2021年01月31日

週1GISマニュアル(その1) Stroly

 今年度、高校3年生の選択科目「地理B」(10名:5単位)を担当しました。

 大学入試共通テストとは縁はありませんでしたが、地理Bの教科書を1年(1月末で、なおかつ最初の1ヶ月ちょっとは新型コロナウイルスによる休校だったので実際は更に短いですが)かけてきっちりとやりきりました。ただ、基本が4単位で週5時間あるわけで、せっかくなので1単位分(週1時間)は、GIS(地理情報システム)の実習に充てようということで、「毎週火曜日の1時間目はGISの時間」と定めて、いろんな実習に取り組んでもらいました。

 インターネット回線がどうにも不安定だったので、もっぱら無料GISソフトの「MANDARA」を使いましたが、授業用に作ったマニュアルを個々に出してアーカイブしていきたいと思います。最近やった実習から、さかのぼる形で掲載します。

 ある程度揃ったら、手習いをしてみたい方とテレビ会議でつないで、オンラインGISレッスンのようなものをできればと考えています。

 第1弾は、ついこの間やったWeb GISアプリ”Stroly"https://stroly.com/ja/です。
 完全にブラウザで動く仕組みで、インターネット上の地図やスキャンした地図画像に位置情報をつけて、写真や動画を埋め込み、パソコンやスマホでシェアできます。
 授業で作ったサンプルマップにリンクを貼ります。こんな感じでシェアできるのが特徴です。
  (右側のマップの画像か、こちらクリックしてください)。
IMG_1551.PNGsusono.jpg
Stroly ホーム画面    Web地図サンプル(裾野市ロードマップ)

PDF形式のマニュアルのダウンロードはこちらです。

【追記】 パソコン室のパソコン(インターネット回線)が不安定だったので、モバイルWifiルーターとタブレットで作図の実験をしてみました。タブレット用マニュアルもPDF化しましたので合わせてアップします。
かなり見づらいですが、スマホでも操作は可能です。
tab001.jpg

posted by いとちり at 15:50| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

関ヶ原は今日も雪だった(二宮書店:地理月報560号)

 連載「いとちりの地理の授業にGIS」シリーズ2 第6回です。

 前回の岩手県釜石市から一気に西に飛びますが、雪のシーズンとのことでこのエピソードを選んでもらいました。関東(東京)、中部圏もフォローしていますので、また単行本でのお楽しみということで。
 内容はご覧の通りですが、書いていて「へぇー」と思ったのは、日本の最深積雪記録が北陸でもなく、北海道でもなく滋賀県の伊吹山であるということです。学生の頃、伊吹山のスキー場に行ったことがあります。
gappo.jpg

PDFファイルダウンロード

【リンク】
気象庁の「ランキング」ページです。
最深積雪以外にもいろいろ出ています。
気温(高い方)に関するところだけ最近であるのがなんとも・・・。

参考文献です。かなり専門的な内容ですが、「保線屋さん」の仕事がよくわかります。

posted by いとちり at 17:01| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

「釜石の奇跡」のその後(二宮書店「地理月報559号」)

 あけましておめでとございます。

 ブログの更新が滞っておりましたが、今年も公刊物や発表、教材などを紹介させていただきます。
 さて、少し古くなりましたが、二宮書店の学校向けリーフレット「地理月報」に連載中の「防災教育にGIS」シリーズより、
記事を転載します。
 ”シリーズ2”のフィールド編、第2回目は岩手県釜石市です。「釜石の奇跡」と言われた避難行動や、ラグビーワールドカップの会場として取り上げられた彼の地ですが、なかなか報道では取り上げられない「その後」の苦労について、ゆかりの方に伺った話を元に地図化したものです。
 出来た順に仮設住宅に入居した住民の方々のコミュニティをどう維持するかや、小中学生達の通学をどうするかといった問題は、どこの被災地でも起こりうる問題です。釜石市の場合、平地が極端に少ないことや、地域によって復興のスピードがちがったこともあり、その後の住民の再定住や人口増加にも大きな違いが出たことが地図から読み取れます。
 間もなく震災から10年。今年は様々なメディアで「その後の10年」が語られることになると思いますが、何が変わり、それにどう対応されてきたのか、見つめ直す節目の年といえるのかもしれません。

 2012年から連載している「防災教育にGIS」シリーズですが、単行本かされることになりました(今年の秋頃の出版予定)。
 地理月報に載らないオリジナル記事も入ります。どうぞよろしくお願いします。
gappohyoshi.jpg
PDFファイルはこちら gappo559.pdf

参考:過去の「防災教育にGIS」シリーズ
シリーズ1(全12回)
シリーズ2(1)「必修化に備えた教材作り」 
シリーズ2(2)「地理院地図で情報を重ねてみよう」
シリーズ2(3)「MANDARA10で災害情報を地図化しよう」
シリーズ2(4)フィールド編@
「ブラックアウトの教訓ー北海道」


posted by いとちり at 17:13| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

ブラックアウトの教訓(二宮書店「地理月報」2020年5月20日号)

 二宮書店の教員向け雑誌『地理月報』の連載記事「いとちりの防災教育にGIS」の最新号が出ました。
 「シーズン2」の4回目。再び北は北海道から南は九州まで、全国各地の「防災ネタ」を独自に地図化した話題をお届けしてまいります。来年の連載完了時には、「シーズン1」からの記事と新たに書き加えたものを含めて単行本化される予定ですので、せっせと先を書き進めています。

 さて、今回は北海道です。シーズン1では、「雪とに挑む190万都市」と題して、札幌市の雪害と除雪事情を取り上げました(二宮書店:Web地理月報所収)。今回は、2018年9月6日の「平成30年北海道胆振東部地震」とそれに伴って発生した全道ブラックアウト(停電)を取り上げました。

 大停電と言えば、2019年9月の台風15号による千葉県の被害が記憶に新しいところですが、ICTに依存する今、広範囲かつ長期にわたる停電のリスクを私たちは常に抱えています。なぜ北海道でこれほどまでの大停電が発生したのか、送電線マップを使って検証しています。
img001.jpgimg005.jpg
PDFファイルはこちらです。

posted by いとちり at 17:14| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

「読み放題電子書籍」の書評サイトを始めます。

 Amazonの電子書籍定額読み放題サービス“Kindle Unlimited”を図書館代わりに使っています。
 月額¥980で、最初の1ヶ月は無料とのこと。専門分野の本だけでなく、立ち読みで面白そうだけど、結局買わなかったような本を含めて重宝しています。

 コロナウイルス対策で、公共図書館も軒並み閉まってしまっていますので、ライフラインのようなものです。スマホでもアプリで読めますが、白黒画面の専用端末を買いました。紙の本と比べてしまうと、いろいろと不便なところもありますが、そういうメディアと思って扱えば、便利なものです。

 休校期間が長引く中、家の中で課題か動画かゲームか・・・という生徒も多いのではないかと思います。
また、図書館が使えず、本を買おうにも三密やら通販も時間がかかってしまうやらで不自由な思いをされている同業の方々もいらっしゃるかと思います。

 以前、SNSと連動した書評のブログを作っていたことがあったのですが、管理会社の倒産に伴ってなくなってしまいました。改めて、この定額読み放題本を中心に、ブックガイドを書いてみようと思います。地理や歴史分野に限らず、手に取って面白かった本を紹介したいと思いますので、お付き合いください。
 イントロダクションとして、Kindle Unlimitedへの登録の方法を載せてあります。

 →「いとちりBooks」へのリンク

   
posted by いとちり at 21:46| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする