2008年11月25日

空飛ぶアスパラガス(月刊「地理」12月号)

今日は「地理」の発売日。いとちり式GIS連載の第4回は、農業分野ということで、真打ち、「MANDARA」の登場です。

 原稿は追ってアップするとして、いち早くご覧になった皆様のために、データとリンクをどうぞ。

【データ】

aspalla2007.xls 

アスパラガスの輸入統計表です。 「MANDARA用」のシートをコピーすれば、クリップボード経由でMANDARAに取り込めます。

aspalla.mdr     

アスパラガスの月別輸入データをMANDARAに取り込んだものです。開くと、こんな図が描けます(⇒)。

 asparamap.jpg

【リンク】

MANDARA

作者による公式サイトです。

http://ktgis.net/mandara/

今月の野菜「アスパラガス」 

(独立行政法人農畜産業振興機構)

 月別の輸入先(国内・海外の産地)の推移をまとめたグラフがあります。

http://alic.vegenet.jp/yasaijoho/yasai/0504/yasai1.html

フードマイレージ.com

http://www.food-mileage.com/

アスパラ100gを空輸すると、排出するCO2は1kg以上(!)という、なかなかショッキングな数値を計算してくれます。

サケの地理(いとちり教材庫より)

http://www.itochiri.jp/article/13214372.html

サケはいつから南半球で養殖されるようになったのか。MANDARAを使って経年変化をまとめた教材です。

posted by いとちり at 22:52| 月刊「地理」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする