2010年06月03日

「グリーンニューディール沖縄」考

 まずは、こちらのパワーポイントスライドをどうぞ。
http://www.nijidenchi.org/up_image/20090424_greennew_deal.ppt
 東京大学大学院工学研究科教授の宮田秀明先生によるものです。

 地理屋さんとして非常に興味が持てるのは
「沖縄本島に電気自動車用の充電スタンドを置くための候補となる施設のマップ」(コンビニ、ガソリンスタンド、郵便局など1102箇所)(スライドNo.32)返還される米軍基地用地(普天間など)に風力発電や太陽光発電設備を据え付けてスマートグリッドを実現するためのマップ(スライドNo.33)でしょう。普天間飛行場跡地に自然エネルギー発電所を作った際の想定発電量(スライドNo.36)も興味深いです。

 題して「グリーンニューディール沖縄」構想。沖縄本島は、南北わずか110kmの「絶海の孤島」だからこそ、車が県外へ出入りすることがほとんどないからこそ、航続距離が短い電気自動車による社会実験が出来る・・・・・なるほど、地理的条件を逆手にとってしまおうという戦略です。

 とりあえず、島内に約2万台あるレンタカーをすべて電気自動車に置き換えたいというビジョンを持っているようです。「環境に優しい島」「大手を振って自動車を使って観光できる観光地」というイメージで売り出せば、日本だけでなく、世界のビーチリゾートとも差別化出来るのではないかと思います。

 スライドの締めのキメ台詞は
「観光と基地の島」から「観光と環境と健康の島へ」沖縄から日本をChangeしよう」・・・・うーん、鳩山総理も、こういうプロジェクトの現場を視察したり、「普天間後」
のビジョンを熱く語れたならば、こんなことにはならなかったのではないかと今更ながらに思います。

 ところで、「この人が党首のままだったら、私は落ちるので何とかして」なんて嘆いているような議員さんてどうなんでしょうか。失業するのが怖いのは分かりますが、
6年間の自分のキャリアに対する審判の前に、「ボスが悪いから選挙が戦えない」と本気で悩んでいるようならば、立候補しない方がよいです。有望な新人がいるはずですから、そうした方にバトンを渡した方がいいのでは?と思います。

 考えてもみて下さい。国会議員は、日本で出されているすべての書籍が集まってくる日本最大にして最強の図書館(国立国会図書館)が使い放題、日本中どこに行くにもフリーパス、しかも憲法で保障された伝家の宝刀「国政調査権」を振りかざせば、たいがいの資料にアクセスできます。参議院議員なら、途中で解散もなく、まるまる6年間勉強して政策を考えて法案を作れます。

 党首が悪いから選挙に勝てない」んて言っている人達は、「先生の教え方が悪いから試験に合格できない」と言っているのと同じレベルだということを自覚してほしいものです。単に自分の勉強量に自信を持てない人の言い訳にすぎません。自分の仕事に自信を持っている議員ならば、たとえ落選したとしても、しっかり充電して次を狙いに行くでしょう。地元に密着した時間を得るチャンスと思って働いてくれるなら、浪人中も支援してくれる人達がいるでしょうし、そういう人を支える人こそ真の後援者だと思います。名簿片手に電話を掛けまくり、テレビカメラの前でバンザイする人だけが後援者ではありません。毎月そっと献金を重ねて行く人だっているはずです。候補を立てる方も、何かそうした「政治の基本」をすっ飛ばして、ただ単純に知名度の高い人を立てているだけのように見えてなりません。

 政治家がなぜ「先生」と呼ばれるか。一般人よりも一歩も二歩も先の世界を見通して、「先を生きる」からだと思います。マスコミの言説(基本的にあれはお金を稼ぐための“商品”です)を追っかけて空気を読んでそれに乗っかってさも自分の考えのように発言しているだけの人を「先生」とは呼びません(これは、自分自身への戒めでもあります)。

 沖縄のビジョンから話が逸れましたが、鳩山総理退陣に、「なんだかなー」という思いが強かったので、こんなことを書きました。

【リンク】
ちょうど今読むのにちょうどいいと思い、図書館で借りてきました。
この人の孫が前首相なわけで・・・・・。
ピュリズム=大衆迎合主義
吉田茂 ポピュリズムに背を向けて
●1人乗り電気自動車のレンタカーが走る島(渡名喜島)
http://www.shimanavi.com/tonaki/accessTounai.html
沖縄本島の南にある小さな島。本島よりも早く電気自動車のレンタルが定着。
ゴルフカートみたいです。1時間¥800。




posted by いとちり at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | City&Mt.富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック