2009年10月09日

「ブラタモリ」視聴のお供にデジタル古地図

今週は、ちゃんとビデオに撮って見ました「ブラタモリ」。ただ、朝ごはんをこしらえつつ、ちらちらなので、またじっくり見たいと思います。今までのブラタモリ記事をまとめて、「ブラタモリ」カテゴリも作りました。

今週は上野。いやー、実に深いですね。引っかかる用語でどれだけ検索をかけられるのやら・・・。とりあえず、案内役の寛永寺の管長さんが書かれた本が図書館に何冊かありましたので、早速借りて読んでみようと思います。

ところで、この番組から火がつく(かも)であろう「江戸の歴史地理学」ネタ、ためしにAmazonで検索してみたら、まあ出るわ出るわ・・・・・既に大きなマーケットが確立しているようです。この番組を見て「セルフブラタモリ」(コースを自分で歩いてみる)という人は、何を買っていいか迷うくらいですね。

 Amazonで「東京 古地図」あるいは「江戸 古地図」で検索するとわんさか出てきます。

 「京都 古地図」でもたくさん出ますね。やっぱり、古地図や絵図のストック量がものをいいます。昔の観光ガイドみたいなものですから・・・・・。ところが、我が「富士山 古地図」はゼロでした。さすがに富士山までブラブラはできないということでしょうか。古地図は結構たくさんあるんですけどね・・・・。

 古地図ウンチク本もいいですが、今風にパソコンでじっくり見てみようというならこんなサービスもあります。番組でタモリさんが見ている江戸期の古地図は、こちらから画像で見ることが出来ます。

【地図専門店“MAP Shop゛の「古地図」コーナー】

「描かれた場所を古地図で確認」のコーナーを開き、任意の浮世絵をクリックすると「江戸地図」というアイコンが出てきますので、それを開くと江戸全体が見えます。

http://www.mapshop.co.jp/oldmap/

単純に地図をぐりぐりスクロールしたい場合は、こちらです。

http://www.mapshop.co.jp/cgi-bin/mapshop/shop/prod_view.pl?_PIDList=M22317K0043

印刷版、ダウンロード版、それぞれ販売しています。A0版で¥8400.教材にいいかもしれません。

便利になったもんですね。

明治以後の地図の変遷ならば、MANDARAの作者、谷謙二先生の「今昔マップ2」もあります。

サンプル版を頂いて以来、本腰を入れて触っていないので、また研究してみたいと思います。

 秋の夜長、デジタル古地図を片手にブラタモリ・・・なんか、マニアックですが、楽しいんじゃないでしょうか・・・・?

 



posted by いとちり at 18:25| Comment(1) | TrackBack(0) | ブラタモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いとちり先生、きょうはGIS講習会お疲れさまでした。
これ、いいですね。Google Mapで写真が出るみたいに、この江戸地図は浮世絵が出るんですね。

切絵図だったら、goo古地図も使いやすいですよ。
http://map.goo.ne.jp/history/area_top.html
慶應義塾大学は、松平主殿頭邸跡です。
http://map.goo.ne.jp/history/map.php?st=100&kr=20-2
Posted by oshimapanda at 2009年10月11日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。