2012年10月06日

「ふじぶらり」ver2.0公開

  わが地元、静岡県富士市をフューチャーして、細々と作っておりますiPhone/iPadアプリ「ふじぶらり」。
 ようやくver2.0を公開しました。

 
 ダウンロードはこちらから。

 
 
http://itunes.apple.com/jp/app/fujiburari/id530424464?mt=8

 
   バージョンアップのポイントは2つです。ひとつは、「ちずぶらり」シリーズ全体の安定性向上にあわせて操作画面が変わっています。ver1では、起動時にちらっと見えていた富士山の壁紙画像(富士山官公交流ビューロー様提供)が、常時見られるようになりました。
hyoshi1.jpg

もうひとつ、地元密着の地図を2種類アップしました。

@つけナポリタンマップ
 ご当地B級グルメ、お箸で食べるスパゲッティのつけ麺(トマト風味)のお店が随分増えてきました。市内のレストランにイタリア色ののぼりが増えてきましたが、「いったいどんな料理を出しているんだろう」と関心をもたれている市民も多いのでは(何より私がその一人)ということで、公式サイトからお店紹介を転載させていただいて、地図と合体させました。GPS対応。背景地図は、富士市観光課からいただいた「ふじさんぽマップ」です。ボタン一つで普通のマップ(iOS6では何かと評判のApple純正、それ以前ではGoogle Map)
に切り替わります。

hyoshi2.jpgnapo2.jpg

Aマイレール 岳南鉄道クラシックス
  鉄道友の会静岡支部の石川副会長が、静岡新聞に長期連載したエッセイ「マイレール」から、岳南鉄道に関するものを取り出し、岳南鉄道からお借りした秘蔵の写真(昭和33年ごろ)と地形図(昭和31年版)を一つにまとめました。建設中の新幹線のそばを通る旧型車両、できたばかりの新幹線と併走する岳鉄、田子浦港ができる前の海岸など、貴重な資料が満載です。
hyoshi3.jpg

  岳南鉄道も、貨物営業が廃止されて経営が厳しくなっているようです。採算性や代替輸送に関する議論も出ていますが、この写真に登場する古い電気機関車(戦前の製造のものもあるので、当時から古い”)が、今も「動態保存」されていることを忘れてはいけません。

 今回、この地図を作るに当たり、資料を読んだり当時を知るベテラン社員の方にお話を聞く機会に恵まれました。「貨物メイン」(だった)と受け止められがちな岳鉄ですが、開業当初は伊豆箱根鉄道の傘下で、東は旧吉原市から沼津、三島をつなぎ、西は旧鷹岡町を縦断して身延線入山瀬につなぐ計画だったようです。ポスト・モータリゼーションの「富士市」の公共交通を考える上で、一つのヒントになるような気がします。

 派手さはないかもしれませんが、岳南鉄道とその沿線の歴史を一つ一つ掘り起こしていくことで、鉄道ファンだけでなく、地域の文化遺産として活かせるのではないかと確信しています。
 iPhone/iPadをお持ちの方、無料ですので是非お試し下さい。また、現地を踏査されることをオススメします。
【ふじぶらりのFacebookページやってます】
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%B5%E3%81%98%E3%81%B6%E3%82%89%E3%82%8A/319509574794006


posted by いとちり at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ipadで地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。