2008年09月24日

いとちり式第2回 カシミール3Dを使いこなす(地理:2008年10月号)

表紙に「好評連載中」と書いていただきました。ありがとうございます。

 いとちりGISも第2回。今回は、カシミールのいじり方です。

 本格的な「カシミーラー」の方からすれば、「なんか随分簡単な事で文章にしてるな」とお思いかも知れませんが、私たち教員の使う用途って、こんな程度なんです。もちろん、GPSをつけたり、断面図を描いたりと色々面白いのですが、50分1本勝負、1対40の授業では、まあこれが限界です。

 ともあれ、黒板に模造紙を貼って、等高線の白地図をバンと映して、チョークで尾根谷をなぞってみてください。

まさにハイテクとローテクの融合。楽しいですよ。

  地理オリンピック強化合宿報告も載っています。おかげ様で今月は原稿料代わりの現物支給が2倍(♪)。

古今書院さん、いつもありがとうございます。

【原稿はこちら】

 002.pdf

【Web特典】 本文で紹介されている尾根谷解説用スライドはこちら。

chikeiwork.pdf 

 

posted by いとちり at 21:17| 月刊「地理」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする