2010年05月05日

いとちりBooksから

 連休の合間に、ざっくりと読書をしました。子供を遊ばせる合間や、昼寝させている合間や(自分も寝たりして)いろいろ読めました。
 久々に書評ブログ「いとちりBooks」にアップしましたので、よかったら見て下さい。各記事にリンクを貼ります。

 ○クルマの勉強をしたくなったら
 中部博:「世界が俺を待っている―本田宗一郎伝」集英社
 村沢義久
電気自動車 ―「燃やさない文明」への大転換」
 
 ちくまプリマー新書

○敗戦というより不戦敗?
 杉浦一機 「エアライン敗戦―格安航空来襲とJAL破綻」 中公新書ラクレ

○まじめに進路を考えたいのなら読むべし
城繁幸「7割は課長にさえなれません 」PHP新書

○文系向けためになる理科本

伊達宗行 :「理科」で歴史を読みなおす (ちくま新書)

世界が俺を待っている 本田宗一郎伝

【一押しです】
中部博:「世界が俺を待っている―本田宗一郎伝」集英社
 対象が対象だけに「面白いに決まっている」と言われればそうなんですが、著者があとがきで書いているように「本田宗一郎に当たっているスポットライトを一つ一つ消していったら、彼が照らし出した他の人達の顔が見えてきた」という一歩引いたクールなタッチがいいです。1994年刊。今はなくなってしまった「月刊PLAYBOY」の連載に大幅加筆。

posted by いとちり at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148853938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック