2010年10月09日

「国土基盤地図情報」がやってきた

  ダウンロードサイトはこちら。
  http://www.gsi.go.jp/kiban/index.html  

  「縮尺2500分の1の、自由に使える白地図」です。
  10月1日より、我が「富士市」が登場しました。
  「地図太郎」で開いてみました。JRの富士駅付近です。
fujistation.jpg 








拡大してもきれい。
honcho000.jpg









  デジタルですから、必要なものだけを表示したり、消したりできます。例えば川だけ強調して標高点を添えてみるとか。
kasen.jpg








honcho001.jpg用途は・・・・うーん、白地図ですから、「いろいろ」なんです。
プリントアウトて現地調査をしたものをまとめるとか、GPSを持って分布を調べるとかいう時のベースマップになるはずです。

  例えば、子どもの頃(我々の場合は、大学1年の最初にも)にやった「商店街のお店屋さん調べ」(今は空き店舗調べかな?)を手分けしてやることなんかが考えられます。
 適当に何件か塗ってみました。地図太郎上では、塗った店1軒毎に属性情報が付きますので、後で「開店年代別」の塗り分け」とかいうような形で一括塗り分けをすることができる(はず)です。

 いろいろといじりながら、用途を考えてみましょう。
posted by いとちり at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック