」とジャンルをくくるのではなく、あくまで「地域の成り立ちと特徴を視覚化する方法を学び、言葉と地図、景観をつなぐ」地理教育の延長線上に、災害対応を置くべきだと考えています。防災について学ぶとき、必ずしも「地元」である必要はないと思いますし、ここで取り上げた神戸のように、「天井川」とか「水無川」といった、地理でごく当たり前のように取り上げる話題から、災害のリスクと、“失敗から得られた教訓”(←ここが大事)を知るようなカリキュラムが必要だと思います。

  この夏、「iPad地図帳」を引っ提げて、仙台に入ります。「被災地」としてくくってしまうのではなく、各地の地域性、郷土性を最大限に引き出す教材を作ったうえで現場を歩いて、当地の地理の先生方と「さあ、どう使うか?」「端末やアプリをどうやって調達できるか?」についてじっくり議論したいと思います。

【本文】
https://www.teikokushoin.co.jp/journals/geography/pdf/201301g2/08_hsggbl_2013_01g2_p25_p26.pdf
【目次】
https://www.teikokushoin.co.jp/journals/geography/index_201301g2.html
【授賞式のプレゼンです】(いとちり:2011年10月27日付)
http://itochiriback.seesaa.net/article/232364471.html

posted by いとちり at 06:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お世話になります。
広告代理店をしております林と申します。

この度、弊社が提供していますブログ向け広告の
ご掲載の依頼をさせて頂きたくご連絡させていただきました。

初期費用、登録料など無料となっており、
お客様にかかる費用等は一切ございません。

現在、クライアント様から多くの予算をいただいており、
メディア様に高単価でお支払いをできる状況となっております。

※新規アカウント登録は↓こちらから
副業.net: http://go777.net/fukugyo/usr.php



無料登録案件につきましては、
商品購入や有料サービスの案件と比較して、
「お金を払うのはちょっと・・・でも無料なら試してみようかな?」
というユーザー様でもお申込みしやすいので、
とても成果が上がりやすい案件となっております。
この機会に是非ご登録して頂けると幸いです。


以上、取り急ぎ用件のみにて大変恐縮で御座いますが
何卒よろしくお願いいたします。


※新規アカウント登録は↓こちらから
副業.net: http://go777.net/fukugyo/usr.php


何かご不明な点がありましたら、
遠慮無くお問合せ頂けますと幸いです。


ご検討の程、何卒よろしくお願いいたします。
Posted by 広告掲載の依頼につきまして at 2013年07月23日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック