2017年12月07日

必修化に向けた高校地理の改革(立命館地理学29号)

   昨年12月に、立命館大学で行った講演を論文化しました。

 必修地理の実施に向けての障害となっているもの(人)は何か(誰か)?との問いに対し、高校で地理を習ってこなかった若手以上に、「地理とは特別な科目である」と自負してやまないプロパー達なのではないか?という、ややもすると挑発的な内容です。

 高校で地理を履修してこなかった世代に対する過度な力量不足の懸念を示す地理プロパー教員は多くいます。また、GISやアクティブ・ラーニングなど、新たな手法に対する拒否反応を示す地理教員も少なくありません。よく言えば職人的であり、悪く言えば排他的な雰囲気のままでは、必修を機に新たに地理教育を極めてみようという若手の成長の機会を奪いかねません。

 ただ、忘れてはならないのは、大量の「高校地理・未履修」世代を生み出したのは、他ならぬ現場の教員達であるということです。本来は「選択科目」なのですから、すべての生徒に選択の余地を与えるべきですし、世界史and日本史or地理だけでなく、世界史and日本史and地理というような組み合わせが出来るようにするべきだったのですが、各教員の「専門性」という現場の論理で踏みにじられ、30年近くにわたって選択の機会が奪われてきたこと、地理のプロパー教員も少なからずそれに加担してきたことを忘れてはなりません。
 「地理は、理系のセンター科目」なんて意識がまかり通り、地理プロパー(特に進学校の教員)がそれを是として来てしまったオールドプロパー達。彼らが残したツケを、次の世代が払っていかなければならないのです。

 これからの地理教育を背負っていく若手教員は、自身の履修歴に関係なく、OJTで技術を身に着ける必要があります。そしてそうした若者たちをリードするのが40代〜50代のミドル層です(必修で日・地・世・地を学んだ最後の世代であり、次の新必修地理を学ぶ子供達の親の世代=私もその一人)。

 団塊ジュニア世代は、同世代人口は前後に比べて非常に多いのですが、教員採用の数が極度に絞られたため、教育現場においては多数派を成していません。また、若いころは上にオールド・プロパーがたくさんいたおかげで、なかなか専門の科目を十分に担当させてもらえないなどの辛酸を舐めてきました。だからこそオールマイティに何でも担当できるという強みもありますし、「ノン・プロパー」が、一から勉強して知識を蓄えて行くことの大変さとやりがいを肌で感じて来た世代でもあります。「大学受験は地理ではないんです・・・」「専攻は地理学ではないのだけど・・・」と謙遜されつつも、すごい実践をされている先生方は、これからの必修化時代をけん引する「ニュー・プロパー」と言えるでしょう。下手なオールド・プロパーよりも、よほど頼れます。

 教員の採用数が増え、若い教員が増える一方で、定年延長ともいえる再任用制度が定着する中で、超ベテランと若手が組んで授業をする機会が増えています。地理だけでなく、歴史の分野においても、新指導要領の目指す方向についていけない(ついて行こうともしない)教員にどう対応して行くのかは大きな課題です。私自身は、単なる精神論、教育論に頼るのではなく、「誰でも使える、本格的な教材」の開発し、共有していく事が、有効な策である考えています。そのためのデジタル地図であり、タブレット端末であり、グループワークであり、野外活動ではないかと思うのです。

 また、意欲的な教員の個人的な頑張りには限界がありますし、教員間のネットワークも、各県の研究会が機能しているところはよいですが、そうでないところも少なくありません。そんな時、地理学科を置いている大学のOB/OG人脈、若い教員と現役学生のつながりなど、改めて見直されるべきですし、大学側もそうしたネットワークの構築に時間と費用をもっとかけるべきではないかと思いました。

 高校地理の必修化が再開される地理教育の2022年問題を議論する上での端緒になればと思います。
伊藤 智章(2017)「必修化に向けた高校地理の改革−現場の実践と地理学教室への期待」、
立命館地理学29,pp.11−19.

【リンク】
2016年12月3日、立命館大学で行われた講演要旨とスライドはこちら

posted by いとちり at 22:37| Comment(0) | 論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

「名著100冊」フェア:ブックファースト新宿店

 ブックファースト新宿店の恒例イベント、「名著100冊」フェアで取り上げてもらっています。
 著名人100人がお気に入りの本を選んでプッシュするというもの。
 拙著を選んでいただいたのは、『経済は地理から学べ』(ダイヤモンド社)をはじめ、地理の参考書を数多く出されている、代々木ゼミナールの宮路秀作先生です。
 出版社の方がお店で撮ってきてくれた写真を頂いたので載せます。

 「素晴らしい地図というのは・・・」と、書評もいただきました。
 素晴らしいかどうかはともあれ、いい地図は言葉の壁を越えることは確かです。
 これからも、「読ませる」地図、「うなる」地図を描けたらと思います。編集担当さんと二人三脚で次回作も作っています。文字通り、作っています。

 公共図書館はもとより、学校の図書室などにもちらほらと入れて頂いている模様。
 身近なところで見つけたら、ぜひパラパラと地図だけでも眺めて、気に入ったらお買い求めください。
1510749575300.jpg1510749568322.jpg
1510749562650.jpg1510749582851.jpg
posted by いとちり at 23:22| Comment(0) | 地図化すると | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

野外活動におけるデジタル地図の利用(国立中央青少年の家・教員免許講習)

  国立中央青少年の家(御殿場市)で、教員免許講習の講師をやってまいりました。

menkyo001.jpg
  











   小・中・高・特別支援学校、民間企業にお勤めの教員免許所有者の方と、様々な立場の方(社会科・地歴公民科以外の方が圧倒的多数)の中で、「地理」ではなく、「地図」の活用をテーマに、講義と実習(iPadを使ったアプリの紹介と操作)を3時間かけて行いました。
 使ったアプリは、カナダの「Avenza maps」と、京都の「Stroly」(Webサービス)の二種類。オフライン型とオンライン型、地形図や空中写真中心と、観光絵地図なども使える等、対照的な2つのアプリを使っていただくことで、たくさんの地図を状況に合わせて使い分ける「DJ」な利用を提案しました。

 「地図帳はデジタルになる」といっても、紙の地図帳が駆逐されるわけではありません。また、すべてのデジタル地図はパソコンやタブレットの画面"だけ”で見るものではありません。必要なものだけを表示する、プリントアウト(大判印刷、立体プリントを含む)してアナログに使うこともまた「デジタルの活用」なのです。アナログにすれば、操作の余計なストレスにさらされず、じっくりと「読図」「地図から読み取れることの言語化」に集中できますから、授業の規模や対象地域などに合わせた教材作りが求められます。また、地図に現在地が表示され、たくさん撮影した写真を瞬時に地図上で整理できれば、野外活動でも応用が可能です。また出していただいたレポートを見ながら、地理の教員では思いつかないような利用例が提案されるものと期待しています。menkyo002.jpg

 これだけたくさん(約40名)の皆さんにiPadを
操作してもらうのも初めてでしたが、色々と教訓になることがありました。例えば、無線LANの接続台数制限の問題や、GPS付きとそうでないものの違い(できることがどこまで限定されるのか)、利用例などです。
 総合学習や野外宿泊研修、修学旅行での利用シーンなどを提案してみましたが、事前学習、現地での利用、事後指導での活用など、これからいろいろな学校に関わりながら、発達段階や地域性を生かした教材作りをしていければと思っています。

 これからの地理教員は、デジタルの「地図の素」(国土地理院の基盤地図や、国土交通省国土政策局の国土数値情報、その他の統計資料やRESASなどのWEBサービス)を使いこなす(少なくともその存在を知っている)ことは必須ですし、簡単なGIS(地理情報システム)を使ってそれらを料理する作法は身に着けておくべきです。ですから、今回の講習で「デジタル地図は、面白いな」と感じられた方は、ぜひ身近な「専門家」に声をかけて欲しいですし、それで「???」な顔をするようならば、しっかり勉強してもらうべきだと思います。

 別の言い方をすれば、その先生がたとえ高校で地理を習っていなくても、大学で地理とは全く別の専攻をへて教師になっているとしても、本人の努力と情報へのアンテナの張り方次第で、食わず嫌いでデジタル地図を遠ざけている年輩の地理プロパーを抜き去るチャンスはあるわけです。特に、「地形図の読図を教えてなんぼだ」(地形図原理主義)「高校地理はセンター対策だ」(センター至上主義)に凝り固まって、「高校で地理を勉強していない人に地理なんか任せられない」→文系で地理を開講しない→次世代の地理プロパーが育たないという悪循環を断つためにも、若い世代には頑張ってほしいと思います。

