2011年03月07日

都市油田―天ぷら油から廃プラまで

 今年のわが県の公立高校入試の問題に、「都市鉱山」(電気製品や携帯電話等に入っている貴金属)に関する統計の問題(世界の鉱石の埋蔵量との比較)が出て、「へぇ」と思いました。今月から、地元の小学校で「使用済み天ぷら油の回収」をするようになり、「ほぅ」と思いました。へーほー言ってる場合じゃないんですが、考えてみると、天ぷら油やらプラスチックやら、リサイクルすれば「油田」だよななんて思ってちょっと検索したら、そのものずばりの運動をしている方々がいました。じわじわと原油の値段も上がっていることですし、こうした技術が脚光を浴びる日が近いかもしれません。

【リンク】

てんぷら油でエコ燃料 「東京油田力」
goo ニュース 2011年3月4日(金)13:00
http://news.goo.ne.jp/article/alterna/life/alterna-ftr4759.html
2011人から1リットルずつ集めて2011リットルで電気をおこす、2017年までにすべての天ぷら油をリサイクル等、数字が具体的で面白いですね。
○日本油田化プロジェクト
http://www.ecobio.co.jp/
松山市の企業。回収だけでなく、天ぷら油から作った燃料も販売
○バイオディーゼル・アドベンチャー
http://biodieseladventure.com/japanese/menu/feature.html
冒険家、山田周生氏がトヨタのランドクルーザーに自分で精製できる機材を積み込み、行く先々で天ぷら油をもらって旅するプロジェクト。日本一周、ヨーロッパ周遊、パリダカラリー参戦、そして世界一周まで。
「現在地」のコーナーを開くと、Google Mapで旅の道筋が分かる。2011年2月現在・・・おや、この辺も通っていたんですね。
now.jpg











○株式会社ブレスト(神奈川県平塚市)
http://www.blest.co.jp/
廃プラスチック油化装置。動画で詳しく解説。
餅つき機ぐらいの大きさの機械にプラスチックを突っ込むと石油に戻るプロセスは圧巻。出前授業もしてくれるらしい。社長のインタビュー動画のYoutube版はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=AI9EJaI_lWY
○御池鐵工所 リサイクル・ルネッサンス(Youtube)
http://www.youtube.com/user/miikemania#g/u
広島県福山市の粉砕機メーカーによる、自社製品の使い道の紹介。廃プラスチックの油化、ペットボトルの再利用、木質ペレットの製造など、専門的ではあるが、教材として使えるかも。
○フジテックス環境事業部
http://www.fjtex.co.jp/kankyo/00pla/oil.html
廃プラスチック、発泡スチロール、廃タイヤ、電線などから油を取るプラントの紹介。それぞれの素材に1トンあたりどれぐらいの石油が取れるか等を説明している。
○「都市鉱山」の次はこれだ!(いとちりbooks 2009年9月5日)
http://d.hatena.ne.jp/itochiri/20090905/1292159042
この本のレビューを書いています。
yuden.jpg
posted by いとちり at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック