2010年05月31日

ラジオに出ました。

 学校の近所のコミュニティFM、「ラジオf」の夕方の番組に、生出演させてもらいました。夕方、帰りによく聞いている番組なので、今日、DJの方から確認の電話を頂いたときは、「おお、ラジオと一緒の声だ」と感心し、スタジオに入ってCMが自動で流れて行く機会を見て「すげー!」と感動、帰りにカーラジオから流れるDJを聞いて、「おおっ、やっぱりおんなじ声だ」と感心。なんともミーハーな夕方でした。

 内容は、今週末、文化祭でやる防災イベントの宣伝です。委員会の委員長さん、副委員長さんと3人で出ました。
 タイトルは「浸る富士」。旧版地形図→新版地形図で洪水に遭いやすい場所を示し、新版地形図上に浸水地点をプロットして、それを旧版地形図で見いてみようというもの。

 川が氾濫した時の「ハザードマップ」はありますが、実際の洪水は、堤防が決壊しなくても起こります。特に、湧水に恵まれたこの街は、ちょっと集中豪雨があればあっという間に水がたまります(湧水と“鉄砲水”は紙一重)。地図を見ると、「浸水常襲地帯」がわかります。

 ゲリラ豪雨のピークは、梅雨の終わりの7月に集中しています。
 今年は派手なのが来ないことを祈るばかりですが、浸水が起きることを前提に備えた方がよさそうです。「起きたらどうしよう」ではなく、「起こるもんだ」という前提で動く時代に来たのかもしれません。
 地図とビニールシートとマジックペンで表現するGIS(地理情報システム)。冗談半分で「アナログGIS」と呼んでいますが、ビジュアル的なインパクトはパソコン以上です。出来あがったらこちらにも画像をアップしたいと思います。
 御近所の皆様、6月5日は是非文化祭にお越しくださいませ。結構大きい地図になります。

【リンク】富士市の災害の歴史がわかるサイトを集めてみました。
潤井川や富士川って、今は穏やかですけど、昔はかなりの「ワル」だったんですね・・・・。
 静岡県市町村災害史 富士市(静岡県地震防災センター)
 
http://www.e-quakes.pref.shizuoka.jp/data/saigaishi/sh027.htm
 
富士市の自然災害について(富士市役所)
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/menu000012200/hpg000012153.htm
 
 富士山麓の土砂災害の歴史(国土交通省富士砂防事務所)
http://www.cbr.mlit.go.jp/fujisabo/jigyou/sd-rekisi.html
 
浸る富士―Google Earthにハザードマップを載せる
(いとちり2009年8月24日)
http://itochiriback.seesaa.net/article/137306340.html
KMZファイルがリンク切れになっています。すみません。
posted by いとちり at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | City&Mt.富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック