2017年09月25日

10月4日トークライブ@いわなみキッチン

 JR御殿場線岩波駅前にオープンした調理や食事ができるレンタルスペース「いわなみキッチン」。コミュニティビジネスの講座などが毎週のように行われていますが、初の教育界からの参戦ということで、お話させていただくことになりました。
 テーマは、昨年出した拙著、そのまんまのタイトル『地図化すると世の中が見えてくる』です。いろいろ候補はあったんですが、主催者側から、このまんまで行きましょうと・・・。
 地図を読むこと、地図を片手に歩くことが静かなブームになりつつありますが、身近な情報「地図化する」ことで、ビジネスにも地域活性化にも生かそうという提案です。
 岩波駅は、トヨタやキャノンの研究所のおひざ元。御殿場線で通勤されるエンジニアの皆さんもたくさんおられます(水曜日は「定時退勤日」・・・のはず)。普段の業務とはまた違った「地図のICT」「教育現場の地図」の世界から、昔取った杵柄(理系の方は地理好きが多い)を堪能していただければと思います。もちろん、地元の地図好きの方も歓迎です。
 詳細、お申し込みは「いわなみキッチン」までどうぞ。
 写真は地元「戸田書店裾野店」に陳列されていたときの写真です。
 下のチラシをクリックすると、申込フォーム(Facebookのページ)にリンクします。

toda.jpgkichin.jpg

日時:10月4日(水)18:30〜20:00
TEL/FAX 055-939-5800
iwanamikitchen@gmail.com

自動車業界を意識して、こんな地図を・・・。
詳しくは、幻冬舎Gold Onlineの連載をどうぞ。
ぜひ、「中の人」の解説を伺いたいものです。
cource.png



posted by いとちり at 21:30| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

「新しい地図」を読図する

 元SMAPの3人のファンサイト「新しい地図」をめぐる解釈がネットで話題なんだそうです。 
 地図学会でお世話になっている先生が話題にされていていました。色々と言葉の解釈で盛り上がってるのですが、あえて「地図」として読み解いたらどうなるんだろう。
と考えてみました。
newchizu.jpg

(1)視点を変えると実は「正確」な地図である。

古い(一般的な)地図と全く逆に使うと正確になります。
 つまり・・・
 ・南向きに立つ(普通の地図は北が上なので北向きに立つ)
 ・空を見上げる(普通の地図は上から見下ろす)
 ・太陽に向かう方向で、空を見上げると、東西南北は正しい。

 背景が空というのは、そういう見方をして欲しいと解釈できます。

(2)見下ろす地図から見上げる地図へ

ここからは地理というよりも、国語的心情理解ですが、

・今までの自分達は、上からの目線(自分達が偉そうというわけではなく、自分達の立ち位置よりも更に上の人からの視点)で見られながら
・自分たち自身を含めた「市場」を俯瞰してきた
・これからは、自分達の目線で、「空」(さらなる高み)を見つめたい
方向性は示すから、ついてくる人はついてきてほしい 

 という意図が読み取れます(というか、地図から想像することができます)

 どんな地図でも「描き手」がいて「読み手」がいて、「伝える情報」があります。少なくともそれらが成立しなければ、ただの「絵図」です。なんかコマーシャルするようですが、昨年書いた拙著『地図化すると世の中が見えてくる』の第一章一本目にそういう話を書きました。幻冬舎さんがWebマガジンでダイジェスト版を作ってくださったので、記事のリンクを貼ります。
gento.jpgchizuka.jpg

稲垣吾郎、草g剛両名は、同い年です。香取君の「新撰組!」は毎週楽しく観ていました。
役者としても働き盛りですし、大きな組織を離れてセルフマネジメントを試みる彼らの取り組みに注目して行きたいです。


posted by いとちり at 08:17| Comment(0) | いとちりのコンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

発売1周年です。

 2冊目の拙著、『地図化すると世の中が見えてくる』が、明日9月10日で発売1周年となります。おかげさまで重版もかかり、今は『地図化すると世の中が見えてくる2(世界地誌編)』(仮題)を制作中です。

 写真は昨年9月の、東京・神保町三省堂本店に置かれているところです。
sanseido.jpg

 大人が手軽に読める、地理のビジネス書を指向し、商売柄、高校地理の教科書の構成を参考に統計や位置情報を地図に表わして書いた本です。おかげさまで色々なところから声をかけて頂き、書評や内容紹介をしてもらいました。主だったものにリンクをしますので、どんな本だろうと、中身を見る上での参考にしてもらえればと思います。

〇幻冬舎Gold Onlineの書籍紹介
15回にわたって内容紹介の連載を組んでいただきました。

〇HON TO BIJO(本と美女)
ビジュアルと内容の真面目さのギャップが売り(?)の書評サイトに取り上げていただきました。
〇ブックウォッチング(毎日新聞)
夕刊で取り上げてもらいました。

買っていただくのが何よりありがたいですが、図書館でもだいぶ納本してもらっているようです。こんなサイトがありますので、ご利用いただければと思います。

〇図書館横断検索サイト「カーリル」の『地図化すると世の中が見えてくる』
かりる.jpg
<書評・ブログ紹介>ありがとうございます。また、よろしければ感想をお寄せください。


posted by いとちり at 12:26| Comment(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする