2011年03月12日

警戒態勢

今回の地震で被災された方に心からお見舞い申し上げます。

学校の防災担当として、地理教員として何ができるか考えています。
同時に、いつでも持ち場に付けるよう、警戒中です。

(1)持ち場のリスク確認を。
海と断層はつながっています。ゆさゆさ長く揺れ、近くが大きく動きました。
今後頻発する地震が、「余震」なのか「連動した直下型地震」かは、後になるまでわかりません。あと、明日来ても10年後来ても地学的には「最近」です。
●ハザードマップポータルサイト

http://disapotal.gsi.go.jp/


●毎日の震源地の分布図(気象庁)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/daily_map/index.html
●最近1週間の地震活動(気象庁)
http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/weekly_map/index.html

shindo0311.jpg















nishi1week.jpg















(2)予報、勧告に注意
地震計、GPS観測網により、今後「観測情報」が出ることがあります。「はずれ」でもいいので、ちょっとでも以上を感じたら躊躇せずに出して頂きたい。出たら信じて動くことです。

(3)現地の支援
 
そして被災地の支援です。我々にできる事は、被災地の学校の担当者の先生方が忙殺されるであろう膨大な事務(例えば、学校ごとの避難者名簿の作成と、Webへのアップ、学校から関係者への伝達等)をどこまで手伝えるかだと思います。ただ、プライバシーにかかわる情報を扱う事になるでしょうから、個人の善意では動けません。教育委員会など、組織間の交渉を注視しながら、Goサインが出たら率先して動けるようにすることだと思います。

 広範囲に及んでしまった被災地の先生方、ぜひ振れるものは振ってください。
 日本中の「総務課學校防災係」は皆さんのパートナーです。

【リンク】
 
静岡大学防災総合センター准教授 牛山素行先生のブログ
http://disaster-i.cocolog-nifty.com/blog/
 
前任は、岩手県立大学の地理学者。この春から「ふじのくに防災フェロー講座」でお世話になります。
 テレビのコメンテーターとは違った視点の情報が得られます。
posted by いとちり at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック