2010年12月15日

よかったね、BKC

  立命館関係者は小躍りしているのではないでしょうか?

新快速が南草津に停車へ 来年3月のダイヤ改正

 JR西日本が来年3月のダイヤ改正で、南草津駅(滋賀県草津市)に新快速電車を停車させることが15日、分かった。これにより大阪−南草津間は約15分短縮され、45分程度で結ばれることになるという。

 関係者によると、同駅は周辺の宅地開発や立命館大びわこ・くさつキャンパスの開校などの影響で利用が増加。県内では草津駅、石山駅に続き、乗降客は1日あたり4万4千人に上るという。

 地元自治体などはこれまでに新快速電車の停車を求め、約6万2千人分の署名をJR西に提出。JR西が停車を決めたとみられるという。

(産経新聞12・25)



 BKCが出来たのが、確か自分が大学3年の時。
 衣笠キャンパスで、工事現場でよく見る
「赤白の測量棒を持った、男むさい集団」といえば、理工の土木文の地理かと言われていたのが、壮絶なお引っ越しを経て、がらーんとしてしまったのを覚えています。

 「地理学科が、文学部から独立させてもらって日本初の"地理学部”になる代わりに、BKCに連行されていくらしい」というまことしやかな噂が流れて、戦々恐々としたものです(今のところ実現には至っていませんが)。

 卒業後、色々回り道をして、母校の附属校に勤めていた頃、何度かBKCに出かけて行って、セミナーハウスで合宿なんかもさせてもらいました。
「うーん、きれいで広いんだけど、不便だなあ」
というかんじだったのが、いよいよ新快速停車とは。そういえば、「新名神」が出来たばかりの頃、こちらから車で通って行きましたが、インターの出口の眼の前がBKCなんですね。いやー、開けて行きますね。

 そういえば、BKCのそばになぜかぽつんと1軒、
「セイコーマート」(北海道資本のコンビニ)があって、北海道出身者(附属校が1校あり、私もそこの教員だった)の心を癒していたのはまだ健在かな。
 
 そういえば、昨日「いとちりBooks」
に慶応大学(について書いた本)のことを書いたらアクセス数がものすごい上がりました。母校のことをGoogle アラートとかで頻繁にチェックしている人が多いんでしょうね。

ではあれどもにはあらず」

本の中に出て来たこのフレーズ、すごく気に入りました。
SFCのライバルとして、別府のAPU(立命館アジア太平洋大学)も載ってましたよ。初期に乗り込んでいった教え子(みんな卒業してるけど)達は元気かな。

 内輪話で失礼しました。
 春になったらうんと遠いところに進学する(かもしれない人も含めて)皆さん、頑張ってくださいね。
 地方は地方で楽しいですよ。

posted by いとちり at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | いとちりのコンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック