2018年03月25日

「地理本」の書棚を広げよう!

 3月23日、日本地理学会(東京学芸大学)の午後に行われた「地理学のアウトリーチ研究会」に出ました。話題提供に、拙著、『地図化すると世の中が見えてくる』の編集担当をしていただいた(現在制作中のシリーズ2作目も手掛けて頂いています)ベレ出版の森岳人さんが、「出版業界から見た地理学のアウトリーチ」と題して、書籍販売の現状と、地理関係の書籍の取り扱いの現状に(本屋さんではなかなかスペースを取ってもらえない)について、データを基にお話頂きました。詳細については、近日発行される日本地理学会の電子ジャーナル、「e-Journal GEO」に掲載される予定です。

 歴史の本や、ビジネス書、最近では「地政学」の本はスペースを取っているものの、「地理の本」はなかなか場所を得ていません。自分が通勤の途中によく寄る駅中の本屋さんには、地理の本は常時2,3冊(歴史の棚の隅っこの方にほんの少し)あるだけです。自分の本を本屋さんで見つけるのは、よほど大きな街の、大きな本屋さんぐらいです(残念ながら、静岡でも見かけません)。「どうせ本はAmazonとかで買うからいいや」という方も多いのかもしれませんが、本屋さんの醍醐味は偶然の出会いです。「へぇー、こんな本があるんだ」と手に取って、なんとなく衝動買いする。面白いから、その著者の関連本を探してみるといった楽しみがあるから、ネット全盛の時代にも本屋さんに行かれると思いますし、書店員さんも「この本を仕掛けたい」思って棚作りをされると思います。

 そのあたりの事情については、大ヒット作となった「書店ガール」シリーズが詳しいです。

そんな中、拙著の版元であるベレ出版さんが出している書店員さん向けのニューズレターの今月号で、「地理本フェア」特集がされているのを見つけました。手書きで書かれていて、紹介されている本も多岐にわたっていてすごく参考になったので紹介します。
belet.jpg

 このニューズレターにも書いてある通り、地理関係の本や教科書をたくさん出している4つの出版社(ベレ出版・帝国書院・山川出版・二宮書店)が合同で、「地理本フェア」を仕掛けています。大手の書店で行われる事が多いようですが、とにかく「地理」に関係する本がずらっと並ぶと壮観なものです。
 写真は、ベレ出版のTwitterに載っていた、三省堂神保町店でのフェアの模様です。
 既に並べる本のリストがパッケージになっていて(大と小があるらしいです)、注文一つでsぐにフェアが出来るようになっているそうです。地方の書店でも是非やって欲しいものです
belet-tweet.jpg
 地理本のスペースを広げて行くためには、出版社さんや本屋さんの努力も大事ですが、私たち
業界の人間も頑張らなければいけません。まずは買い支えることですし、「この本は面白い!」という情報をどんどん発信して、書店員さんに「なんか最近、地理の本は売れてるな?」と思ってもらうことが何より重要です。ネットであれリアル店舗であれ、本の売れ行きについては取次や書店は常にチェックしていますから、波を起こすことが大事です。
 そんな中で、個人でWeb上に「お勧めの書棚」を作れるサイトがありますので紹介します。
よくある「書評サイト」とは一味違う、本棚を見せるのが特徴です。
 〇ホンシェルジュ(https://honcierge.jp/

このサイトを使って、以前、拙著が出たばかりの頃に関連本を並べた本棚を作りました。
(画像をクリックするとリンクします)
honshel.jpg

 間もなく新学期です。
 慣れない「地理」を持つことになってしまったという先生、「改めて地理の最新知識を仕入れたいな」という先生、そして「地理で面白そうな本は何かないだろうか?」という皆様、ぜひ地理本を手に取ってみて頂ければと思います。本屋さんに「地理本コーナー」がある程度の広さで常設され、旬の本が常に入れ替わりして行くのが理想ですが、それがかなわない今、まずはこうしたブックリストから波を起こしていければと思います。

 最後に、再重版がかかったばかりの拙著へのリンクをば。
posted by いとちり at 21:58| Comment(0) | いとちりのコンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

デジタル地図帳を活用したアクティブラーニング型地誌学習の実践(日本地理学会)

 東京学芸大学で行われた、日本地理学会で報告してきました。
 たくさんの皆様のご観覧、ありがとうございました。

 実践報告ではありますが、実践自体は生煮えと言いますか、これから改善の余地はたくさんあります。それでも、これから同様の実践を、通年でコンスタントに行うことで、4年後の新学習指導要領の実施に備えた教材作りとノウハウの共有を行いたいとの意思表示(公言して自分を追い込む)にはなったのではないかと思っています。

 プロパー、ノンプロパーのお話をしましたが、殊にアクティブ・ラーニングに関しては、すべての教員がノンプロパーだと思っています(そもそも自分達が生徒として受けた授業の形態と全く違います)。地理に限らず、特定科目の「プロパー」で、進学校などで「とにかくあれも教えなければ、これも教えなければ、あー時間が足りない」という方ほど、アクティブ・ラーニングには抵抗感があると思いますし、面従腹背を決め込んでしまうのかもしれません。あるいは、ゴールも評価もあいまいな単なる「グループワーク」をたまに行うだけで事足れりとしてしまうのかもしれません。そうした事態を避け、なおかつ地理らしさ(ちゃんと地図を使う)を出すために、日々試行錯誤を繰り返す必要があると思いますし、総合学科や専門学科の「地理A」は、新必修科目「地理総合」に最も近い科目として、積極的にアクティブ・ラーニングにトライしてみるべきではないかと思っています。

 年間通してどのような授業展開をするのか、評価はどうするのかについての質問を頂きましたが、この3学期に地理と現代社会で試験的な実践を繰り返し、アクティブ・ラーニングの型授業の「先発ローテーション」はある程度確立しました。また、テストの平均点も上がりました。「キャンプ&オープン戦」期間を終え、学会という「公式戦」を経て、いよいよ4月からの開幕を待つばかりといった状況です。今年は節目節目に学会発表を入れ、短報でも論文化して、アクティブ・ラーニング時代の高校地理のスタンダードを確立できればと思っています。その都度できる使いやすい教材や、素材へのアクセスも、このブログでお伝えできればと思います。



posted by いとちり at 22:57| Comment(0) | 学会発表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

日本地理学会(3/23東京学芸大学)に登壇します。

 直前ではありますが、明日3月23日(金)、東京学芸大学で行われる、日本地理学会で報告をしますので、お知らせします。

 発表番号:337
「デジタル地図帳を用いたアクティブラーニング型地誌学習の実践−高等学校地理A『オーストラリアの地誌』を例に」

  第三会場(C棟4階C402教室)(11:00ごろ)

 発表終了後、スライドと参考文献リストをアップします。
title.jpg
予稿原稿はこちら
大会プログラムへのリンク


続きを読む
posted by いとちり at 22:20| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

岩手日報号外(震災特別号)を読んで。

 東日本大震災から7年が経った今日、岩手の日刊紙、「岩手日報」が全国6か所で「号外」を配りました。東京・鎌倉・名古屋・京都・高知、そして静岡市です。ニュースを聞きつけて、静岡駅前に行っていただいて来ました。
image1.JPG

 「号外」といっても全12面の堂々たるものです。見出しに大きく「静岡とともに」。陸前高田市上空からの写真(震災当時、副市長だった久保田崇氏:現立命館大学教授は静岡県の出身)、広告欄にはFDA(フジドリームエアライン)の広告(小牧−花巻線)の広告、そして震災直後から岩手と交流を続けている常葉大学のサークルのメンバーの写真(初代の代表は、小学校の先生になられて、うちの隣の学区の小学校に勤務されています)等々、静岡シフトの構成に感心しました。

 私自身の震災のその日、その後の活動、そこで出来たご縁、ネット上のやり取りからリアルな人の交流につながっていったプロセスは、このブログの「防災」カテゴリを追っていただくとある程度わかるのではないかと思います。
 改めて思い返す中で、やはり忘れられないのがiOSアプリ「震災記憶地図」の中身を充実させる過程の中で地図を提供いただいた陸前高田の観光絵地図です。

陸前高田巡検(いとちり:2011年11月6日)

(いとちり:2012年2月21日)
takata001.jpgtakata002.gif

 荒涼とした景色や津波の映像を見ること以上に、この豊かな魅力あふれる地図は、何より心を打ちました。また、「原本とデータは事務所ごと流されて、たまたま盛岡の同業の社のサーバーに残ったからあげます」と連絡を頂いた時のことを痛切に覚えています。
 iOSアプリ「震災記憶地図」から見ることが出来ます。

 その陸前高田ですが、地元のNPOの尽力で松の苗木の栽培が行われ、2017年からようやく松原への植林活動が始まった旨を「号外」の紙面で知りました。向こう50年をかけて取り組む息の長い活動とのことです。

 〇NPO法人高田松原を守る会

 「あれから7年」として振り返る報道が多い中、この「号外」は、「この1年のあゆみ」や、「次の大災害の予測と備え」(南海トラフ大地震=最大級の津波高と、最大の死者数が予測されるのがここ静岡県)にも紙面を割いています。Google Earth上に立体棒グラフで描いた地図は自分も描きますが、改めてカラーで大きく取り上げられるとインパクトがあるなと思いました。

 岩手日報のWebサイトでは、私が修学旅行の教材作りで大変お世話になった「沖縄タイムス」社と並んでGoogle Earthを非常に効果的に使った特集を組んでいます。沖縄戦の証言や広島、長崎の原爆投下と当時の様子をGoogle Earth上で克明に再現した「デジタル・アーカイブ」シリーズや、最近はAIを駆使した白黒の古写真のカラー化に取り組んでいる首都大学東京の渡辺英徳研究室と共同で、震災時の避難者の行動と証言をGoogle Earth上で再現したサイトを公開しています。

首都大学東京 渡辺英徳研究室 × 岩手日報社
 「犠牲者の行動記録」

wasurenai.jpg
 誰が、いつ、どの方向に避難したのか。そしてそこに津波がどう押し寄せたのか・・・。
 後から「鳥の目」で見ると、「なんでよりによってここに逃げるのか?」と思ってしまうのですが、当時の方々にとっては必死に、最善と思われる方向と考え、またそのようなリードがあって避難されており、多くの方々が命を落とされました。"たられば”で考える事は心苦しい所ではありますが、「次の被災地」になるであろう場所に住む我々が、この「動く地図」から学ぶべき教訓は少なくないと思われます。

 「号外」では、高校生記者による学校での防災教育の取材記事も載っていました。
 今年のNIE(教育に新聞を)の全国大会は、岩手県で行われ、大槌町で特別公開授業も主な割れるそうです。震災後初めての被災県での開催とのことで、どのような情報が発信されるのかが注目されます。
 〇NIE2018盛岡大会

 この「号外」は、今のところWebでは見ることが出来ません。
 (昨年の紙面の一部を載せた号外配布の告知はこちら)

 居ながらにして全国各地の地方紙の記事を読めるようになった昨今ですが、あえて紙媒体で、社員の方を派遣して手渡しで配布するスタイルは新鮮に感じます。配布先に静岡を選んでいただいたことは非常に光栄に思いますし、今日が日曜日だったおかげで直接受け取りに行くことが出来ました。社の方と直接言葉を交わし、名刺を交換させていただいて、新たなご縁もできました。久々に岩手にお邪魔して、また新たな教材を作って行けたらと思っています。
posted by いとちり at 21:44| Comment(0) | 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

「裾野おんぱく」ガイドマップ

 世界中でオープンデータやデジタルマップに関するイベントが行われています。

 直接関係はありませんが、静岡県内でいち早く行政データのオープンデータ化に取り組んでいる裾野市(私の職場があります)で、今日から「第3回 裾野おんぱく」(温故知新博覧会)が始まりました。日ごろお世話になっている皆様への感謝の意を込めて、実行委員会が出されているパンフレットをオープンデータに見立てて、スマホやタブレットで利用できるWebアプリにしてみました。

onpaku01.jpg
クリックするとWebアプリにリンクします。

うまく開かない場合はこちら。

パソコンで開く際、Internet Explorerでは、ピンアイコンが表示されない場合があります。Google Chrome,Safari等、違うブラウザでお試しください。スマホ、タブレットでも閲覧できます(GPS付きのもので現地で開けば現在地が地図上に青い点で表示されます)

 このアプリは、京都のスタートアップ・ベンチャーであるStroly社が運営しているもので、絵地図や古地図、手描きの地図など、様々な地図に位置情報を与え、写真や音声、動画へのリンクをピン型のアイコンと関連付けて閲覧できるものです。
(↓こんな感じ)
sample1.jpg
地図の範囲内にいて、スマホ等で地図を見ると、画面に現在地が表示されます。
また、絵地図からWeb地図にワンタッチで切り替えることも出来ます。
(↓こんな感じ)
sample2.jpg
今回扱った絵地図は東が上に描かれていましたが、Web地図に切り替えると北が上になり、ピンアイコンもそれに合わせて振られています。

 GIS(地理情報システム)の利用が前面に出された新科目、「地理総合」が必修となり、「社会に開かれた教育課程」を全体のキーコンセプトに掲げた新しい学習指導要領がスタートするのは4年後です。

 これまでのように「地図描きソフトの使い方を教えて、分析させる」実習から、「地域のニーズを汲みとり、ソリューション(問題解決)を導くために(デジタル・アナログの区別なく)地図を使いこなすための教材や指導ノウハウの蓄積が求められています。・・・紙のパンフレットをより使いやすくしたいというニーズに応えて作ったこのマップは、ほんの少し先の未来の新しい地図教材の在り方を象徴しているのではないかと思います。

 色々と長くなりそうなので、このシステムの価値と可能性についてのコメントはまた改めて・・・。「Stroly」は、地理必修化時代のキラーコンテンツの一つと踏んでいます。

〇Stroly α
stroly.jpg


posted by いとちり at 15:14| Comment(0) | ipadで地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。