2010年08月20日

ipadで変わる高校地理の授業(国際地図学会特別セッション)

 国際地図学会定期大会(日本大学文理学部)に行ってきました。
 毎年、この時期に行われるこの学会。一応、会員なんですが、あまり「同業者」が多くないことと、自分で考えて発表しに行くのではなく、何かしかの「お題」をいただいて報告するものですから、「アウェー」の気安さで、「ファウルすれすれのプレー」(アジテーション)をしに行くのが常になっております。
 
 ご多分にもれず、今回も、「ipadで高校地理が変わる」という趣旨のことを話すように依頼され、まあ、こんなアプリがあるし、浸透したら変わるんじゃない?というような柔らかい要旨を書いていたのですが、それから2ヶ月ばかり、「デジタル教科書」論争を読み込んだり、「情報教育の研修会」に出ているうちに、「ipadがデジタル教科書として浸透するわけがない」という結論(確信)に達し、タイトルと逆の事から説き起こして、「でもね・・・・」と持っていくプレゼンになりました。座長さんが一番ひやひやされたと思いますが、一応「オチ」はついたかなと思います。

 「イケメン俳優と美人女優」(クオリティの高い国産の地図)をipadに載せて世界に打って出ることはとても意義ある事である。ただし、その舞台を引き立たせるためのシナリオを書き、演出できる人間(たぶんそれが我々教師なんですけど)が上手くなければ、興業的に成功することはない。

 という例え、文科省の先生に偉くほめていただきましたが、実はそちらのボス、鈴木副大臣のパクリです。東大の学生演劇出身だけあって、何かと演劇に例えた発言が多いので、使ってみました。
 スズカン副大臣、近く、この日大のキャンパスで「教育実習を1年に」という持論を引っ提げて、シンポジウムのパネリストとして出られるんだとか(というビラがあちこちに貼ってありました)。うーん面白そう。

 「これからの教育をどうするか?」という議論で、何かと「キャスト」(子供たち)のタレントをどうするかという議論になりがちですが、シナリオ(教科書)を書いたり、50分、1年間、3年間、6年間、そして12年間という長いスパンで興業をデザインできる教師の「プロデュース力」を育てることも大事なんじゃないですかねなんて偉そうな議論をしてしまいました。そういう点から考えると、より少ない投資で新たに参入が可能になる「デジタル教科書」が普及するのも一理あるかなと思います。まあ、「すべての子供にデジタルを」とか、「紙の教科書で勉強しないと人格が壊れる」とか両極端の議論は放っておいて、紙とデジタル両方で出版して、辞書のように、紙が好きな子は紙、デジタルがいい子はデジタルという感じで、
「高校生徒以降」で生徒に選ばせるくらいが自然なのではないでしょうか。

 「デジタル地図帳」は、実現すれば絶対に流行ります。社会人の「高校地理未履修者マーケット」、「高校地理を学び直したいマーケット」は、かなり大きいと思います。後は業界の「決断と投資」ですね。
アウェーの気安さで、かなりラフにあおってしまった感がありますが、地図業界の皆様、いかがなものでしたでしょうか。またご感想を頂ければ幸いです。

 明日は、今日のお話をいただく前から参戦を予定していた「ホームゲーム」である日本地理教育学会(山梨大学)で、ガチガチの教育実践のプレゼンをします。

【プレゼンスライド】ipad001.jpg
itochiri20100820.pdf
(フルスクリーン版)

s-itochiri20100820.pdf
(6分割配布資料版)

【予稿原稿】
y-itochiri20100820.pdf
posted by いとちり at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック