2018年01月14日

センター地理「ムーミン」問題の解法

 今年のセンター試験の地理Bの第5問―問4:「ムーミンの出身地」問題について、物議をかもしていますが、関係者から見ると、いたって普通のセンター式問題(むしろ良問)です。
 Twitterのボヤキを根拠とするセンセーショナルな報道に違和感を感じるので、解法と出題者側の考え方(学習指導要領等を踏まえて)を書きます。

まず、問題を転載します。
mondai.jpg
東進「センター試験解答速報2018」地理B 第5問 問4

 新聞では、図の部分のみを載せて、いかにも「ムーミンの出身地を聞くクイズのような問題が出た」ような書き方をしていますが、問題文全体を見る事が必要です。
 本文で大事なワードは、「3か国の文化の共通性と言語の違い」です。つまり、受験生が特定のアニメの舞台について知っているかどうかを問うているのではなく、北欧三カ国の文化的な特徴(自然条件、社会条件に影響を受ける形で形成されている)と、言語的な差異をちゃんと理解しているかどうか?を聞いているわけです。
 そういう点を踏まえると、新聞各紙の見出しは「あらあら・・・」というものばかりですね。

 文句はさておき、解法に行きます。とりあえず、受験生が「ムーミンはフィンランドのお話」ということや、「ムーミンというアニメが存在する」ことすら知らないかもしれないという前提で進めて行きましょう。

(1)見本となっているスウェーデン語のサンプルから考える
サンプルにスウェーデンを出している所が大きなポイントです。
 なぜなら、スウェーデンは、北欧諸国の文化的な特徴として共通する要素を持っている国だからです。
 具体的には@言語がゲルマン系であること、Aキリスト教の宗派がプロテスタント系が多いことです。ゲルマンかつプロテスタントは、他にはイギリス、ドイツ、デンマーク、オランダ、そしてノルウェーなどががあります。つまり、「スウェーデン語と似た語彙がある言語がノルウェー語」ということを冷静に見極められれば、あいさつのカードでノルウェー語を選べます。フィンランドの「フィン人」は、ハンガリーと共に、ゲルマン・ラテン・スラブの三語派に入らない独自の言語体系を持つ民族なので、「民族島」と呼ばれています。
 この原則(これは、地理AでもBでも必ず扱う基礎です)を知っていれば、AとB、どちらがノルウェー語(スウェーデン語に近い言語)かは一目瞭然ですね。

gengo.jpg
(2)「ムーミン」ではなく、「バイキング」がどちらの国かを考える
viking.jpg
「ムーミン」は聞いたことあっても、「小さなバイキングピッケ」は知らないという受験生が多かったと思います。緊張していた中で、「ムーミンの出身地????」とパニックになった人がいたかもしれませんが、問題のキーは、バイキングの方にあります。
 世界史(必修です)で「ノルマン人」というのが出てきますが、北海を暴れまわった海洋民族の一部がバイキングです。彼らはグレートブリテン島(現在のイギリス)に上陸して諸部族をなぎ倒して「ノルマン朝」という王朝を作りました。イギリスとノルウェーは、北海油田の権益を分け合い、共にEUと反目する(ノルウェーはEU非加盟)国でもあります。
 新聞で予備校の先生が、「バイキングがノルウェーだってわかっていれば解ける問題」とコメントしていましたが、たとえそれを知らなくても、バイキング=北海を暴れまわった人々と考えた時、ノルウェーとフィンランド、どちらが拠点を持ちやすいか?で考えてもよいかと思います。
norman.jpgnorman2.jpg

 ノルウェーといえばフィヨルド北大西洋海流氷河地形といった語が教科書的には出てきます。狭く深い入り江(嵐があっても退避しやすい、多くの船を係留できる)、高緯度でも冬に凍らない港、豊富な森林資源、そして氷河地形で肥沃な土地が少なく、農業ではなく外に打って出るしかない地域的な風土から、ノルウェーの人々はフィヨルドを拠点に交易や軍事に明け暮れてきたと考えられます。フィンランドはそうした港が多くない代わりに氷河湖と森林に恵まれた地で、森林資源や水を生かした産業、紙・パルプやICT産業が盛んです。また、北部ではトナカイの遊牧を行うラップ人がいます。
 ノルウェーサーモン、冷凍サバ、シシャモなど、ノルウェー産の魚介類は日本でも多く出回っています。何はともあれ「海=ノルウェー」の図式にたどり着ければ、ピッケ君はノルウェー人という答えにたどり着きます。繰り返します。「ムーミンは何人?」という知識はほとんど必要ありません。

 「そんなの知らない」「授業で聞いたことがない」「教科書に載ってないじゃないか」・・・出題者が悪いと悪態をつくのは簡単です。ただ、Twitterで嘆いたところで点数が上がる訳ではありません。厳しい言い方をしますが、責めるべきは出題者ではなく、「わからない=思考終了」してしまった自分自身なのです。
 センター試験は、1点の差で何千人もの順位が変わる厳しい試験ですし、人生かかった大事な試験をたった1日の試験で、しかも4択で決めるのはどうかという考えもあります(間もなく変わりますが)が、ピンチを迎えた時に、「では、どうすれば正解に持っていけるんだろう?」と、しっかり脳みそに汗をかけたか否かにあるのではないかと思うのです。

 実際、言葉のスペルの違いから言語グループを選ぶ問題は、センターの地理では定番ともいえる問題で、決して目新しいものではありません。ヨーロッパの民族の多様性も、現代のヨーロッパを考える上で欠かせないところですから、じっくりやります。そうした基礎的な知識を総動員して、「わからなければ、手持ちのネタでどうにかして考える」のが足りなかったんだなと反省して、気持ちを切り替えて次に望めばいいのです・2次試験で地理を使う人はぐっと減ると思いますが、「うわ、こんな時に限って公式を忘れてしまった」とか、「構文がわからん」という時に、「・・・落ち着け。今、手持ちの知識と時間で何とか答えを出そう。出すプロセスは書いて行こう」と腹をくくるためのいい授業料だったと思うしかないんじゃないでしょうか。プロセスは多少回りくどくても、答えが出れば〇をもらえますし、多少言い回しが稚拙でも、意味が通じれば英作文だって0点にはなりません。

 さて、受験生としては軽いノリのつもりでツイートしたのかもしれませんが、ネットで盛り上がっているから、ただそれだけの理由でいかにも出題者側の手落ちのように面白おかしく書くマスメディアの姿勢にはちょっと首をかしげざるを得ません。たまたま「ムーミン」という、よく知られたキャラクターが出ていること、誰もが知る試験であること、そしてメディアが大好きな「お上の手落ち」風味があるということで、あげつらってますけど、果たしてどれだけの記者さんが自分で問題を解き、あるいは教科書なり地図帳なりを開き、「わかる人」に教えを乞うたのでしょうか?。そういう検証をするには、あまりにも時間が速すぎますし、論調が似通っているのがとても残念です。こういうところにも「高校地理未履修・失われた30年」の余波があるのかなと思いました。地理履修云々以前に、事件や事故の報道で当たり前のように行う「裏を取る」作業をすっぽかしていると思います。

 時事的な話題、あまりブログに書かないようにしていますが、あまりにもとんちんかんな批判が飛び交っている中、黙っているのも何かなと思い、書きました。2022年、ようやく高校地理が必修化になりますが(前倒しにしてもいいんでしょうが)、「地理」というものに対して長年
つけられてしまったイメージ(地名や産物をカルトに覚えるもの)を覆すこと、〇×、知ってる、知らない、分かる、意味わかんない、うまい、まずい、正義と悪、の二元論で思考停止させないための教育をどうにかして変えていくことの多難さを感じました。

続きを読む
posted by いとちり at 14:36| Comment(2) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

「地理の神」への初詣

 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いします。

 さて、初詣に行ってまいりました。
 毎年行っている帰省先の神社、お寺に加えて、今年は(個人的に)地理の神様、偉大なるメンターとして奉っている、守屋荒美雄先生のお墓に行ってまいりました。
 守屋先生は、昨年創業100周年を迎えた帝国書院の創業者であり、独学で「文検」(文部省検定)に合格し、旧制獨協中学校で教鞭を執られた地理教育の父ともいえる方です。昨年のお盆、帝国書院の100周年記念事業の一環で、先生の郷里、倉敷市で講演をさせていただきました(詳しくは"いとちり”2017年8月12日)。

 帰省先から電車で約40分。昨年のお礼も兼ねて、お参りに・・・・と思って行ったのですが、あれ?わからん・・・。お盆の時、ささっと車で連れて行ってもらって、土手沿いの、小高い丘の上の・・・とまで記憶していたのですが、何しろ丘沿いにお墓があちこちに。上がったり下りたりしていると、小雪が舞ってきて、こりゃいかんかと思って来た矢先、自転車に乗ったご老人に遭遇。

:「なにしてんの?」
:「はあ、お墓参りに来たんですけど、お墓が分からなくて」
:「ほう、誰の?」
:「守屋荒美雄さんというんですが・・・帝国書院の創業者で」
翁:「???」
:「いや、あの、守屋という方の一族のお墓で、そこだけポツンとありまして」
翁:「ああ、はいはい、"モリヤ墓”ね。むかし、倉敷のえらい人が、わざわざ倉敷の町を見下ろせるところに建てたっていう・・・。知っとる知っとる。子供の頃、遊んだことあるわ。いいか、こっからだな・・・。」

 と、このご老人のおかげで無事にお墓詣りができました。
 守屋荒美雄が亡くなったのが昭和16年ですから、確かにご老人が子供の頃からあったわけです。ちなみに、お墓がある場所は、倉敷市船穂町ですが、2005年に倉敷市に編入されるまでは、浅口郡船穂町ですので、ご老人が言うように、「倉敷の人のお墓」なわけです。

 今、帝国書院さんの高校向けの定期刊行物に守屋荒美雄の生涯について小稿を書いています(3学期中には出版・配送の予定です)。お墓のことも書いてありますが、そういえば詳しい行き方をガイドしたものがなかったなあと改めて思いました。お墓には、帝国書院さんが設置した案内板と、訪問者ノートが置かれており、誰でもお参りできる形になっています。「聖地巡礼」でもないですが、倉敷方面に行かれる際、ちょっと足を延ばしてお参りしてみてはいかがでしょうか?倉敷駅と新倉敷駅、どちらからも1駅の西阿知駅から2.7qでです。今度は迷わないように要所要所で写真を撮りましたので、参考にしてください。

route.jpg (地理院地図で作図)

@西阿知駅    A西阿知小学校(守屋荒美雄像があります)
2018010316110000.jpg 2018010314370001.jpg   

B船穂橋(高梁川の左岸のあたりに荒美雄の生家があったそうです)
2018010313430001.jpg 2018010313460000.jpg
C船穂の集落(用水路沿いに街道をまっすぐ進みます)
2018010313310000.jpg 
D横堤防(用水路に平行した堤防が直角に折れた場所です)。トンネルをくぐれば「モリヤ墓」へに続く坂に出ます)。
2018010313280002.jpg
今回、お墓そのものの写真は撮っていませんが、2010年2月、初めてお参りに連れて行ってもらった時の写真がこちらです。高梁川越しに、荒美雄の郷里が一望できます。
photo001.jpg

posted by いとちり at 20:46| Comment(0) | いとちりのコンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

必修化に向けた高校地理の改革(立命館地理学29号)

   昨年12月に、立命館大学で行った講演を論文化しました。

 必修地理の実施に向けての障害となっているもの(人)は何か(誰か)?との問いに対し、高校で地理を習ってこなかった若手以上に、「地理とは特別な科目である」と自負してやまないプロパー達なのではないか?という、ややもすると挑発的な内容です。

 高校で地理を履修してこなかった世代に対する過度な力量不足の懸念を示す地理プロパー教員は多くいます。また、GISやアクティブ・ラーニングなど、新たな手法に対する拒否反応を示す地理教員も少なくありません。よく言えば職人的であり、悪く言えば排他的な雰囲気のままでは、必修を機に新たに地理教育を極めてみようという若手の成長の機会を奪いかねません。

 ただ、忘れてはならないのは、大量の「高校地理・未履修」世代を生み出したのは、他ならぬ現場の教員達であるということです。本来は「選択科目」なのですから、すべての生徒に選択の余地を与えるべきですし、世界史and日本史or地理だけでなく、世界史and日本史and地理というような組み合わせが出来るようにするべきだったのですが、各教員の「専門性」という現場の論理で踏みにじられ、30年近くにわたって選択の機会が奪われてきたこと、地理のプロパー教員も少なからずそれに加担してきたことを忘れてはなりません。
 「地理は、理系のセンター科目」なんて意識がまかり通り、地理プロパー(特に進学校の教員)がそれを是として来てしまったオールドプロパー達。彼らが残したツケを、次の世代が払っていかなければならないのです。

 これからの地理教育を背負っていく若手教員は、自身の履修歴に関係なく、OJTで技術を身に着ける必要があります。そしてそうした若者たちをリードするのが40代〜50代のミドル層です(必修で日・地・世・地を学んだ最後の世代であり、次の新必修地理を学ぶ子供達の親の世代=私もその一人)。

 団塊ジュニア世代は、同世代人口は前後に比べて非常に多いのですが、教員採用の数が極度に絞られたため、教育現場においては多数派を成していません。また、若いころは上にオールド・プロパーがたくさんいたおかげで、なかなか専門の科目を十分に担当させてもらえないなどの辛酸を舐めてきました。だからこそオールマイティに何でも担当できるという強みもありますし、「ノン・プロパー」が、一から勉強して知識を蓄えて行くことの大変さとやりがいを肌で感じて来た世代でもあります。「大学受験は地理ではないんです・・・」「専攻は地理学ではないのだけど・・・」と謙遜されつつも、すごい実践をされている先生方は、これからの必修化時代をけん引する「ニュー・プロパー」と言えるでしょう。下手なオールド・プロパーよりも、よほど頼れます。

 教員の採用数が増え、若い教員が増える一方で、定年延長ともいえる再任用制度が定着する中で、超ベテランと若手が組んで授業をする機会が増えています。地理だけでなく、歴史の分野においても、新指導要領の目指す方向についていけない(ついて行こうともしない)教員にどう対応して行くのかは大きな課題です。私自身は、単なる精神論、教育論に頼るのではなく、「誰でも使える、本格的な教材」の開発し、共有していく事が、有効な策である考えています。そのためのデジタル地図であり、タブレット端末であり、グループワークであり、野外活動ではないかと思うのです。

 また、意欲的な教員の個人的な頑張りには限界がありますし、教員間のネットワークも、各県の研究会が機能しているところはよいですが、そうでないところも少なくありません。そんな時、地理学科を置いている大学のOB/OG人脈、若い教員と現役学生のつながりなど、改めて見直されるべきですし、大学側もそうしたネットワークの構築に時間と費用をもっとかけるべきではないかと思いました。

 高校地理の必修化が再開される地理教育の2022年問題を議論する上での端緒になればと思います。
伊藤 智章(2017)「必修化に向けた高校地理の改革−現場の実践と地理学教室への期待」、
立命館地理学29,pp.11−19.

【リンク】
2016年12月3日、立命館大学で行われた講演要旨とスライドはこちら

posted by いとちり at 22:37| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

「名著100冊」フェア:ブックファースト新宿店

 ブックファースト新宿店の恒例イベント、「名著100冊」フェアで取り上げてもらっています。
 著名人100人がお気に入りの本を選んでプッシュするというもの。
 拙著を選んでいただいたのは、『経済は地理から学べ』(ダイヤモンド社)をはじめ、地理の参考書を数多く出されている、代々木ゼミナールの宮路秀作先生です。
 出版社の方がお店で撮ってきてくれた写真を頂いたので載せます。

 「素晴らしい地図というのは・・・」と、書評もいただきました。
 素晴らしいかどうかはともあれ、いい地図は言葉の壁を越えることは確かです。
 これからも、「読ませる」地図、「うなる」地図を描けたらと思います。編集担当さんと二人三脚で次回作も作っています。文字通り、作っています。

 公共図書館はもとより、学校の図書室などにもちらほらと入れて頂いている模様。
 身近なところで見つけたら、ぜひパラパラと地図だけでも眺めて、気に入ったらお買い求めください。
1510749575300.jpg1510749568322.jpg
1510749562650.jpg1510749582851.jpg
posted by いとちり at 23:22| Comment(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

野外活動におけるデジタル地図の利用(国立中央青少年の家・教員免許講習)