 ご自身が日本史受験だろうが世界史受験だろうが、大学が経済学部だろうが法学部だろうが史学科だろうが、デジタル地図を使った教材作りに関してはほぼ対等です。職場のニーズに合わせってデジタル地図を使った教材をコンスタントに作って行く環境を整備できればと思っています。今回、高校の地歴・公民の先生は少なかったようですが、他教科、他校種の先生方との交流で刺激になったと思いますし、私自身も大いに刺激になりました。
itochirif7.jpg

 お手伝いを頂いた先生、国立青年の家のスタッフの皆様、そして大雨の中研修に参加していただいた受講生の先生方、どうもありがとうございました。講義でも申し上げましたが、研修に参加された先生方ご自身だけでなく、ぜひ職場の社会科(地歴科)の教員に伝えて頂きたいと思います。



【イントロスライド】

(
posted by いとちり at 20:52| Comment(0) | 世界地理の教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

G空間EXPO―オンラインレジュメ/スライド

 東京・科学未来館での事例紹介プレゼンです
 タブレットやパソコンなど、直接操作してもらえる道具が揃っているとのことですので、必要な資料・リンクをここにまとめました。現場で触れてもらう用です。

 午前の部は10:00〜(文部科学省:濱野調査官の講演)
 午後の部は13:10〜15:00 私は3番手です。
 飛び入りもOKかと思いますので、G空間EXPOにご来場の方、どうぞ。

【事例紹介1】デジタル地図(画面でそのまま見る地図)とアナログ(大判印刷)を組み合わせた授業(地理A
 「いとちりの防災教育にGISシリーズ」(二宮書店:地理月報・Web地理報告)
 本ブログ内で一括公開しています(2017年3月27日付)。スライドでご覧いただく普賢岳は、フィールド編7です。



【事例紹介2】自在な「デジタル地図帳」システム「Stroly」
お手元のスマホでも見られますが、タブレットやPCで見るほうが
あ面も大きくて快適です。限定公開(著作権の関係で一般公開せず、IDを持っているメンバーで共有。このサイトの利点の一つ)
の地図をご覧いただきます。ID/パスワードは会場で。

burari.jpg

map02.jpg










【事例紹介3】Google Earthを使ったデジタル地図帳

統計データなどをGISソフトで仕込んでGoogle Earthのファイルとして配布。
手元のタブレット等で見てもらうものです。今回は、電源別発電量を取り上げます。

○データファイルはこちら。kmlファイルを開いてください。
all.jpg
○ブログには、GISソフト「MANDARA」用データと、簡単な作成マニュアルが書いてあります。http://itochiriback.seesaa.net/article/243056389.html

【事例紹介4】PDFを使ったパラパラマンガ風の白地図
 1枚の白地図をじっと眺めるのではなく、季節ごとや経年変化などを連続で見るといろいろ気づきが出てきます。紙で配ったり、スクリーンに投影するだけでなく、実際に自分で動かしあり、気になるところを拡大した上で、しっかりと「言語化」するトレーニングを積みたいものです。
日本への輸出量_03.png

○月ごとのアスパラガスの輸入先(国別)



○月ごとの国内産アスパラガスの産地(東京中央卸売市場入荷分)
aspara-national_05.png
aspara-national.pdf

G expo20171013 from Tomoaki Ito






posted by いとちり at 08:08| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

10月13日(金)G空間EXPOに登壇します。

  年に1度の業界の祭典、「G空間EXPO」の教育イベントに登壇します。テーマは「2022年の高校地理(必修)」

    GPSだ、準天頂衛星だ、フリーの地理情報だ、あふれかえっている中で迎える、高校の新必修科目「地理総合」はどうなっているのか・・・正直、あんまり楽観視はしていません。
 例によって例え話が長くなってしまう癖がありますが、今回はDJになぞらえてみました。
 スライドを"サンプリング”してみましたので、どうぞ。

 日時:2017年10月13日(金)10:00〜16:00
    (伊藤の登壇は、1人15分で午後の3番手)
 場所:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
 イベントURL http://www.g-expo.jp/geoedu/compulsory.html

djmap.gif



posted by いとちり at 18:15| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする