2009年08月24日

「浸る富士」Google Earthにハザードマップを載せる

 「洪水を実感を込めて学ぶ教材」第二弾です。

 Web上で見かけることが多くなったハザードマップ(災害想定地図)。 その多くはPDFファイルで配布されています。Jpegに変換して画像ファイルにして、「地図太郎」上で、地形図を目印に位置と場所を合わせて、仕上げにKMLファイルに変換すると、Google Earth上でハザードマップを見ることができます。 

 手順は意外と簡単。でも、位置合わせが大変面倒くさいという代物。どのあたりで妥協するかがポイントかと思われます。 ハザードマップを下敷きに、地形図を改めて塗りつぶすのが、勉強にもなるし、一番きれいかも・・・・。
 詳しい手順はまた書きますが、とりあえず出来上がったものをアップしますので、地元住民の方、お楽しみください。 

 

【Google Earth ファイル】  

uruigawa.jpg富士市洪水地図(潤井川編)uruigawa-river.kmz  

 富士市洪水地図(富士川編)  fuji-river.kmz

 

 

 

fujiriver.jpg

 

※両方開いて重ねて透かすとこんな感じになります。

富士川と潤井川(富士川の旧河道とも)の同時氾濫・・・・うーんあんまり考えたくない図ですが。

fujiflood003.jpg

 原図はこちらです。PDFファイルで配布されています。

http://www.city.fuji.shizuoka.jp/hp/page000009000/hpg000008940.htm

国土交通省の甲府河川事務所が、富士川氾濫シミュレーションCGを公開しています。

「新富士駅前」では、想定水位2.1mのシミュレーションがされていますが、それでもかなりのものです。 

http://www.ktr.mlit.go.jp/koufu/kawa/hanrancg/main.htm

 

【おまけ】

あんまりうまく重なっていませんが、沼津(狩野川)です。

やっぱり空中写真が細かいほうが見栄えがいいですね(その分重ね合わせのごまかしがきかない)。

numazu-flood.kmz

numazu-flood.jpg

原図はこちらです。

http://www.city.numazu.shizuoka.jp/sisei/sigoto/kakuka/kensetu/hazard/map.htm



 

posted by いとちり at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック