2011年10月26日

タイ洪水情報第2弾

 教育GISフォーラムのデータBarシリーズに、タイの洪水情報の第2弾をアップしました。
https://sites.google.com/site/egisforum/home/blog/detabar15taizhengfufahongshuiqingbao
 Googleの「サイト翻訳」を駆使して、タイ語を日本語に訳して、リンクをたどりながらいろいろと見つけました。

 タイには、GISTDA(地理情報宇宙開発機構)という、日本のJAXA(実際に提携関係にある)と国土地理院を合体させたような機関が、衛星写真の解析による洪水情報をリアルタイムで流しています。なかなか面白い機関だなと思いますので、こちらのブログには、GISTDA関連のリンクを貼ります。

概略(Wikipedia)
JAXAとの共同ワークショップ(2011年6月にバンコクで実施)
 「洪水ワーキンググループ」、「リモートセンシングによる稲作管理ワーキンググループ」など、「地理ネタ」になりそうな報告集がPDF化されたスライドとして公開されています。
GIS TDA GIS tool kit for schools(タイ語)

 Googleで自動翻訳したところ。30人の(高校の?)先生が参加して、2日間にわたってGISワークショップをしたこと、旅費は政府持ち(=出張扱い)であること分かります。肝心のプログラムは、PDFなので翻訳できませんでした。

 台湾に行った時もそうでしたが、地理教育関係者には、女性の先生が多いようです。少なくとも、女性というだけでものすごく珍しがられる程ではなさそうです。


 今回の大洪水、まだまだ予断を許しません。衛星写真の解析や地図を描くスタッフは、不眠不休でがんばっていると思います。リンクを貼ったり、日本語で解説を入れるぐらいしかできませんが、現地で暮らしている日本人の皆さんのサポートと、最前線で体を張って水を阻止しているタイの皆さんにエールを送って行ければと思います。
center.jpg

迫る水(2011.10.26現在の浸水域)
川が大きく蛇行している場所の西側がバンコクの
中心街。
GISTDAの洪水モニタリングサイトより。
「教育GISフォーラム」データBar15からリンク
しています。
posted by いとちり at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
川の両側ともバンコクです。中心地は川が東に大きく蛇行する手前あたりです。
Posted by T.Yanagita at 2011年10月30日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック