2009年07月07日

静岡―福岡線に“スカイメイト特割”を!

静岡空港:開港1カ月 搭乗率、明暗くっきり /静岡

7月4日12時0分配信 毎日新聞

 ◇札幌・沖縄80%超 福岡60%割れ
 静岡空港が開港して4日で1カ月たった。県がまとめた搭乗率は80%超から40%まで路線ごとの格差が大きく、明暗を分けた。搭乗率が70%を切ると1%ごとに県税から穴埋めする契約の日本航空福岡便は、60%割れの低空飛行。景気低迷で空港経営も視界不良で、新しい知事が空港問題に直面することは必至だ。
 県空港部によると、開港した6月4日から30日までの国内便の平均搭乗率は72・6%。観光客中心の札幌便や沖縄便はそれぞれ8割を超えた。しかし、「搭乗率保証」の対象である日本航空福岡便は59・6%と低迷し、好不調が鮮明になった。(中略)
 静岡市駿河区の静岡大の生協トラベルセンターは開港間もなく、空港を使った帰省や旅行を勧める掲示を張り出した。しかし、ツアーの予約件数は今のところ「0」。帰省などの予約客も10人に満たないという。教育学部2年の畑哲也さん(21)は「周りでも空港への関心は盛り上がっていない」と話した。
 今月23日には地元発の航空会社「フジドリームエアラインズ」(FDA)が3路線を就航し、利用者数の増加に期待がかかる。同社は「就航日やお盆は予約が集中して好調だ。これから一層攻勢をかける」と構えている。
---------------------------------------------------------

 ◇定期便5路線の搭乗率◇
 <国内線>
札幌便 86.2%
福岡便 59.6%
沖縄便 83.6%
 <国際線>
ソウル便 57.2%
上海便  40.3%
 ※6月4〜30日までの県空港部のまとめ
------------------------------------------------------------

静岡在住の学生さんへ。

「周りも盛り上がってないし、僕も知らない」ではいけません。

あなた方には、「スカイメイト」という強い武器があるではないですか。

JALならどこに飛んでっても¥10000で行けてしまう(繁忙期は¥15000なんですが)。

おっさんは、若いころこれを使いまくりましたよ。

ただし、予約はできず、キャンセル待ちしか乗れないという大変リスキーなこの切符。

伊丹空港で「ああ、また乗れんかったよー」と、3本くらい見送ったりして。

でも、考えてみてください。「静岡空港なら、着実に乗れますよ(特に九州線)」(苦笑)

東京からだって、「青春18きっぷ」を使えば、1枚で静岡空港まで余裕で行けます。

高速バスでとろとろ行くのと値段はあんまり変わらないですよ(乗り換えは面倒ですが)。

静岡県の学生さん、関東圏の学生の皆さん、使わなきゃ!

朝から空港に出張って、「くそ、那覇便は駄目だったか。しゃーない、九州から行くべか」という、極めて学生らしいチョイスもできますし、博多から海を渡って韓国に行き、ソウルから帰ってくるという旅行もできます。ちなみに、ソウルの旅行代理店で日本行きの1年オープンを買えば、次に行く時はタダです(私らが学生の頃、ソウル―伊丹往復で$300でした。韓国系よりも日系の航空会社の方が安かったです)。

九州の学生さんも、Welcomeです。富士山登るならこれですよ。

「搭乗率」もアップして、一石二鳥・・・・ではないでしょうか?

この「スカイメイト」制度、外国人の個人旅行客向けに売り出しても売れると思います。

 韓国や台湾から九州に来る人はわんさかいますし、もはや彼らは「生涯に何度もない海外団体旅行」の段階を越えて、完全に「ちょっとそこまで」感覚で来ています。「お、空いてるんだったら静岡行ってみようかな」というノリで、福岡空港あたりでやってみてはどうでしょうか。

  ノルマ割れ1%で県税から3000万円でしたっけ・・・・?新しい知事が「やめて」と言ったとしても、最初の年度末の1回は払うでしょう。数字に一喜一憂しながら空気運んだって払うものは払わざるを得ないんですから、静岡―福岡線のスカイメイトに限って特別ルール(うんと安くするとか、年齢制限を上げるとか)にして、需要を喚起するべきだと思います。

 いっそのこと、「往復で1万円」とかどうでしょうか。日帰りでも行けるダイヤですし、「よっしゃ、ラーメン食いにいくで」とか、「よっしゃ、SL乗りにいくで」という需要はあると思います・・・というか、私が真っ先に使います。

【リンク】

JALスカイメイト

ANAスカイメイト
posted by いとちり at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 静岡空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック