2008年07月04日

強化合宿報告

公式サイトの方を書きかえなければなりませんが、とりあえずこちらでご報告です。

6月21日、22日の地理オリンピック代表強化合宿は、無事終了しました。本当に遠くから、ここ富士市に集まっていただいた選手、役員の皆さん、どうもありがとうございました。

雨は振るわ、合宿所のお湯は出ないわと、2日目の「模擬フィールドワーク」は、土砂降りの雨の中、足元をざぶざぶ濡らしながら歩くわと、何か苦行の様な2日間になってしまいましたが、本当にご苦労様でした。

車がないと、本当に不便な街なんだなあということを、まじまじと痛感“させて”しまいました。すみません。

「問題を出さずに、景色を眺め、何を出されるかを考える」という、意地悪極まりないコンセプト、理解して頂けたでしょうか・・・・。これが「国際標準のフィールドワーク」なのです。

ちょっとお知らせです。

7月21日(月曜日)16:20より、地理教育学会(三重大学)で、合宿の模様を報告することとなりました。

アジア大会の模様、各国のフィールドワーク試験事情をこき混ぜて、「これからの地理のためのフィールドワーク」について提言してみたいと思います。要は、もう、″「青空講義」一辺倒じゃだめですよ”と、自戒を込めて

の発表をします。スライドができたらまたアップします。

part1.jpg 

合宿1日目「チュニジア事情」。講師はチュニジアで乾燥地の植物と遺伝子を研究され ている筑波大学の藤村達人教授。「予想問題」まで披露していただきました。

mogi.jpg

合宿2日目。模擬試験解説をする私。ジャージ姿なのは部活の試合で体育館を行き来していたため・・・・。

【リンク】

代表合宿にも参加してくれた2名の生徒が、それぞれの地元のマスコミで大きく取り上げられています。

ぜひぜひ頑張ってきてください。「じゃあ、次はパリで会おう」ってセリフがかっこよかったですよ。

国際地理五輪、大河内君(甲陵高)日本代表に選考会で金賞 世界一目指す

(山梨日日新聞:2008.6.14)

国際地理五輪に洛星高生が出場 英に在住経験 武器は語学力

(京都新聞:2008.6.20)

posted by いとちり at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 地理オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック