2011年04月04日

新連載「評伝・守屋荒美雄」

  月刊「地理」2011年4月号より、短期集中連載を始めました。56041.jpg

  教科書や地図帳でおなじみの、「帝国書院」の創業者、守屋荒美雄(もりや すさびお:1872〜1938)の伝記です。氏については、当ブログでも取り上げてまいりましたが、改めてフィールドワークを試み、
「土地」にこだわって綴ります。

 連載は、生誕から少年期、上京して教師となり、一念発起して「起業」を志すまでのダイジェスト版です。本編は、出版目指してせっせと取材を続けています。
 
 お陰様で好評です。
「元気が出た」「鼓舞されたというお便りも頂きました。近頃、「地理教育は危機的だ」というのがあいさつ代わりのようになっています。電気(GIS)だろうが伝記だろうが総動員して、せっせと地理を元気にする(・・・なんて、韻を踏んでみました)ことが、この101歳違いの大大大先輩に対して私ができる事かなと勝手に考えています。

 「いとちりポータル」の方に、PDFファイルをアップしました。例によってサイドストーリーもまた載せて行こうと思います。それにしても、「神田神保町」
というのは、わくわくする街ですね。


posted by いとちり at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊「地理」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。