  国立中央青少年の家(御殿場市)で、教員免許講習の講師をやってまいりました。

menkyo001.jpg
  











   小・中・高・特別支援学校、民間企業にお勤めの教員免許所有者の方と、様々な立場の方(社会科・地歴公民科以外の方が圧倒的多数)の中で、「地理」ではなく、「地図」の活用をテーマに、講義と実習(iPadを使ったアプリの紹介と操作)を3時間かけて行いました。
 使ったアプリは、カナダの「Avenza maps」と、京都の「Stroly」(Webサービス)の二種類。オフライン型とオンライン型、地形図や空中写真中心と、観光絵地図なども使える等、対照的な2つのアプリを使っていただくことで、たくさんの地図を状況に合わせて使い分ける「DJ」な利用を提案しました。

 「地図帳はデジタルになる」といっても、紙の地図帳が駆逐されるわけではありません。また、すべてのデジタル地図はパソコンやタブレットの画面"だけ”で見るものではありません。必要なものだけを表示する、プリントアウト(大判印刷、立体プリントを含む)してアナログに使うこともまた「デジタルの活用」なのです。アナログにすれば、操作の余計なストレスにさらされず、じっくりと「読図」「地図から読み取れることの言語化」に集中できますから、授業の規模や対象地域などに合わせた教材作りが求められます。また、地図に現在地が表示され、たくさん撮影した写真を瞬時に地図上で整理できれば、野外活動でも応用が可能です。また出していただいたレポートを見ながら、地理の教員では思いつかないような利用例が提案されるものと期待しています。menkyo002.jpg

 これだけたくさん(約40名)の皆さんにiPadを
操作してもらうのも初めてでしたが、色々と教訓になることがありました。例えば、無線LANの接続台数制限の問題や、GPS付きとそうでないものの違い(できることがどこまで限定されるのか)、利用例などです。
 総合学習や野外宿泊研修、修学旅行での利用シーンなどを提案してみましたが、事前学習、現地での利用、事後指導での活用など、これからいろいろな学校に関わりながら、発達段階や地域性を生かした教材作りをしていければと思っています。

 これからの地理教員は、デジタルの「地図の素」(国土地理院の基盤地図や、国土交通省国土政策局の国土数値情報、その他の統計資料やRESASなどのWEBサービス)を使いこなす(少なくともその存在を知っている)ことは必須ですし、簡単なGIS(地理情報システム)を使ってそれらを料理する作法は身に着けておくべきです。ですから、今回の講習で「デジタル地図は、面白いな」と感じられた方は、ぜひ身近な「専門家」に声をかけて欲しいですし、それで「???」な顔をするようならば、しっかり勉強してもらうべきだと思います。

 別の言い方をすれば、その先生がたとえ高校で地理を習っていなくても、大学で地理とは全く別の専攻をへて教師になっているとしても、本人の努力と情報へのアンテナの張り方次第で、食わず嫌いでデジタル地図を遠ざけている年輩の地理プロパーを抜き去るチャンスはあるわけです。特に、「地形図の読図を教えてなんぼだ」(地形図原理主義)「高校地理はセンター対策だ」(センター至上主義)に凝り固まって、「高校で地理を勉強していない人に地理なんか任せられない」→文系で地理を開講しない→次世代の地理プロパーが育たないという悪循環を断つためにも、若い世代には頑張ってほしいと思います。

 ご自身が日本史受験だろうが世界史受験だろうが、大学が経済学部だろうが法学部だろうが史学科だろうが、デジタル地図を使った教材作りに関してはほぼ対等です。職場のニーズに合わせってデジタル地図を使った教材をコンスタントに作って行く環境を整備できればと思っています。今回、高校の地歴・公民の先生は少なかったようですが、他教科、他校種の先生方との交流で刺激になったと思いますし、私自身も大いに刺激になりました。
itochirif7.jpg

 お手伝いを頂いた先生、国立青年の家のスタッフの皆様、そして大雨の中研修に参加していただいた受講生の先生方、どうもありがとうございました。講義でも申し上げましたが、研修に参加された先生方ご自身だけでなく、ぜひ職場の社会科(地歴科)の教員に伝えて頂きたいと思います。



【イントロスライド】

(
posted by いとちり at 20:52| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする