2011年10月28日

タイ洪水マップ第三弾 バンコク詳細編

  教育GISフォーラムのデータBarシリーズ第16弾、タイの洪水データの第三弾です。バンコク市内の現状を最新のGISやCG技術を使ってモニターするサイトを見つけました。(⇒こちら

  CGによる街路の表示や、運河の流路断面の表示など、とても凝ってます。読者からの投稿やTwitterへのリンクなど、内容も充実しています。が、非常に残念な事に、Googleの自動翻訳との相性が悪いため、何を書いてあるかがさっぱりわかりません。最初、こちらのマシンの問題か、回線の問題かな?と思ったのですが、昨日取り上げたのGISTDAは、全くストレスなくすいすいと翻訳してくれので、制作者側の「作り込みすぎ」が翻訳を妨げているようです。
 
 せっかく「おっ!」とうならせるいい技術を持っていながら、外国語の対応がほとんど考慮に入っていない「とてもかっこいいけど残念な」サイトです。
cannalmal.jpgcannalcg.jpg


  




 ●地図上のアイコンをクリックすると、運河の鳥瞰図と流路断面図のCGが出ます。
  かっこいいけど・・・・翻訳できずに意味不明(泣)。
posted by いとちり at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック