2010年09月19日

ブラタモリ2ndシーズン

 10月7日から始まるそうですね。
 公式サイト
http://www.nhk.or.jp/buratamori/

 番組の内容もさることながら、注目したいのは「関連サービス」がどれくらい盛り上がってくれるかです。
 前回は、「ブラアプリ」という、i-phone向けのサービスが期間限定で出され(現在は配信休止中)、関連の場所や番組の動画とリンクしたガイドがされていました。

 【開発元のプレスリリース】
 http://www.koozyt.com/solutions/amp/bra-appli/
 【開発担当者の座談会】  http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1001/29/news016.html
 
 あのころと違って、今は“iPad”がありますし、江戸の古地図が安く手に入るアプリ“こちずぶらり”もあります。私自身、東京に行くたびに「こちずぶらり」の古地図を見るのですが、古地図だけを見ていてもわけがわからない(くずし字が読めない)ので、やっぱり「ブラタモリ」的なガイドが必要です。前回の「ブラアプリ」はGoogle Mapとの連動(古地図上の表示はなし)でしたが、今度出す際は是非「古地図連動」機能を付けてほしいと思います。こちずぶらり上のリンクを増やすか、別アプリとなるかわかりませんが、インパクトは大きいと思います。
 
 タモリさんご自身は、「こちずぶらり」を知ってるんでしょうかね? 嬉々として眺めるか、「いや、古地図は紙に限る!」というか、興味があるところです。
 アプリはできなくても、番組の動画をiPadに入れて新幹線の中で見て、スキャンしてた古地図と、Webサイトを見ながら東京を歩くという
「なんちゃてブラタモリ」、東京方面に出張があったらやってみたいと思います。
【リンク】
ブラアプリという実験(関連アプリへのリンクあり:いとちり2010年1月27日)
http://itochiriback.seesaa.net/article/139529878.html

●「ブラタモリ」視聴のおともにデジタル古地図(いとちり:2009年10月9日)
http://itochiriback.seesaa.net/article/137306387.html

 ここで紹介されている「MapShop」で、ブラタモリで登場する古地図を入手できます。
 紙にプリントアウトされた大判を買うこともできますが、もともとのストックがデジタル画像なので、¥5250(税込)を払うと、デジタルデータをそのまんまもらえます。GPSには対応しませんが、iPadで「こちずぶらり」もどきはできるはず。さて、この¥5250は、高いか安いか・・・・。
 そう遠くない将来、大学生が教科書代わりにiPadを持ち出したら、
「野外巡検の友」として配布(解説を付けて電子ブックで販売?)も面白いかもしれません。


posted by いとちり at 06:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ブラタモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いとちり先生が聴き逃してしまった、G空間EXPOの「ブラタモリ」のチーフプロデューサーのトークショーでは、放映予定が披露されていました。
いままでに決まっているのは、築地、丸の内、西新宿(淀橋浄水場)、横浜港(港湾施設)。
街歩きから社会科見学に展開するようですね。
タモさんは、朝6時に起きて、「いいとも!」までの間に、ひとりブラタモリを楽しんでいる、というお話でした。
Posted by oshimapanda at 2010年09月21日 09:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。