2011年11月07日

駐バンコク大使館の位置情報付き写真サイト

 教育GISフォーラムのブログでも紹介しました。
https://sites.google.com/site/egisforum/home/blog/ribendashiguantigongbankokunozuixinxiezhen

 駐バンコク大使館による、日替わりの洪水情報。GPSカメラか何かで撮った位置情報付き写真が、Googleの写真共有サイトPicasa経由でアップされています。「Google Earthで開く」を選択すると、kmlファイルがダウンロードされ、Google Earth上に写真が散らばるという塩梅です。教育GISフォーラムで何度か取り上げてきた、タイ政府発のkmlファイルと重ねると、現状がよくわかりますよという記事を書きました。例えば、11月8日の浸水状況と、現地の写真(↓)日泰(タイ)コラボの地図であります。
20111106.jpg












更に、「地図太郎」ユーザーの皆様に、マニアックなお話を。

このサイトにアップされている写真には、すべて位置情報Exifがついています。
適当に写真をダウンロードして、地図太郎に放り込むと、位置が表示されます。
背景地図として、タイの地図がないので、真っ白な画面の上に点が載るだけですが、kmlファイルやShapeファイル、一覧表のcsvファイルに変換することはできます。
国内の写真の共有には、何か役に立ちそうな気もします。
posted by いとちり at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック