2010年10月03日

Googleストリートビューで南極が見られるように

 なったんだそうです。撮影隊が上陸したのかと思ったら、ユーザーが投稿したペンギンの画像だとか。
 ところで、この「ストリートビュー」、上手く使えば「教室に居ながらにしてフィールドワーク」(とはこういうもんだと教える)できるのかなと思いつつ、「実戦(実践)」にはまだ投入していません。

 Googleのサポートページを見たら、今「ストリートビュー」が見られる場所をGoogle Mapにして公開していました。
http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/where-is-street-view.html

streetview.jpg
 






 わが静岡県は、まだ「未踏破」ですね。衛星写真が妙に荒いと、なんか「田舎扱いされている」気がして嫌ですが、ストリートビューにまだ「侵略」されていないと妙にほっとするの私だけでしょうか。

 そのうち、スパイの車みたいなのが来るんだろうなあ。うっかり会ってしまって、自分の姿が「景色」として世界に公開されると思うと、やっぱり気まずいですよね(一応、顔はぼかすみたいですけど)。
「富士登山」をストリートビューでできるようになったりして、要所要所で「下界」を見下ろせたりして・・・・
それはそれですごいかも。
street02.jpg








個人的にはとっても懐かしい、札幌の大通公園。ところどころのスポットをクリックすると、冬の景色になったりします。ちょっと見ないうちに「ストリートビュー」も進化しましたね。
posted by いとちり at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック