2011年02月02日

「富士山の日」記念遊覧飛行はいかが?

 今年から始まる静岡県のローカルホリデー、「富士山の日」(2月23日)に合わせて、静岡空港発着の「富士山遊覧飛行」その名も「富士山3776号」というチャーター便が飛ぶそうです。
http://fs-airport.com/news/details.html?CN=20742

 元旦に各航空会社が羽田から飛び立って、「空からご来光を拝む臨時便」なんてのはよく聞きますし、以前、このブログで「新設される“羽田〜名古屋線に対抗して、静岡―羽田―茨城線」を飛ばして、すぐ着くのも何なので、静岡離陸後は富士山上空を旋回したら?(いとちり:2010年9月7日)なんてことを書きましたが、似たようなことをやるようです。
 心配されるのは当日のお天気ですが、今年は偏西風が思いっきり蛇行しているらしく、静岡市では37年ぶり、浜松市では1883年に観測が始まって以来、「1月の降水量0.0o」(三島は0.1o)だったそうです。フライトは2月19日ですから、かなりの確率で晴れるのではないでしょうか。

 わが地元富士市でも、「そういえば、前に雨が降ったのはいつだっけ?」というくらい晴天が続いています。学校から見る富士山も、毎日くっきり。雪が風に飛ばされてしまっていつもより地肌が見えているような感じもします。
 気象庁で「過去の天気のデータ検索」というサイトがあるので、調べてみました。いやー、富士市も0.0oの行進ですね。最後にまともな雨が降ったのが2010年12月28日(1.5o)、その前が12月22日(15.5o)です。「連続34日晴天記録」(今日も更新中)です。

 とは言え、2010年の1月を見てみると、雨が降った日が3日間、1月の月間降水量は34o、平年値(1979年〜2000年の平均)が66.2oですから、0.0oだからと言ってそう大騒ぎすることもないかもしれません。それにしても、日本海側が記録的な大雪なのに、太平洋側はカラカラ。日本列島ってなんかすごいところですね。

 飛行機で飛ばなくても、ここしばらくは富士市役所のライブカメラは、かなりいい感じで富士山をとらえてくれると思いますし、富士山の写真を撮りに行くなら今がいいチャンスだと思います。夕方が特にいいですよ。おっ、今朝は珍しく曇ってる。
GetStillImage.jpg 
 












【リンク】
静岡エアコミューター(株)
http://www.sacc.co.jp/index.html
富士山頂までヘリをチャーターしたい場合はこちら。

富士山をねらうカメラマンも多数の方が利用されています。当社は富士山に近い航空会社として、設立当時から相当数の富士山への飛行を行っております。富士山独特の気象状況を熟知したパイロットが安全、確実に富士山頂までお連れいたします。(「チャーター」のページより)

 富士山頂の上を飛ぶのがいかに難しいかは、「プロジェクトX 第1回」(富士山レーダーの建設、気象庁時代の新田次郎先生が登場)を見るとよくわかります。「ギャラリー」の写真も迫力あります。冬はめちゃくちゃ寒いんでしょうね。x001.jpgsancho.jpg
posted by いとちり at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | City&Mt.富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック