2009年07月09日

【歓迎光臨】台湾発・静岡空港利用のファミリーツアー

静岡―高雄連続チャーター便 きょうから

 台湾のチャイナエアライン(本社・台北市)は2日から、富士山静岡空港と台湾南部の高雄市を結ぶ連続チャーター便を運航する。7月中に8往復、9月までに連続23往復を運航する計画。実現すれば、静岡空港ではこれまでで最多の連続チャーター便となり、将来の定期便就航に向けて重要な実績になりそうだ。
 台湾の旅行会社数社が共同でチャーターする。台湾から日本への観光客による利用が主で、各旅行社は4泊5日のツアーを実施する。県内外の名所や観光施設を訪れるコースを予定している。開港したばかりの静岡空港を利用することや、富士山がツアーの“売り”で、2日に静岡空港に到着する初便はほぼ、完売しているという。

(静岡新聞 2009/07/02)

席が売れずに欠航・・・「韓国がだめなら台湾があるさ」という訳ではないですが、このニュースがちょっと引っかかっておりました。いったい、台湾の皆さんは静岡空港からどこに行くんだろうと。

で、調べてみました。好評をいただいている「静岡空港のツアー紹介」、今回は台湾編です。

慣れない中国語、ネット辞書を引き引き解読してみました。渋いですよ。


(1)ツアータイトル:

日本茶の〜富士東京櫻桃小丸子.蜜桃趣.梭゚草.迪士尼四日遊(靜岡包機)

(大栄旅遊社)http://www.gogojp.com.tw/dtour/tour.asp?qpid=27228

(2)お値段:大人おひとり様 NT$22,900元  8月16日

※日本円で約¥64500

(3)旅程および解読

【第1天】

桃園國際機場(第一航廈)6:40/茶の〜靜岡空港9:00/茶之博物館(茶的博物館、茶道體驗)/伊豆舞孃〜靜蓮瀑布/伊豆景觀列車/幽靜休關ケ地〜伊東泉

<解読>

 桃園国際機場は、台北国際空港のことです。6:40発のチャーター便ということは、旅行者は4:00頃には集合です。お子様連れには、結構ハードですね。

「茶之郷博物館」と書いてあるのは、島田市金谷の「お茶の郷博物館」のことと思われます。

台湾はお茶の栽培も盛ん。茶畑の真ん中の空港に降りて、お茶の博物館を見に行くというのはいいですね。

 “伊豆舞孃〜靜蓮瀑布”というのは「小説:伊豆の踊り子に出てくる浄蓮の滝という意味でしょう。河津七滝の一つで、わさび田も見られます。そういえば去年、遠足で行ったなあ・・・・天城越え。

で、伊豆急行線に乗って景色を楽しみながら、1日目は伊東にご宿泊。朝もはよからお疲れさんでした。

【第2天】

住宿飯店/大室山登山纜車/富士箱根 國立公園 蘆之湖 海盜船【元箱根 〜箱根 町】/親子採水蜜桃之樂〜吃到飽/河口湖大石公園 (或)八木崎公園 (梭゚草)/(新興發燒地)彩虹大橋 〜台場 夜景〜台場 購物商場

<解読>

梭゚草って何・・・?と思って調べたら、ラベンダーのことでした。そういえば、北海道・富良野のラベンダー農園も台湾の観光客に大人気。ちょうど旬である山梨の桃を吃到飽(おなかいっぱい)食べて、ひと眠りしてお台場の夜景・・・・うーんゴージャス。お子さん喜ぶ、奥さん喜ぶ、お父さんGood job!って感じですね。

【第3天】

住宿飯店/暢遊迪士尼一票到底(A)迪士尼樂園  (B)迪士尼海洋世界 

<解読>

この日はおまちかね、定番中の定番、東京ディズニーリゾートなわけです。頑張れ父さん!。

【第4天】

住宿飯店/免店/史文化古蹟〜小田原城 公園+小小動物園(不上天守閣)/清水夢幻廣場〜櫻桃小丸子/靜岡空港/桃園國際機場(第一航廈)

<解読>

 さあ、最終日です。小田原城はわかります。清水に夢幻廣場?櫻桃小丸子?・・・んなもんあったかな・・・?ああ「エスパルスドリームプラザ」の中の、「ちびまるこちゃんランド」ね。「“さくらももこ(櫻桃)”の”ちびまる子(小丸子)”」なわけです。決して、静岡の郊外で「とろろ汁」を食べるわけではではありません(あっちは“丸子(まりこ)”です)。それにしても、ディズニーリゾートの後にちびまるこちゃんランドとは、何とも渋いところをついてきますね。確かに、連れてった時、うちの子は喜びました。

「すし横丁」 なんかもあったりして、最終日のお昼を豪勢に飾るにはいいスポットかも知れません。


  いかがでしょうか。台湾の皆さんによる静岡空港ツアー。見ての通り、我々地元民も「ん?・・・・ああ、はいはい」というような、渋い観光スポットをついてきますね。地理オリンピックアジア大会の引率以来、台湾の皆様とは何かとご縁がありますが、私達日本人が考えている以上に、台湾の皆さんは相当に日本通ですし、地理通です。

  同世代のお父ちゃん達が、家族サービスでひいひい言いながら子供達を連れまわす姿が目に浮かびます。

「加油(頑張ってね)!」

  知事、「まるちゃん」を親善大使に連れて台湾に売り込みかけたら、案外行けるかもしれませんぜ。「花輪君とか、マルオくんとかが住んでるとこから来たんだよーっ」って・・・・。既に静岡駅前のバス乗り場ははさくらももこさんのイラストで埋め尽くされ、「静岡って、いいねぇ・・・」キャンペーンが展開されていますが、あれは,「by 静岡市」かな?

posted by いとちり at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック